元・東大生の次世代馬券理論研究所

「元・東大生の馬券マネジメント(http://to-dai.jp/)」の運営責任者である高澤友彬のブログ。期待値特化型のデータ解析を駆使し、従来の予想理論とは一線を隔する予想を展開。競馬予想業界に一石を投じることが目標。


テーマ:

今「中山・阪神開催」において大幅プラス収支をもたらした【中山・阪神論】。

 

この【中山・阪神論】といわば「対」となる、

 

「馬券収支を劇的に変える【東京・京都論】」

 

について説明をします。

 

【中山・阪神論】を改めて簡単に振り返りますと

 

中山・阪神の「急坂」によって「消耗戦・持久戦」となる確率が高くなる

→つまり、各馬の実力差が大きく反映され「紛れ」が少ない

 

以上の仮説から、実際に中山・阪神において好成績を残している【少点数勝負レース】の解析パターンに合致したレースの中でもとりわけ勝負度合いが高い解析パターンに合致したレースを狙い撃ちして馬券収支向上を図る理論でした。

 

では「対」となる【東京・京都論】について説明をさせていただきます。

 

東京・京都の特徴は競馬にお詳しい読者様ならお分かりかと思いますが、ズバリ

 

「超スローペースの直線勝負」

 

が多い条件です。特に京都芝と東京芝においては軒並み上がり33秒台のレースが連発していることからもご理解いただけるかと存じます。

 

では、「直線勝負」が生むものとは何なのか?

 

それは「中山・阪神」とは逆の「紛れが生じやすい傾向」です。

 

…つまり、「東京・京都」においては

 

「激走の余地がある穴馬が馬券に絡む確率が高くなる傾向にある」

 

これこそが私が提唱する【東京・京都論】の肝となります。

 

そして、激走の余地がある「穴馬」を見抜くことは弊社「元・東大生の馬券マネジメント」の客観的なデータ解析が最も得意とするところです。だからこそ、「東京・京都開催」が馬券マネジメントの解析ととりわけ相性が良い「ドル箱開催」となるわけです。

 

この「紛れの生じやすさ」につきましても、【中山・阪神論】の説明の際に具体例として挙げました「オルフェーヴルとシンボリクリスエスの例」が最も分かり易いかと思います。

 

 

シンボリクリスエスとオルフェーヴルといえば、日本競馬史に歴史を刻んだ2頭ですが、思い起こしていただきたいのはこの2頭に共通する「有馬記念(中山)」での圧勝劇です。

 

 

☆オルフェーヴルの有馬記念「8馬身差勝ち」

 

☆シンボリクリスエスの有馬記念「9馬身差勝ち」

 

そして、次に注目いただきたいのが、オルフェーヴルやシンボリクリスエスが「東京・京都」といった紛れが生じやすいコースで、大差勝ちを決めているのかという点です。

 

 

【オルフェーヴルに関して】

 

「東京・京都」における最大着差:皐月賞(東京)での0秒5差(=3馬身差/2着馬はマイラーのサダムパテック)

 

【シンボリクリスエスに関して】

 

「東京・京都」における最大着差:青葉賞(東京)での0秒4差(=2+1/2馬身差/2着馬は後に重賞1勝止まりのバンブーユベントス)

 

 

このように、歴史に残る名馬2頭は「中山」で行なわれた「有馬記念」において「圧勝」しているものの、「東京・京都」では勝ち星こそは挙げているものの、一切圧勝はしておりません。

 

そして、この「紛れ」はオルフェーヴルとシンボリクリスエスが敗れたレースでも色濃く表れており、

 

■オルフェーヴル

 

天皇賞(春)【京都】で11着惨敗

京王杯2歳S【東京】で10着惨敗

※2度の惨敗が「東京・京都」に固まっている

 

ジャパンC【東京】でジェンティルドンナに競り負け

きさらぎ賞【京都】ではトーセンラー、そしてその後掲示板に載ることすらもなかったリキサンマックスにすら及ばず3着

 

■シンボリクリスエス

 

中山2500mの有馬記念で9馬身差圧勝しているにも関わらず、東京2400mのGIではいずれも勝ちきれなかった

 

オルフェーヴルに関しては気性の荒さもありましたが、それでも不可解な負けが「東京・京都」に固まっていることは事実。この2頭の戦績が「東京・京都」で生じる「紛れ」を色濃く表しています。

 

 

この「紛れ」…つまり「激走の余地がある穴馬の激走」につきましては弊社のデータ解析においても顕著に表れており、

 

 

AP☆(6位)/VP◎馬の単回収率128.3%

 

AP無印(7位以下)/VP◎馬の単回収率118.8%

 

AP☆/VP○馬の単回収率116.7%

 

AP無印/VP○馬の単回収率123.4%

 

AP無印/VP▲馬の単回収率148.8%

 

※参考:VP◎馬全体の単回収率平均は109.3%

 

 

このように、APが低めかつVPで高く評価された「激走の余地がある穴馬」が「東京・京都」で生じる「紛れ」に乗じて、明らかに好走する傾向が弊社の数的データからも浮き彫りとなっております。

 

以上から「中山・阪神」においては、【中山・阪神論】に基づいて、【少点数勝負レース】の解析結果を満たすレースから特に期待値が高い解析パターンのレースを少点数買いで狙い撃つという「攻略法」を駆使して、実際に好結果をお届けしましたが、「東京・京都」においては、この記事で説明をしました

 

 

【東京・京都論】

 

に基づいて、「激走の余地がある穴馬が出現した」レースの中で、さらに私の得意条件である「ダート戦」「短距離戦」などとりわけ勝負度合いが高い解析パターンに合致したレースを狙い撃ち、馬券収支向上を画策します!

 

来年1月の「中山・京都開催」におきましては、【中山・阪神論】に基づく「中山」でのレース提供、【東京・京都論】に基づく「京都」でのレース提供という「2本の刃」を駆使した上で【高澤推奨レース】【裏高澤推奨レース】提供を行ないますので、是非、ご期待ください!

 

※参考:【中山・阪神論】に関する説明はこちら↓

「中山・阪神」における馬券収支を劇的に変える【中山・阪神論】とは?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

高澤 友彬さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります