2005-02-08 10:34:02

シーチキンのちらし寿司

テーマ:レシピ
トラックバックステーションからヒントを得た記事です。寿司ネタから少々ずれていますが、我が家の定番ちらし寿司を紹介したいと思います。


手順は・・
1)シーチキンをみりん・しょうゆで甘辛く味付けをし、そぼろを作る
2)すしめしに混ぜ込む
3)錦糸玉子・しその千切り・のりを散らしていただく

4人分でシーチキン缶(大)ぐらい使います。
シーチキンは”マイルド”より”L”の方が美味しいと思います。


※しそは半分ぐらいを先にご飯に混ぜ込んでも可ですが、時間がたつと色が変わるので注意です。
※とっても簡単なお料理ですが、急な来客の時などに重宝します。ご飯茶碗などに入れてひっくり返して(お子様ランチみたいに)上に飾り付けをすると良く見えます!
※塗りの一人用お膳などに盛り付けるととっても手の込んでいるように見えます。(ここポイント!)


今回は、生麩入り白味噌仕立てのお汁も一緒に作りました。
生麩は麩嘉さん、白味噌は山利のものをつかいました。おいしかった・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-06 11:17:55

かぶら蒸し

テーマ:レシピ
なんだか、しばらくPCにご無沙汰してるうちに二月に入り、ランキング集計が復活しましたね。
私もまた頑張って投稿しなくては・・


昨夜はかぶら蒸しを作ったのですが、案の定写真を撮るのを忘れてしまいました。なかなかの出来だったのですが残念です。


すりおろしたかぶらの中に、
だし+みりん+薄口しょうゆで下味をつけた木耳と人参(千切り)、
海老(本来はさわら)、
ゆりね(下茹で済)
を入れて蒸しました。
本来ならば、一人分ずつ小鉢に入れて蒸すのですが、ウチの蒸し器のサイズが小さく、いくつも入らないので、大きな鉢に入れて蒸しました。
小鉢に入れて蒸す場合は、蒸す時間が7-8分ぐらいですが、大鉢に入れたので15分ぐらいかかりました。

出来上がりに、とろみをつけたお出汁を上にかけてわさびを添えていただきます。

ちょっと手の込んだ感じの一品で、いい感じです。



今回はこちらのレシピを参考につくりました。
ベターホームの本って全然洒落た料理は載ってないけど確実に作れます。オススメです。


著者: ベターホーム協会
タイトル: ベターホームのかあさんの味
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-01-02 11:49:42

そろそろお正月料理にもあきてきたころなのでは?

テーマ:レシピ
そろそろ違ったものが食べたくなってきました。そんなときにピッタリの美味しいお鍋をご紹介します。お正月には必ずどのお家でもあるお餅も使います。

「鶏団子と大根のお鍋」

<材料>
鶏ミンチ(適宜)
大根1本ぐらい(約四人分)
お餅(人数分を揚げておく)
白ネギ(適宜)
柚子皮(適宜)
一番だし(土鍋サイズにもよりますが、土鍋容量×1.5倍ぐらい)

<作り方>
短冊切りの大根を、だしの中で予め煮ておく。
鶏ミンチの中にみじん切りをしたネギ、片栗粉、酒などで団子を作る。
だしの味付けは塩+薄口しょうゆでお好みでする。
大根が食べられる状態になってきたら、鶏団子を入れて、食べる際に柚子皮を入れる。
お鍋の最後に、お汁を煮詰め、揚げたお餅を入れて、大根おろしをいれてみぞれ鍋にしていただく。


このお鍋のメインは最後のお餅です。
柚子皮を入れていただく、大根や鶏団子もなかなかなものですが・・
ちなみに我が家は家族三人で大根を一本ぐらい使います。
お野菜が沢山いただけるし、材料費も安くつきます。
一度お試しください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-29 09:55:16

お正月何食べよ~

テーマ:レシピ
私はお掃除が嫌いなので頭の片隅に押しやりつつ、お正月に何を食べるかばかり考えています。
いわゆる、トラディショナルなおせち料理は、親戚中で食べ歩いているうちに飽き飽きしてくるので、おせち料理プラスアルファで食卓の上が賑やかになるものを考えてみました。
でも、お正月のメニューを考えるのは大変だと気づきました。というのは、80オーバーの祖父母から幼稚園のチビッコまでが食べられるものを用意するというのは至難の業のようです。

なので、先ずは皆が食べれる最大公約数的なものとして
豚の角煮
お酒のあてには
カラスミ(薄くスライスしたものを軽くあぶり、短冊切りにした生の大根を添えてだしています。)
などを考えています。

加えて今年は、エスニック風に
「レンコンと鶏肉のコチュジャン焼き」
をしようと思っています。
ピリカラなので子供には向きませんが・・

4人分の材料

鶏手羽先 8本
レンコン 1節
サツマイモ 1本
塩/胡椒 少々
コチュジャンだれ
 しょうゆ 大匙2
 酒・ゴマ油・ゴマ 各小匙2
 粉トウガラシ 小匙1/2
 おろしニンニク 1かけ
 ショウガ汁 少々
 塩/胡椒 少々
 コチュジャン 大匙1
 はちみつ 大匙3~4

1.レンコン・サツマイモは1.5cmの輪切りにする
2.500Wの電子レンジで、サツマイモは約5分、レンコンは約3分加熱する。
3.手羽先に塩胡椒をして、コチュジャンだれの2/3をかけてもみこむ。
4.180度のオーブンで③を15分焼く。一度取り出し、裏返したら②も並べて残りのコチュジャンだれをかけて更に10分焼く。

※使うコチュジャンによってトウガラシなどの量を加減してください。
お正月なのでニンニクはちょっと・・というときは入れなくても大丈夫です。
サンケイリビングのレシピを拝借しました。


今まででは、牛肉のタタキ、チキンの詰め物などが評判良かったです。
大皿でボンと出せて見栄えのするものがいいですね~




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-15 23:05:55

手間なく美味しくというのはどこまで可能なんでしょうか

テーマ:レシピ
最近、日が暮れるのが早いですね。1630頃になったら物悲しくなってきたり・・な~んてセンチメンタルな気持ちも少しありますが、とにかく早く家に帰りたい気持ちになります。家に帰って、テーブルの上にランチョンマットとお皿やナイフフォークがセットされているのを見たら嬉しくなりませんか?加えて湯気の上がったお料理なんかを見ると何よりのご馳走に思えます。

前菜・主菜・副菜と加えてデザートまで用意できれば完璧ですが中々そんな風には出来たことがありません。味が重ならないようにするのにも気を使います。私自身、色んなものを少しずつ食べたいぜいたくな性質なので、何にしようか考えるのは楽しいのですがいざとなったら工程の多さに辟易してみたり。

そんな私が二重丸でオススメの簡単で美味しい二品を紹介したいとおもいます。
マリネはクラッカーやフランスパンなどを添えて前菜に。オーブン焼きは副菜になると思います。
前菜・副菜でトマト味のものを使うと、メインとかぶりそうになったりするのでそのときはこのメニューを思い出してみてください。


<マッシュルームのマリネ>
薄くスライスしたマッシュルームに、にんにくのみじん切り、パセリのみじん切り、レモン汁をかけてマリネしておく。
30分以上漬け込んで食卓へ

<じゃがいもとネギのオーブン焼き>
オーブン皿に薄くスライスしたじゃがいもを並べ、
その上にゆでて半分に切ったネギ、
溶き卵、パン粉、バターを乗せて180度で20分ぐらい焼く。

※どちらも素朴で簡単でオススメです。
じゃがいもとネギのオーブン焼きの方は、ネギを下仁田ネギにすると予め茹でる必要が無いのでは?という意見もアリ。だれか試してみてください。もともとこの料理はポロねぎ(仏語で「ポワロー」英語で「リーキ」)を使うものと思われます。



洋食で夕飯なんかを作ると普段使わないような食材なんかが要ったりして割にお金がかかったりします。
ウチも最初は一通りそろえるまでは出費しました。料理用の白ワインなんかも安売りの470円とかで揃えて、それが思いのほかいけたりしたらそのまま食卓に並んだり・・なんてこともあります。
でも、一番高くかかるのはやはりハーブ類なんじゃないでしょうか。ローズマリー、セージ、ディル、バジリコ等等。
途中から家庭菜園を始めました。やはり採りたての香りの良さにはかないませんでした。



今回はこちらの本からの紹介です



著者: NoData
タイトル: イタリアンのシンプルレシピ―簡単で毎日おいしい、マンマの料理がお手本です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-13 14:46:10

ラ・ベットラの評判はさておき

テーマ:レシピ
私の持っているイタリア料理本の中でとりあえず美味しいのがコレ。今日はここから作った中で美味しかったものを紹介していきたいと思います。


著者: 落合 務
タイトル: イタリア食堂「ラ・ベットラ」のシークレットレシピ

実は、いまだにリアル店舗にいったことが無く、予約が取りにくいだとか黒板に名前を朝早くに書きに行かなくてはいけないだとか色んな噂を数年前に聞いてから怖気づいているのですが(だから最初に本を買った)最近はどうなんでしょうかね?誰かご存知でしょうか。。。とかいいながら久しぶりに東京レストランガイドをチェックしたら相変わらずの毀誉褒貶ぶり。やはりコレは自分の目で確かめるしかなさそうです。


<まぐろとアボガドのサラダ>

材料:マグロ、アボガド、アンチョビ、ケーパー、玉ねぎのみじん切り、ワインビネガー、バルサミコ酢、オリーブオイル

1.サイコロ状に切ったマグロに塩胡椒で下味をつける。
2.刻んだアンチョビとケーパー、玉ねぎのみじん切りにワインビネガーとバルサミコを加えよく混ぜる。
3.アボガドもサイコロ状に切り、マグロとともに2に加える。
4.仕上げに塩胡椒・オリーブオイルで味を整える。あさつきを散らす。

※オリジナルレシピではチコリの葉に巻いて食べるようですが近所のスーパーにはチコリが売ってなかったのでレタスで代用しました。
決め手はやはり、アンチョビとケーパーかなと考えています。お醤油をたらしてもいけそうです。



それと、本文の内容とは関係ないけれど、やはり人のレシピを紹介するのは良くないでしょうか?丸写ししている訳じゃないし、一応典拠も書いているし、アマゾンを通してもし本が売れたら、著者も喜ぶ、アマゾンも喜ぶ、私も喜ぶってことでオーケーかなと勝手に考えているのですが・・その辺のところを詳しい方、ご教授願いたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2004-12-12 00:20:30

記念すべき最初のお料理ですが・・

テーマ:レシピ
もうすぐクリスマスも近いということで鶏の骨付きモモを使ったメニューなど・・

鶏モモ肉をキャベツと一緒に煮込んだ料理です。
手間が簡単な割にとても美味しいです。
加えてお野菜が沢山取れるのもとてもGOOD!
ちょっとしたお客様にもお出しできると思いますよん。
ちょっと写真が無いのでイメージし辛いとは思いますが次回からなるべく写真をアップしようと思っていますのでご勘弁を。


<チキンのグリルキャベツ煮込み>

2人分の材料:鶏骨付きモモ肉2本、キャベツ2/1個、固形スープの素1個

1.キャベツは芯をつけたままざく切りにする。
2.鶏肉に塩・胡椒をすりこむ。
3.グリルで両面こんがりと焼く
4.煮込み鍋でキャベツをオリーブオイルでしんなりするまで炒める。
5.キャベツがしんなりしたら固形スープのもとをお湯で溶き、沸騰させる。
6.焼けた鶏肉をキャベツの上にのせ、キャベツで覆い蓋をして30分ほど煮込む。

※キャベツの芯まで柔らかく煮えてとても美味しい!
お湯のほかに白ワインを加えても更に風味が増す。
私は、水気が無くなったら、お湯とワインを適当に加えて煮込みました。
オリジナルレシピでは、鶏肉をグリルするときにセージの葉をのせます。無くても構いませんが、あった方が鶏の臭みが消えると思います。私はハーブ過多が好きなので適当にのっけて裏面にはドライのものをかけました。
ちなみに鶏モモ肉の代わりに手羽中を使うと安上がりです。
今回は、つき合わせに、オリーブオイルでソテーした、ほうれん草ときのこを添えました。


出典:NHKきょうの料理特選スパゲティパスタ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。