NBI(狹帯域光観察)検査

テーマ:
こんばんは。
今日は4月の下旬頃に受けた大腸内視鏡検査の時に
(結果は組織検査もなく異常なし)だったのですが
内視鏡で新しい観察技術のNBI検査も行ったので
簡単に紹介します。

オリンパスによって開発された内視鏡で用いられる
特殊光で病変をより明確にする新しい観察技術のこと。

ガンの増殖には血管からの栄養補給を必要とするため病変の近くの粘膜には多くの血管が集まりやすくなると考えられていて、そこで粘膜内の血管などを
より鮮明に観察しやすくするために血液中のへモグロビンが吸収しやすい特殊な光を照らし画面に表示させるのがNBI検査です。通常光による観察では見えにくかったガンなどの早期病変の観察において有用性が世界中の医療現場で期待されているそうです。
NBI検査は咽頭・喉頭・食道・胃・大腸の内視鏡検査で受けることができるそうです。
もし内視鏡検査を予定されている方がいらっしゃいましたら担当医師にNBI検査を行っているか確認されることを、おすすめします。
必要と判断された患者さんが受ける検査ですが
新しい観察技術検査を受けて自分の命を守りましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











AD