いよいよ衆院選が近づいてきて、民主党への政権交代現実味を帯びてきましたが、本当に民主で大丈夫なのか?

 自民党のドタバタにあきれ、政治の現状に嫌気がさしてきている国民が、今よりはマシになるかも、一度やらしてみたら?という消極的な支持により民主に風が吹いている。

 何か大きなどんでん返しがない限り、おそらく民主党政権が誕生するだろう。下野がほぼ確実になってきたセンスのない自民党だが、YouTubeにアップされている自民党のネットCMが話題になっている。(TVでも放送されたらしいですが...)

 民主の鳩山さんによく似た男性が女性にプロポーズする場面設定で、

「ボクの方がキミを幸せにできる。  ボクに交代してみないか?  バラ色の人生が待っているよ。」
と民主党の政策を訴える男性に対して、

女性が「お金は大丈夫?」と尋ねるが、

「細かいことは結婚してから考えるよ!」と答える男性。

その答えを聞いた女性の 「えぇぇぇ???」という返事に、

「 根拠のない自信に人生を預けられますか?」というナレーション。

 確かにこんなプロポーズだったら、だれしも結婚するのを考え直すと思う、うまい作りになっていて、センスのない自民党にしては、ナイスなCMになっている。



 結婚と選挙は違うが、思わず考えさせられるCMでした。

 最近は、日本の政治家もホームページやブログだけでなく、動画やTwitterを活用する人が出てきたり、楽天が個人献金ができるサイト「LOVE JAPAN」を開設したりと、やっとネットが活用されだしましたが、まだまだ公職選挙法が時代に追いついていないので、様々な制限がありますね。

 もっとネットを活用できるように公職選挙法も早く改正してほしいですね!

今日のひと言:「どちらを選ぶにせよ、雰囲気だけに流されずに、じっくり政策を比べてみよう! そして必ず投票に行こう!」
AD