「livedoorニッポン放送株取得の陰に神田うの?」先ほどのワイドショーで、東スポの記事が紹介されてました。なにせ東スポですから真偽のほどは?ですが(番組中でもこの件は否定されてました)、「神田うの」侮れません。最近は、TVへの露出も少なく(グルメ旅やお買い物番組位?)、芸能人としてよりパンストやブライダル関連のビジネスで成功している実業家(?)的な話題がワイドショーで紹介されることが多いがヒルズ族との交友関係も多彩とか。
 
 livedoorが今回のニッポン放送株買い付けで協力した村上ファンドの村上世彰とホリエモンを結びつけたのも神田うのという噂も。神田うのの父親も村上も通産省(現経済産業省)つながりということもあって、まんざらうそでもなさそうな感じですが。

 番組の中では、女子アナ/タレントとヒルズ族の青年実業家の仲を取り持つところが強調されていましたけど(一般的には、ヒルズ族との合コンや秘密パーティ等この手の話題のほうが受けるからね)、パンスト事業で数億の豪邸を建設中の実業家としての面も注目すべきなのではないかと思います。

今日のひと言:「神田うの、恐るべし! 芸能界も実業界も大切なのは人の縁!」
AD
某週刊誌からのネタですが、NHKが地上波デジタルを推し進めるのは、もちろん自分達が開発したハイビジョンを広めたいということもあるが、本当の狙いは自分達が不祥事を起こしても「受信料の徴収」を完璧に行うためとのこと。

現在、NHKの様々な不祥事に絡んで受信料の支払い拒否や一時保留が激増しているが、デジタル化が進めばそれも難しくなる。現在は受信料を払っていなくてもNHKの番組そのものは見ることができるが、デジタル化されると受信料を払っていない視聴者には、支払いを催促するメッセージを出したり、更には番組を見せないとかできるようになるからだ。

地上波デジタルに関しては、自分で導入していないので何とも言えないがBSデジタルに関しては、チューナ機器を購入した直後B-CASカードは挿した状態でもユーザ登録していない状態だと、NHKの番組を見てると画面上に、NHKに連絡するよう施すメッセージが表示される。ニュースぐらいなら見れなくはないが、ドラマやドキュメンタリー、歌番組等では”うざくて”見ていられない。
こうしてNHKは自分達がいくら不祥事をやらかしても番組見たいなら受信料の支払い拒否は決して許さないという、更なる立場の強さを得ることになる。

今回の海老沢会長の辞任も、数多くの視聴者の支払い拒否がなかったら決して辞めることなく、居座ったに違いないNHKの体質を考えると、これはこれで、憂慮するべき事ではないでしょうか?

今日のひと言:「デジタルに完全移行する2011年までに、NHKの体質を何とかしないと視聴者に勝ち目はない。だから今のうちにみんなで声をあげよ!」  
AD

ブログ復活

テーマ:
 2ヶ月ぶりにブログに復帰します。12月に体調崩してからブログ書くモチベーションが上がらず、ずーっとほったらかしにしてましたが、2ヶ月も更新しない間にも、訪れてくれる人が増えてたり読者になってくださった方がいたりと(Ameba Blogの参加人数自体が増えているって事もあるけど)いうこともあり、また書き始めようと思います。

 内容を充実させるためにいろいろとネタを仕入れていきますのでよろしくお願いします。
AD