夕刊紙やテレビのワイドショーでも取り上げられているので、ご存知の方も多いと思いますが、覚醒剤所持で逮捕されたのりピーこと酒井法子容疑者の「碧いうさぎ」が8/11からiTunes Storeのチャートで1位に急上昇しています。今日も1位をキープしています。

マスターKの”すぐに役立つ”ここだけの話-碧いうさぎ

今回の事件を受けて、発売元のビクターエンタテインメントは9日にオリジナル作品の回収、出荷停止、配信停止としたが、企画アルバムは対象外。

今回iTunes Storeで配信されている「碧いうさぎ」も企画アルバム「Vectory! 1991~1995」の収録曲で、iTunes Storeでは、アルバムでもその中の曲を1曲から購入できるため、シングルCDやオリジナルアルバムを入手できないという事情と200円というお手頃な価格もあってバカ売れしている様です。

ワイドショー等で繰り返し流されていることもありますが、確かに今聞いてもいい曲だし、「碧いうさぎ」が主題歌となっていた酒井容疑者主演の「星の金貨」のシーンが思い出されて、(ダブルで)泣けてくる人もいると思います。

今回の事件を受けてチャートの1位になるのは、すごい皮肉な気もしますが、歌手が罪を犯したときに、楽曲を回収、出荷停止、配信停止にするのは、どうかなぁ~と思います。CMの放送中止は、スポンサー企業のイメージダウンにつながる恐れもあるので仕方ないですが...

ヤフオクやアマゾンでも高値で取引されているようですね。
碧いうさぎ

¥4,880
Amazon.co.jp

ほんと、あんな男に引っかからなければ、こんなことにはならなかったと思うので、非常に残念です。

昔、覚醒剤やめますか?それとも人間やめますか?という覚醒剤追放キャンペーンのCMがありましたが、
本当に見つからなくても人生を台無しにしてしまう薬物、特に覚醒剤には、たとえ好奇心からでも、好きな人の勧めでも絶対に手を出さないようにしてください。



今日のひと言:たとえ最愛の人の勧めでも手を出したら最後!人生が台無しに!

AD