ナルト疾風伝「苦渋の決断」

テーマ:
朝一で、録画見ましたw
コミックでは泣かなかったところなのに、
テレビで思いっきり泣いてしまったぁ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

今回のサイも素敵でした☆


ツナデが眠るテント内の話だけにします。
長くなるから(^^ゞ


相変わらず、サスケ1番に考えてるサクラ・・
そこへ、サイ登場♡

人の感情を知らず、任務遂行だけのために、根で育てられたロボットのようなサイ。
そんなサイは、カカシ班に配属され、信じあうこと・喜び合うこと・・・
悲しみ・怒り・・・人の感情を知ります。

誰よりもクリアで真っ直ぐなサイだからこそ、
今回のサイのサクラへの説得には
グッとこみ上げるものがありました。

サイ「・・・僕はカカシ班に配属されたばかりで、まだよくわからない・・・
   人の感情も・・・。
   でも、ナルトがサクラを好きなことは僕でもわかる。(怒!
   ・・・ナルトは一生、君との約束を背負う気だ。
   ・・・それは、僕が根でされているような呪印と同じ。
   サスケだけじゃなく、君もナルトを苦しめてる。・・・
   みんなナルトに頼りすぎ。ナルトを見てると悲しいし、
   サスケを思うとお腹の辺りが熱くなってくる。それが、
   怒りなんだってわかった・・・ナルトのため、、木の葉のためにも、
   僕ら自身がなんとかしかきゃダメだ!・・・。」

サクラ、、、、自分のために必死に笑顔を作り、
約束(サクラの大好きなサスケを連れ帰ること)を
誓うナルトを思い出しながら号泣。
・・・気持ちはわからないでもないけど、
ガーコからひとこと・・・
「サクラ!もっと泣きやがれ~!!ヽ(`Д´)ノ」


この時の回想シーンと、サイの言葉が重なり合って、
感動の嵐になるのです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


サイ、ナルト大好きなんだなぁ。
そして、本人気付いてないけど、立派な木の葉の忍になってる!

考えてみれば、ホント、ナルトえらいよ!優しすぎ!
切ないです。
大好きな女の子サクラは、大好きな仲間サスケにラブ♡
だから、まあ、サスケを助けるのはナルトにとって、一石二鳥になるんだけど・・・。
助けられないから、よけい辛いんだ。


シカマル登場。
サスケ暗殺をサクラに説く。
サクラ無言で覚悟決めてる様子。
ネタバレになってしまうけど、このとき、すでに、サクラは自分の手で
サスケを殺ろうって決意してるんですね。



エンディング、Aqua Timez「真夜中のオーケストラ」
に流れる映像と歌詞に、毎回涙してしまいます。

クレナイ・ツナデ・ヒナタ・サクラの悲しむ映像流れ・・・

大切な大好きな人が離れる、いなくなって、
強がっているけど、ホントは寂しくて仕方ない・・・
あの人がいなくなって初めて気づいた・・・
幸せは、大きさや形じゃなく、分け合える人がいるかいないかだけ。
空や地は動かない・・・自分で前に進む強さが必要・・・
・・・でも、ホントは1人が辛い。

と、そんな感じにとって・・・号泣。
AD

コメント(1)