元・東大生の次世代馬券理論研究所

「元・東大生の馬券マネジメント(http://to-dai.jp/)」の運営責任者である高澤友彬のブログ。期待値特化型のデータ解析を駆使し、従来の予想理論とは一線を隔する予想を展開。競馬予想業界に一石を投じることが目標。


テーマ:

馬券マネジメントの「稼ぎどころ」としてお伝えしていた、先週有馬記念週。満足のいく結果を残すことができました。

 

的中結果につきましては弊社馬券マネジメントのサイトに掲載しておりますので、この記事では私が個人的に「買い足したレース」の「明と暗」について書きたいと思います。

 

 

【暗】その1:24日(土)阪神09R「ジングルベル賞」

 

 

【高澤推奨レース】提供をおこなった「ジングルベル賞」ですが、このレースは解析数値と直前のオッズを考慮して、推奨買い目ワイド04-10に加えて4番,10番絡みの馬券を2万円ほど買い足しました。

 

1000m通過62秒0の超スローペースを4番、10番が引っ張っているのを見た時にはワイド、馬連、三連複総獲りの夢をみましたが…。さすがにあれほど逃げ馬が止まる馬場になったのは想定外でした。

 

 

【暗】その2:25日(日)中山08R「フェアウェルS」

 

 

 

このレースも【高澤推奨レース】提供を行ない、単勝12.5倍ながら「鉄板軸馬激アツパターン」に合致していた2番からの馬連流しで17万2500円を獲得しました。

 

ニットウスバルについては単勝12.5倍とあまりにも美味しいオッズだったため、直前で単勝を買い足し。レースをご覧になった方ならお分かりかと思いますが、あと直線が30m長ければ、まず着順は変わっていました。馬群を捌けず、まともに追えたのはわずか200m…。普通なら間違いなく獲れた単勝だっただけに、17万円超を獲得したのに悶絶の1戦となりました。

 

 

【明】 23日(金)中山12R「ノエル賞」

 

 

 

 

【イチ押しレース】に選定し、馬連万馬券的中をお届けしたレースですが、私は通常の買い目に加え、とくにAP△/VP○と高評価ながら何故か単勝50倍もついていたシャインアロー絡みの馬券を厚めに買い足し、この采配がズバリ的中!

 

三連複 654.7倍×300円購入→19万6410円

馬単 325.0倍×1000円購入→32万5000円

ワイド 35.3倍×3000円購入→10万5900円

 

 

10万円超のトリプル的中で一撃「62万7310円」の払戻金上乗せに成功しました。気持ちよかったですね。そもそも、前走強い競馬で2着だったシャインアローが何故単勝50倍もついていたんでしょう?こんなについていいの!?というのが正直な私の感想です。

 

 

以上、私の個人馬券における先週の「明と暗」でした。

 

明と暗を繰り返して黒字に収束させるのが、馬券マネジメントの投資競馬の真骨頂。先週の私の「買い足し」における明と暗は投資競馬を体現する結果となったかと思います。

 

 

私が運営している「元・東大生の馬券マネジメント」サイトはこちらから↓

 

元・東大生の馬券マネジメント

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

高澤 友彬さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります