先日、将棋ソフト「ボンクラーズ」(米長将棋連盟会長を負かしたやつ)の開発者、伊藤英紀氏のインタビューを見ていました。彼の口ぶりからすると、極めて近い将来ソフトが「名人」(単なる人間のプロということではなく、トップ中のトッププロ)を負かす日がやってくるようです。(10年先とかの遠い将来ではありません、2~3年とかせいぜい5年先くらいのほんのすぐ先の話です。)恐らくコンピュータソフトを良く知るプロ棋士も、「その日」が恐ろしく間近に迫っていることを感じているのではないでしょうか。
 伊藤氏の関心は、最早、プロ(名人)に勝つとか負けるとかなどということより、コンピュータが人間には思い浮かばないような「神の手」とも言うべき手を見出すことができるかどうか、という点に向けられているようです。果たしてコンピュータは、勝負においてだけでなく、創造性においても人間を上回る手が指せるようになるのでしょうか?
 人間に勝つだけのことならさほど難しいことではないのかもしれません。今のコンピュータ将棋のソフトは、プロ棋士の棋譜を学習し、「プロのような手」を選択するようにプログラミングされています。今のソフトは、プロが見せるような見事な手筋を連発します。ここから更に強くなるとすると、どのような方向に進化するのでしょう。羽生二冠は、これからのソフトは受けが強くなるのではないか、と予測しているそうです。将棋のプロとアマの一番の違いは受けの差にあるようです。ある程度強くなると、お互い狙っている攻め筋というのがわかるようになります。綺麗な手筋の攻めをくらって潰されてしまったのではたまらないので、お互いがお互いの手を殺し合うようになります。よく新聞の将棋欄では、この局面で素晴らしい一手が出た、などと解説されています。我々素人はその局面を見てもどの手が良いのかわからないことが殆どですが、プロであればその局面を見ればどんなうまい手があるかはすぐわかります。プロの凄さは、好手があるその局面が現れるずっと前の段階で、この局面になればこの手がある、と読んでいるところにあります。勿論もし対局相手もこの局面になればこんないい手が(相手に)ある、と読んでいれば当然そんな相手に都合の良い局面にもって行くことはありません。この理屈からすると、もしプロの将棋に「素晴らしい好手」なんてものがあらわれたとすると、それはそんな素晴らしい手が存在するような局面に進めてしまった方の誤りだった、ということになります。そう考えると、相手に「良い手」が生じる局面にしないこと。逆に言うと、悪い手を指さないこと、これが将棋というゲームの本質のようにも思えてきます。将棋というのは「うまい手」を指して勝つゲームというよりも、「悪い手」を指した方が負けになるゲームなのかもしれません。プロのような攻め筋をマスターした今の将棋ソフトが更に一段強くなる時には、常に相手の攻め筋に入らない局面を選択し、相手がミスをした時にそれを咎めて勝つ、という棋風になっているのかもしれません。
 今の将棋ソフトは、プロの指し手を学習し、「プロのような手」がさせるようになることで急激に強くなってきました。元々詰みが生じるような局面での終盤力では人間の比ではないわけで、この「プロのような手」の精度を上げていけば、プロ棋士に(名人)に勝つくらいまでいくことは私にもむしろ容易に想像がつくことです。大きなミスをすることなく、ほぼ互角のまま終盤まで行けば、まずコンピュータが勝つでしょう。評価関数の精度は相当上がって来ているので、コンピュータのはじき出した局面の評価値が、実際の優劣と大きく乖離するというケースは(コンピュータが優勢と判断した局面が実際は不利であったなどという場合)は、かなり減ってきているように思います。人間が勝つには、コンピュータが自分が有利だと思っている形勢が実は人間に有利で(コンピュータが読み抜かしている「好手」を人間の方が発見していて)、尚且つ終盤でミスを犯さない(ぎりぎりの一手違いも読み間違えない)という状況が必要ですが、コンピュータの読み抜けや評価ミスを期待することは殆ど不可能に近くなりつつあります。本当にもう2~3年、長くても5年もあれば、「勝負」というレベルでは(名人といえども)人間がコンピュータにかなわない時代が来るのはもう避けられない段階に来ているのでしょう。
 さて、プロの棋譜を学ぶことによって強くなった将棋ソフトですが、もしプロを(名人を)負かすような時代が来たとしたらなら、それから先はどのようにして強くなっていけばよいのでしょう?「プロが指すような手」を選ぶように評価関数を設定・調整してきたわけですが、その方法を踏襲することで、果たして「プロを越える手」を見つけることができるようになるのでしょうか。仮に「プロを越える手」を指したとして、それが「プロを越える手」であることは誰によってどのように判断されるのでしょうか?
 今、コンピュータ同士が対局しているとします。恐らく、先手必勝、または後手必勝なんて定跡は存在しないのでしょう。少なくとも初手から何手か進んだ局面まではまだ優劣不明なのでしょう。ところが、ある程度手が進んだところではもう優劣が判断できる(あるいは詰みまで読み切れる)局面というのもでてくるでしょう。逆に言えば、優劣(勝敗)がはっきりした局面というのは、不利になる側のコンピュータが避けることになります。こうして、お互いが自分が不利になる局面を避け続けることになると、一体どんな将棋が生まれることになるのでしょう。永遠に終らない将棋?というのがありえないとすると、引き分け?将棋とは、最善手を指し続けると引き分けになるゲームなのでしょうか。
 私は、コンピュータソフトとプロ棋士の対戦については、あまり勝ち負けには興味はありません。今では、勝ち負けだけでいえば人間の負けでもしょうがないな、と思っています。それより関心があるのは、コンピュータの創造性です。果たして人間には思いつかないようなクリエィティビィティあふれる手をコンピュータが指すようになる日が来るのでしょうか。人間ではなくコンピュータが定跡を作るようになる日が来るのでしょうか。「創造性」あふれる手を指すソフトはどんな評価関数を持つべきなのでしょうか。将棋に「創造性」を求めるソフトと「勝負」に徹するソフトが対戦するようになることもあるのかもしれません。