谷亮子高橋尚子。二人ともいわずとしれたシドニー五輪の金メダリストであり、国民的人気の高いアスリートである。

 今回、次期参院選出馬要請への対照的な対応に対して、多くの国民の評価も正反対のものとなっている。

 民主党からの出馬要請に対して、「政治の勉強をした人が国民の代表になるべき」と断った高橋尚子と快諾し小沢幹事長とにこやかに出馬会見を開いた谷亮子

 芸能人やスポーツ選手等の有名人の国政選挙への出馬は、いまや珍しいものではなくなったが、今回はネットも含めて大きな話題となっている。

 その声の多くは、Qちゃんこと高橋尚子への絶賛とヤワラちゃんこと谷亮子への批判の嵐である。

 高橋尚子「政治の勉強をした人が国民の代表になるべき」という至極もっともな正論と、「政治は難しい世界ですし、その知識がないと片手間にはできない」、「自分が今できることを全うすべきと考えている」ということで、マラソン解説者やキャスターなどの仕事を通じ、スポーツ発展のために現場に立ち続ける「現場主義」を貫き活動をしていく姿勢が共感を呼んでいる。

 一方の谷亮子については、国政をやりながらも現役続行してロンドン五輪で金を目指すとの発言に対して、「オリンピックをなめている」、「国政をなめている」といった意見を中心に、片手間でやる様な姿勢に対して批判が殺到している。

 また、出馬会見の中での小沢先生、小沢先生とよいしょする様な政治家特有の呼称の連呼や、政治と金や普天間基地問題等、民主党が直面する諸問題への質問に対する内容のない受け答え等、政治家としての資質に対する疑問も多く指摘されている。(下記動画参照。[注]途中、小沢幹事長の定例会見の様子が間に入っています)



 谷亮子のアスリートとしての今までの実績については、私も認めますが、若手の台頭や今月から始まる五輪出場要件の国際大会でのポイント取得等、ロンドン五輪に関して、日本代表に選ばれるのも難しい状況になりつつある現在、国会議員とロンドン五輪の二足のわらじ、プラス二人の子供(ひとりは、まだ0歳)を持つ母親の役割で、成果を出せるのか疑問が残ります。ロンドン五輪代表に選ばれなかった時の保険という意見も中にはあるようですが...

 民主党としては、従来の感覚でいうと知名度があるので集票力は抜群にあるから比例票の上積みが期待でき、他の比例代表に出馬している議員が谷の得票で当選できる可能性が高まるとの思惑もあり、(谷が当選後、五輪出場に本腰を入れるため議員辞職しても、次点の民主党候補が繰り上げ当選できるので)いいことずくめと考えているのでしょうが、今回ばかりはそううまくいくか、今回の騒動をみると疑問が出てきました。

 谷としては、論理的に考えてあまりメリットはないような気がするのですが、自分からヤワラちゃんと呼んでくださいとアピールしていた昔のエピソード(当時も体格と柔道の強さはともかく、漫画のヤワラちゃんのかわいさとは、かけ離れていた顔でよくヤワラちゃんと呼んでくださいと言ったなぁ~とバッシングされていましたね)からすると、深く考えておらず、いつもの自己顕示欲が顔を出しただけかもしれません。

 まあ、政治家というものは、知り合いの議員を見てても分かりますが、真面目に働こうとするといくら時間があっても足りないぐらいだし、手を抜こうとすればいくらでも手を抜ける職業だから国会をよく欠席している小沢幹事長を見て、選手と両立できると勘違いしてしまったのかもしれませんね。

今日のひと言:谷亮子が民主党から参院選出馬。日本はどうなってしまうのか? 政治に命を懸ける国士はいずこ!
AD
 キョンキョンこと小泉今日子が、まさに今、生放送中のTOKYO FM「出光エナジーステーション KOIZUMI IN MOTION 2010」でUstream生中継している。

 放送しているスタジオではなく、Ustream控え室(?)と題して隣の部屋なのか番組と連動していとうせいこう達といろいろ話をしたり、ADが使うカンペの様に番組の補足等をいろいろ書いたりして、おそらく譜面台(?)に乗っけて説明している。事前録音部分以外の生放送部分になると、当然と言えば当然だがキョンキョンがUstreamの画面から消えてしまうのはご愛敬だが。

 難点は、ラジオ(といってもradikoだが)と一緒に聞いているとUstreamの会話が聞こえにくいことか。思わずラジオの本放送よりも、Ustreamの会話の方が気になって、ラジオの音を小さくしてしまったりニコニコして。

 Twitter上でのフォロー(Twitterのフォローとは違いますよ)もおもしろい。一時、ラジオの音声がそのまま漏れ聞こえていたり(ラジオはradikoで明らかな様に放送圏外へは流せない)とかいろいろドタバタもあるようですが。

 キョンキョン自身は、あまりITに詳しくないとかで、Ustreamとかよくわからないって言っていたが、キョンキョンがUstreamってそんな時代になったのですね。

 TOKYO FMってiPhone/iPod touch向けアプリケーション「TOKYO FM iPhone Radio」で常時サイマル放送をやったり、結構チャレンジャーかもしれません。

今日のひと言:小泉今日子(キョンキョン)がUstreamで生放送。時代は流れている。マスメディアもネット活用の時代へ!
AD
「冬の女王」の異名をもつ歌手の広瀬香美さんがTwitterで広瀬さんの周りにいるパワフルな人についてつぶやいていた。

「パワフルな人」の共通点は、

「明るく、元気」、

「笑っちゃうほど前向き!」

「他人を憎まない。足を引っ張らない。妬まない。皮肉らない。意地悪しない。」


だそうです。

確かに、考えてみると「他人を憎んで、足を引っ張って、妬んで、皮肉って、意地悪する」人間は、自分に自信がなく、正面から闘っても相手に勝てないと思うから、姑息な手段に訴えることしかできないのではないでしょうか?

パワフルすぎる人は、まわりから反感を買うことも多々ありますが、周りの人にパワーを分け与えられるのもパワフルな人ですからねぇ~

今日のひと言:卑屈になって人を貶めるより、周りの人にパワーを与えられる「パワフルな人」になろう!
AD
 今日のお昼にNTV系で放送されていたメレンゲの気持ち。すっぴんの紀香ちゃんが出ると言うのでつられて見てみた。

 すっぴんの藤原紀香は、思った以上に幼顔でかわいかったです。いろいろとあったと思いますが、やはり彼女はストイックですね。

 番組の中では、加圧トレーニングに励む様子も紹介されていて、バネスという持ち運び可能な小型トランポリンみたいな上で、無邪気にトレーニングする姿がかわいかったです。ちなみにここから購入出来るようです。

 そういえば以前も、↓のストレッチ用具で運動する無邪気な彼女がいましたね。

ストレッチポールEX (取扱説明書付)

 もちろん人前で演技をしたり、歌ったりする芸能人は、体が資本だし、一部芸人等を除いて男女問わず美しくあり続ける必要性はあると思いますが、みんな陰で努力しているんですねぇ~。

 芸能人に比べたら忙しさも、そうでもないはずなのに、なかなか努力できない自分が恥ずかしいです。芸能人でなくても健康は一番大事だし、自分への投資という意味でも体を鍛えていきたいと思いました。

今日のひと言:体は資本。日々のトレーニングとメンテナンスが大事!

 たまたま見ていた今日のミュージックフェア。倉木麻衣倖田來未とともに出演していた城南海(KIZUKI MINAMI)

 番組で歌っていた「アイツムギ」という歌が、心にすぅ~っと入ってきた。心にしみる歌というのだろうか?

 城南海という歌手について、恥ずかしながらこの番組を見るまで全く知らなかった。ぱっと漢字で名前を書かれても、何て読むのか分からない。どこでまでが名字で、どこからが名前かも(笑)

 番組終了後、早速調べてみると奄美大島出身の19歳で、今年デビューしたばかりという。他の曲も聴いてみたが、心が癒された。

 島唄のストリートパフォーマンスをしていたところをスカウトされただけあって、歌もうまいし、何より澄みきった歌声で、不思議と心にしみ入るようにメッセージが伝わってくる。

 思わずアマゾンでアルバムを買ってしまいました。ついでに着歌もダウンロードで購入。

 ダウンロードした着歌は、もちろんアイツムギ(リンクから試聴できます)

アイツムギ

¥726
Amazon.co.jp

 買ったアルバムは、加那 -イトシキヒトヨ-(期間限定盤)(リンクから試聴できます)

加那 -イトシキヒトヨ-(期間限定盤)

¥2,250
Amazon.co.jp

 毎日精一杯がんばって生きている人にぜひ聴いて欲しいと思う1曲でした。

今日のひと言:愛を紡ぐ、心にしみる歌がある。たまには肩の力を抜いて心に栄養を!
 勝間和代さんや広瀬香美さんの参入で話題になることが増えてきたTwitterですが、先日もテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」で特集されていました。

Twitter特集、前編(消えるかもしれないのでお早めに!)



Twitter特集、後編(消えるかもしれないのでお早めに!)



 アメリカに比べて日本では、まだまだこれからという感じのTwitterですが、携帯iPhoneなどからもつぶやけるので、ますますユーザは増えていくのではないでしょうか?

 ちなみに、この「ワールドビジネスサテライト」の特集放送後には、日本語版を手がけるデジタルガレージの株価が急騰するという波及効果もあったようです。

Twitterの本/関根 元和

¥2,310
Amazon.co.jp

Twitter活用ガイド/藤本 壱

¥1,470
Amazon.co.jp

今日のひと言:ひとりのつぶやきが、世界を繋ぐ? SNSを超えられるかTwitter!
 いよいよ衆議院選挙の投票日明日に迫りましたが、皆さんは誰に投票するか、どこの政党に投票するか、もう決めましたか?

 テレビを見る時間がどんどん減ってきているのもあって、各政党とも動画CM(ネットCM)にも力を注いでいる様です。資金力の少ない政党は、今回はテレビCMは打たずに、ネットCMのみのところもあるようです。

 先日、本当に民主で大丈夫? 結婚プロポーズ編の記事でも自民党のCMを紹介しましたが、投票日前日ということもあり、YouTubeの日本の政治チャンネルに投稿されている各政党のCMを見比べて見ましたので紹介したいと思います。

 まずは、今回の選挙で一番注目されている民主党です。ネットの選挙活動への利用にも一番積極的と言われていますが、意外や意外、あまりアップされていません。





 基本的には、テレビで流れているCMと同じで、政権交代を打ち出したCMです。民主党の他のCMも、同じ感じで制作されており、統一感があります。後半の「うぉ、うぉ、うぉ~」というBGMは、耳に残ります。

 しかしながら全般的にインパクトは弱く、話題にはなりにくい作りです。まぁ、今回は、民主の風が吹いているのであまり関係ないかもしれませんが...

 次に、下野するのがほぼ確定してしまった雰囲気の自民党。麻生首相のまじめなアピールと並んで、民主党をターゲットにしたネガティブキャンペーンCMが面白いです。アメリカの大統領選挙では、よく打たれているネガティブキャンペーンですが、日本でもそういう時代になったのですね。

 まずは、一度紹介していますが、鳩山代表に激似の男性が主役のプロポーズ編



 そして、続編のラーメン編。社民党の福島党首らしき女性も登場します。こちらも、うまく民主党の痛いところを皮肉っています。



 最後に、映画館で映画本編直前に流れる注意事項の様ブレる男たち編。

 これは、影絵の男4人が、菅、鳩山、小沢、岡田の民主党の4首脳に見事に似ていて、笑ってしまいました。(影絵でも顔の特徴を、ここまで表現できるとは)



 全般的に、インパクトは、No.1だと思います。CMとしても完成度が高く、まじめな文字だけのCMも「そうだよなぁ~」と思わせるうまさがあります。

 次に、自民党と連立を組んでいる公明党。今回は、お金のかかるテレビCMは一切打たずに、ネットCMのみという潔さです。有権者のうち、実際に投票する可能性が高い人たちの何割がネットCMを見るかわかりませんが、テレビCMをやめたのは「大きな賭」だと思います。投票率の高い年配の人でネットCMを見る人は、テレビCMを見る人に比べて圧倒的に少ないと思われるので、ネットをよく利用する世代の支持をどれだけ引き寄せられるかですが、どうなんでしょうか?

 まずは、少し話題になった「永田町学院小学校」シリーズです。民主の鳩山代表とよく似た髪型の子供が窓ガラスを割ったのを秘書のせいにする内容。



 自民党のCMと比べると、インパクト的には弱いかなぁ~という感じ。政治と小学校という組み合わせに少し違和感があるのかもしれませんが、小学校時代に当たり前と教わってきたことを、いい大人の政治家が出来ていないということを再認識させる効果はあるかもしれません。

 次に、「庶民の声を聞け!」シリーズ。こちらは、某日用品のCMと同じ制作方法で、アニメと実写を組み合わせたCM。こちらの方が、「永田町学院小学校」シリーズよりは、記憶に残りそう。





 そして、その他の野党はというと、

 共産党は、イメージCMが多い。なぜかイデオロギー的に今まで敵視してきたアメリカのオバマ大統領の政策に関連づける手法のもの(「オバマ政権も」編)もある。





 社民党は、政策等を語っている動画はあるが、ネットCMはなし

 みんなの党は、音声なしのCM。政党紹介で、インパクト的には、弱い。あれぇ~埋め込みのタグがない?ブログに貼れない

 という感じで、各政党のCMを見てきましたが、完成度で言うと資金力があるからかやっぱり自民党が一番で、意外と公明党もがんばっている感じです。その次は共産党かな。

 民主党は、選挙戦が想定以上に長くなって資金が底をついたのか、それともそこまでしなくても今回は勝てると踏んでいるのか、ネットに力を入れていると思われていただけに、CMは、意外にも普通でした。

 いずれにせよ、投票日は明日なので、興味のある人はテレビYouTubeの政党チャンネルから各党の動画CMを見比べて見てはどうでしょうか?

今日のひと言:どの政党を選ぶにせよ、日本の明日のために投票を!



 
 
コンビニのファミマ(ファミリーマート)が8月11日から9月7日まで、「iTunes Card 20%OFF!キャンペーン」を実施しています。

マスターKの”すぐに役立つ”ここだけの話-iTunes card 20%off

レジでTカードを提示すると、1500円のiTunesカードが1200円で、3000円のiTunesカードなら2400円で購入できます。

ご存知の通り、iTunesカードは、AppleiTunes Storeで利用できるプリペイドカードで、自分のアカウントに購入した金額を登録でき(iTunesの右上のコードを使うから簡単に登録できます)、iPodで聞く楽曲の購入や、iPhone/iPod touch用のアプリ代金支払いにも使えます。

iTunesカードは、ヨドバシカメラ等の量販店でもポイントがつかないので、今回のキャンペーンは相当お得です!

通常クレジットカードで決済している人も、この機会に2割引のiTunesカードを入手して、お得に楽曲やアプリを買ってみるのもいいのではないでしょうか?

コンビニは、家や学校、会社の近くの決まった店にしか行かないことも多いので、このキャンペーンのことを知らない人も多いのではないでしょうか? 友達に教えてあげれば、きっと感謝されると思います。

iTunes Card 20%OFF!キャンペーン

今日のひと言:不景気な世の中、せめて好きな音楽くらいはお得に買って楽しみましょう!!
夕刊紙やテレビのワイドショーでも取り上げられているので、ご存知の方も多いと思いますが、覚醒剤所持で逮捕されたのりピーこと酒井法子容疑者の「碧いうさぎ」が8/11からiTunes Storeのチャートで1位に急上昇しています。今日も1位をキープしています。

マスターKの”すぐに役立つ”ここだけの話-碧いうさぎ

今回の事件を受けて、発売元のビクターエンタテインメントは9日にオリジナル作品の回収、出荷停止、配信停止としたが、企画アルバムは対象外。

今回iTunes Storeで配信されている「碧いうさぎ」も企画アルバム「Vectory! 1991~1995」の収録曲で、iTunes Storeでは、アルバムでもその中の曲を1曲から購入できるため、シングルCDやオリジナルアルバムを入手できないという事情と200円というお手頃な価格もあってバカ売れしている様です。

ワイドショー等で繰り返し流されていることもありますが、確かに今聞いてもいい曲だし、「碧いうさぎ」が主題歌となっていた酒井容疑者主演の「星の金貨」のシーンが思い出されて、(ダブルで)泣けてくる人もいると思います。

今回の事件を受けてチャートの1位になるのは、すごい皮肉な気もしますが、歌手が罪を犯したときに、楽曲を回収、出荷停止、配信停止にするのは、どうかなぁ~と思います。CMの放送中止は、スポンサー企業のイメージダウンにつながる恐れもあるので仕方ないですが...

ヤフオクやアマゾンでも高値で取引されているようですね。
碧いうさぎ

¥4,880
Amazon.co.jp

ほんと、あんな男に引っかからなければ、こんなことにはならなかったと思うので、非常に残念です。

昔、覚醒剤やめますか?それとも人間やめますか?という覚醒剤追放キャンペーンのCMがありましたが、
本当に見つからなくても人生を台無しにしてしまう薬物、特に覚醒剤には、たとえ好奇心からでも、好きな人の勧めでも絶対に手を出さないようにしてください。



今日のひと言:たとえ最愛の人の勧めでも手を出したら最後!人生が台無しに!

選挙に行かないせいで4,000万円も損してる!?

マジですか?

早稲田大学教授の森川博士によると、40歳未満の人たちは、選挙に行かないせいで、65歳以上の人達に比べて4,000万円以上損をしているとか。

理由は簡単で、国の予算配分をする国会議員にとって、投票してくれるかどうか分からない若者の面倒を見るよりも、確実に投票してくれる人(高齢者)に、より多くの予算配分をするのは当たり前とのこと。

落選してしまえばただの人になってしまうセンセイ方にとって、当選することが一番大事なのだから当然といえば当然の話だ。

投票日に、家の近所の投票場へわずか数十分の時間を惜しんで投票をしなかった結果が、4,000万円の損とは、ちょっとショック デカすぎ~!!

選挙に行かない若者が増え続けると、ますますこの日本という国は、若者が住みにくい未来の展望がない国になってしまう。

森川博士によると、たとえ白票でも誤った候補者に投票しても、投票しないよりはマシというか、誰に投票するかよりも投票率を上げることが大事との意見だ。

詳細は、本を手にして読んでもらいたいと思うが、本書では、日本の政治の仕組みを分かりやすく解説していて、特別利益団体や官僚と政治家の関係、マニフェストを読むべきか、人物本位で選ぶのは正しいかなど、興味深い意見が書かれています。中には、世間一般に言われていることをバッサリ切り捨てていたり、過激な意見もありますが、面白く、なるほどと思うところも多かったです。

みなさんも、ぜひこの本を読んで、今月末の衆議院選挙は、棄権せずに投票に行ってほしいと思います。

若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!? (ディスカヴァー携書)/森川 友義

¥1,050
Amazon.co.jp

今日のひと言:「4,000万円損しないように、必ず投票に行こう! 行動することが大事だ!」