平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が夏の衆参同日選の可能性に言及したことについて「全く論外だ。鳩山由紀夫首相自身が決めることを他の閣僚が言うべきではない。内閣は一致結束して、この日本をどうするかということを考えるのが鳩山政権のあるべき姿だ」と強く批判した。 

【関連ニュース】
自民に「衆参ダブル」警戒論=党内引き締めの狙いも
公約修正を提案=「政治主導」に疑問-21世紀臨調
21日の党首討論を決定
鳩山首相、成算なく確約=「5月決着」ぼかす動きも
鳩山政権への対応、一層硬化へ=現実性なき「5月決着」に不信

辺野古「浅瀬」案 地元は条件次第で受け入れの動きも 首相への不信ますます (産経新聞)
JR沿線で火事 41本運休 四條畷片町線(産経新聞)
<茨城空港>スカイマーク節減案、国交省の許可下りず(毎日新聞)
仕分け第二弾 民間仕分け人31人を内定 外人は除外(産経新聞)
北日本は大荒れ、東日本はポカポカ(産経新聞)
AD