警察庁長官銃撃事件が時効を迎えた30日、国松孝次元長官は「何としても解決したかったが、残念なことになった」と心境を話した。警察トップの立場でありながら銃撃を受けた事態には「誠に申し訳なく、一生忘れない」と語った。
 警視庁がオウム真理教信者グループが関与したとする捜査結果概要を公表したことについて「異例のこと。『分かりません』では説明責任を果たしていないので、理解はできる」と話した。
 ただ、起訴できるだけの証拠が集められなかったことについては「反省、検討し、教訓をくみ取ってほしい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
「コメントは不可能」=長官銃撃時効でひかりの輪
「力及ばずに尽きる」=謙虚に反省、テロ防止誓う

普天間移設 「腹案」渦巻く不満 沖縄県知事「絵が見えない」 閣僚も混乱(産経新聞)
<クラゲ展示>ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる(毎日新聞)
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ(医療介護CBニュース)
食の安全で閣僚級定期協議、日中が覚書締結へ(読売新聞)
普天間政府案、首相は月内一本化こだわらず(読売新聞)
AD