とあるワナビーのライトノベル作家になるための追憶

ライトノベル作家・小説家・脚本家・ゲームシナリオライターになるために、ワナビーが日々精進するサイト。ライトノベルの感想。おすすめのライトノベルの紹介。


テーマ:

 

最高評価S~最低評価F

【文章力】B
【構成力】A

【キャラクター】A

【設定】B

【総合】A

 

【あらすじ】

 

田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は…筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。日本推理作家協会賞受賞。

 

【感想】

 

面白い小説は一度読み始めると最後まで読むのをやめられなくなる。そして読み終わった瞬間にその作者を調べ、別の作品を探し始める。この小説がまさにそうだった。

ミステリー小説と言われると謎が残るが、この小説には最初から最後まで続きを読ませる力がある。最初に田中幸乃の死刑が言い渡され、それに伴ってメディアが彼女の生い立ちや非情さを騒ぎ立てる。

なので最初に読者に与えられる田中幸乃の情報は最悪だ。こんなひどい環境で育つ人生を送ってきたのだから、こんな惨い犯罪を犯すことができるんだと考えさせられる。

しかしその後、子供時代から色々な人の目線で田中幸乃が描かれると徐々に彼女に対する印象が変わっていく。そして終わりに近づく頃には彼女の救いを求め始める。彼女を自然と応援したくなるのだ。

この感情変化が面白かった。

残念だったのは終盤少し粗が見えてきたことだが、それでも最初から最後まで引き込まれた小説だった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

とあるワナビーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。