とあるワナビーのライトノベル作家になるための追憶

ライトノベル作家・小説家・脚本家・ゲームシナリオライターになるために、ワナビーが日々精進するサイト。ライトノベルの感想。おすすめのライトノベルの紹介。


テーマ:

 

最高評価S~最低評価F

【文章力】B
【構成力】B

【キャラクター】C

【設定】C

【総合】C

 

【あらすじ】

 

上条歩。中学一年。三度の飯より将棋好き。ひそかに憧れる人は将棋クラブの主将、大橋桂香先輩。そんな歩のもとに突如美少女たちが現れる。「私たちは、将棋の駒だ」そう言い放つ彼女たちは駒の化身だという。人知を超えた将棋の強さをそなえる彼女たちの指導のもと、歩は棋力をめきめき上げていく。折しも団体戦の大会が間近に控えており、歩は桂香先輩とともにライバルを打倒し、頂点を目指すべく奮闘する。

 

【感想】

 

主人公の元に駒の化身なる美少女たちが現れる。その美少女たちは将棋の神様で、最善の一手を知っている。彼女たちはいわゆる幽霊みたいな存在で、現実世界に現れることもできるが、大抵主人公の頭の中に存在していて脳内で会話している。

ここまで読んで連想されるのが、漫画『ヒカルの碁』。この小説は『ヒカルの碁』の将棋盤。そして『ヒカルの碁』と比べてしまえば何もかもが稚拙。まず登場人物の魅力が乏しい。主人公の将棋に対する熱や、好きな人に対する感情など、どれも薄い。一方で主人公のライバルとなる人たちも深みがなく、記号的な人たちばかり。

ストーリー展開も想定通りのもの。たまに駒の化身である美少女たちに手伝ってもらい、とんでもなく強い人に勝ったり、訓練されてくうちに主人公自身の能力もすごいスピードで上がっていったり。

なにも目新しさがないし、ただただ文字を追うだけで楽しめなかった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

とあるワナビーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。