東大合格へわが子を導く「我が家の教育戦略」

東大生の母親のブログです。
子供が東大に合格して分かったことは、「東大は、特別な子だけが行く学校でない。」ということです。ここでは我が家がたどった教育戦略をお話ししていきます。


テーマ:
●見える学力を伸ばすということ

以前の「大切な2つの学力」の続きです。

今回は、「見える学力」=数値化された学力を伸ばすには、どうしたらいいかを考えてみたいと思います。

私は、教育関係者でないので、断定的なことは言えないのですが、息子や息子の周りの子供達を見ていて思うことがあります。

「見える学力」と「見えない学力」は、別の軸でとらえるべきじゃないかなって。

私は、見える学力は、正しい勉強方法で取り組むと、必ず上がると思っています。生まれつきの頭の良さとは違うのです。

たとえ今、お子さんが伸び悩んでいても、それはお子さんに能力がないのではなくて、アプローチが合っていなかっただけじゃないかと思うのです。

決して、お子さんに能力がないわけでは、ないのです。

息子が高校生の頃に一世を風靡した「ドラゴン桜」という漫画があり、何度も繰り返し読んだのですが、そこでは、たくさんのいいメッセージを私たちに送ってくれています。

絶対に合格をするという高いモチベーションを持って、正しい勉強方法で努力をしていけば、誰でも東大に合格できる。

というものです。

この言葉は、私たちにとってやればできるかもしれないという希望になりました。そして、この言葉のとおりに、正しい勉強方法を模索して、地道に努力をしていったら、本当に東大に合格できたのです。

ですから、息子の東大までの軌跡は、ある意味で、ドラゴン桜の実践版と言えるのだと思います。

正しい勉強法で努力していけば、「学歴もない」、「家柄もない」、「お金もない」、そんな「無い無いづくし」の家庭でも、子供に学力をつけさせ、東大に合格させることができるのです。

私は、勉強法を学ぶことは、勉強するのと同じ位に重要だと思います。これは、もともと勉強のノウハウを持っているご家庭には、当たりまえ過ぎて、意識をしたことがないことかもしれません。

でも、勉強法を考える時に難しいのは、誰にでも同じ勉強方法がベストだとは、限らないということです。ですから、たくさんの情報から本当に子供に合った情報を取捨選択してあげる必要があるのです。

母親が子供の勉強に口を出すことを過保護と思う方もいるでしょう。ただ、塾、家庭教師におまかせのアウトソース型のスタイルだと、大変なコストがかかります。また、どちらも大人が介入すると言う時点で、自立という観点では、同じなのではないかと思います。

男の子は、中学、高校と進むにつれて、だんだん母親との会話が少なくなってきます。そんな中で、勉強法を通じて息子とコミュニケーションをするというのは、私にとって大切な時間でした。

過去記事:子供とのスタンス(1)

集めた情報から、わが子に本当に合ったアプローチをカスタマイズしていく、これをお子さんと一緒に考えることで、よりよい方法論に近づくと思うのです。

だから、私は、お子さんに合った勉強方法を探していただくための情報の1つとして、息子の成長の軌跡をお伝えしているのです。

「近所のあの子は、どうやって東大に入ったんだろう。」、これこそが、子供の幼い頃にずっと知りたかったことだったからです。


お読みいただきましてありがとうございました。ブログ村ランキングに参加しております。何卒、一回ボチッとクリックをお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

東大生レシピ@あすか黎(れい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。