ふるさと支援隊(秩父・大滝)のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

このたび、ふるさと支援隊(帝京大学・秩父市大滝)ブログを開設しました。


ふるさと支援隊とは、埼玉県農林部農業ビジネス支援課による事業で、大学生が「支援隊」となり、さまざまな活動を通して農山村を元気にしようとするというものです。


昨年、この事業にわれわれ帝京大学も応募し、採択されました。今年度も継続して秩父市・大滝にて活動を行っています。


具体的な活動は何かというと、大滝地区内の栃本という集落において、急傾斜に広がる耕作放棄地をもとの畑に戻したうえで、菜の花を植栽し、一面を菜の花畑にしようとするものです(通称、菜の花プロジェクト)。その取り組みを通して、地域の方々と交流したり、地域の諸問題と解決の方策を探ろう、やがては地域を元気にできればと思っています。



ふるさと支援隊(秩父・大滝)のブログ

帝京大学経済学部地域経済学科は、「地域」が学科名についています。すなわち、大学内の講義では専門知識や理論を学びますが、そのうえで、地域を訪れ、さまざまな活動・フィールドワークを行うことで、理解を深めていこうとするところに特徴があるのです。そのような意味でも、今回のふるさと支援隊は、大変ありがたい事業です。


という訳で、詳しい説明はほかの機会に話すこととして、まずは先日の活動を報告します。


今回は、6月18日(月)・19日(火)の2日間の日程で秩父市に行ってきました。


今年度最初の本格的な活動ということで、学生は21名が参加しました。


18日は10時30分に栃本集落に到着し、畑に出て、作業に取り掛かりました。


今回は、5月に咲いた菜の花の刈り取りと、雑草の除去が主な作業です。


ふるさと支援隊(秩父・大滝)のブログ

足袋をはき、鍬を持っての農作業はほとんどの学生が初めての経験ということで、しかも、スキー場の斜面のような急傾斜ですから、耕すのは大変だったと思いますが、荒れ地が徐々に畑らしくなるにつれて、達成感も得られたようです。


ふるさと支援隊(秩父・大滝)のブログ

19日は朝からどんよりした曇り空のもと、朝から昨日と同じ作業をしました。昼前に雨足が強くなり、作業を終了し、帰路となりました。


ふるさと支援隊(秩父・大滝)のブログ

2日間の作業に当たっては、秩父市大滝総合支所の方々、地元の栃本集落の区長、農業委員、その他農家・住民の方々に指導してもらいながら、行いました。本当にありがたいです。感謝です。


ふるさと支援隊(秩父・大滝)のブログ


ふるさと支援隊(秩父・大滝)のブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。