宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題が、夏の甲子園を目指す球児たちにも影響を及ぼしている。感染拡大が続けば「無観客試合」や「開会式中止」もあり得る状況で、同県高野連(猪股整理事長)は、全国高校野球選手権宮崎大会(7月10日開幕)の運営について、難しい判断を迫られている。

 5月18日発令の「非常事態宣言」を受け、県高野連はシード校を決める県大会の中止を決定。5月27日には終息宣言が出るまで、県内外での対外試合中止も決めた。さらに今月10日に宮崎市の養豚農家で感染疑いが確認され、市は予選会場の一つに予定の球場を当面閉鎖すると発表。県高野連には「夏の県予選は本当にやれるのか?」といった問い合わせも数件寄せられているという。

 猪股理事長は「努力してきた子供たちや見守ってきた親のことを考えると、最大限の防疫対策をしながら何としても従来通り実施したい」と話している。

 今春のセンバツに出場した宮崎工高(宮崎市)。夏の予選を控えたこの時期は、通常なら毎週末のように県外チームと練習試合をこなしていた。今は紅白試合しかできない。

 岩切隆公(たかひろ)監督は「レギュラーを絞り込む時期だが、選手の調子が測れない」と困惑気味。「うちはまだいい方で、紅白試合もできないチームはかわいそう」と気遣う。

 また、感染地の一つ、西都市の西都商高の佐々木典彦監督は「部員18人で紅白試合もぎりぎり。だが、被害農家の苦しみはもっと大きい。野球ができることに感謝して日々練習に励むしかない」と話している。【川上珠実】

【関連ニュース】
口蹄疫:飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承
口蹄疫:拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念
口蹄疫:血液検査再び陰性 エース級種牛5頭
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
口蹄疫:コブクロ、今井美樹さんらと共同で宮崎応援歌

割引拡大で高速料金収入減=首都、阪神など3社―10年3月期決算(時事通信)
他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
オウム進出阻止に700人=新拠点警戒、住民集会―東京・足立区(時事通信)
口蹄疫、非常に危険な状態=農水相(時事通信)
日本のウイスキー、世界を席巻 「響21年」「竹鶴21年」最高賞W受賞(産経新聞)
AD
 4日午前9時50分ごろ、千葉県木更津市の東京湾アクアライン・海ほたるパーキングエリアの多目的トイレ内で、男性が頭から血を流して死亡しているのを清掃員が発見した。足元に拳銃が落ちていたことから、千葉県警木更津署は拳銃自殺したとみて身元を調べている。

 同署によると、男性は30~50代。遺書は見つかっていない。海ほたるは木更津市と川崎市を結ぶアクアラインの人工島で、トイレは24時間利用できる。【斎川瞳】

【関連ニュース】
東京湾アクアライン:値下げ中間報告 観光振興、安房・君津どまり /千葉
首都圏サミット:アクアライン、国に値下げ要望へ--実験終了後 /千葉
県立上総高:園芸科の生徒、「海ほたる」にハート形の花壇作る /千葉

次期衆院選に出馬せず=鳩山首相(時事通信)
民主、国新が党首会談=連立めぐり協議(時事通信)
廃パチンコ台回収業者 5億5000万円所得隠し 「中国で納税」異議申し立て(産経新聞)
<監禁>中3次男をトイレに11日間 母親ら逮捕…警視庁(毎日新聞)
<カード現金化>トラブル急増 実態は「高金利の融資」(毎日新聞)
 社民党は29日、福島瑞穂党首が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、閣僚を罷免されたことを受け、連立政権を離脱する方向で調整に入った。毎日新聞のまとめでは、「連立を離脱すべきだ」とする地方組織は、全国で34道府県連に上り、党所属国会議員の間でも「党首が罷免され、政権に残ることはあり得ない」との意見が大勢になっている。同党は30日に全国幹事長会議を東京都内のホテルで開き、離脱方針を協議する。【西田進一郎】

 社民党の重野安正幹事長と渕上貞雄副党首らは29日、党本部で幹部会合を開き、全国幹事長会議の対応を協議した。出席議員は「県連の意見は分かれるだろうが、このままのうのうと政権に残ることはない」と明言。会合は欠席した福島氏も同日、静岡市で記者会見し、「私を罷免したのは社民党を切り捨てたことだ」と述べ、連立離脱は不可避との認識を強調した。

 地方組織からも、離脱容認の声が相次いだ。鹿児島県連は29日、「党首が罷免されたのに連立政権に残るのは国民の理解を得られない」とし、全会一致で離脱を求める方針を決定。沖縄県連も「党首を罷免してまで、米国の意向に沿う決定は許されない」(仲村未央書記長)などとして、離脱を要請した。

 ただ、社民党内には参院選を控え、連立政権を離脱した場合、民主党や国民新党との間で進めた選挙協力に影響するとの懸念がある。重野氏は28日夜、民主党の小沢一郎幹事長と電話で話し、選挙協力の継続を要請。小沢氏は「わかっている。選挙協力はする」と応じたという。29日には重野氏は国民新党の自見庄三郎幹事長と電話で協議。離脱しても参院選での選挙協力は継続するほか、引き続き両党間の定期協議を行う方針で一致した。

 また、社民党内の連立維持派が政策実現のため与党残留を求めているため、昨秋の連立政権合意に盛り込んだ政策について、離脱後も与党と連携し実現を図る方針で、与党3党の連携は事実上、維持される可能性がある。

 閣内からは連立維持を求める声が相次いだ。前原誠司国土交通相は29日、外遊している社民党の辻元清美副国交相に28日に電話し、続投を要請したことを明らかにした。北沢俊美防衛相も29日、長野市内で「共に政権を目指して選挙協力をしてきた仲だ。連立解消に直結しないでほしい」と述べた。

【関連ニュース】
鳩山首相:続投に意欲改めて示す 内閣改造も否定
普天間移設:民主党沖縄県連「到底容認できない」の見解
民主党:首相退陣論、公然と
日韓首脳会談:鳩山首相「協力惜しまない」と韓国を支持
社民党:「内閣つぶれる」又市副党首

特別措置で8割が追試=新型インフルで大学・短大―文科省(時事通信)
<ひき逃げ>路上に男性遺体 車に引きずられた跡 大阪(毎日新聞)
<義母刺す>容疑の中国籍の女逮捕 静岡・焼津(毎日新聞)
<日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
妊娠知った数日後、別の女性と結婚 堕胎容疑の医師(産経新聞)