最後のブログ

テーマ:
これまで、ブログを通じて知り合ったすべての人に、ありがとう。そして、良いお年を!

最後にひとネタ

福袋のなかにあったら嫌なもの…なます10袋
AD

松井が引退する日が来た

テーマ:
今朝、朝食のパンを食べながらテレビを眺めていると、アナウンサーが「間もなく、松井秀喜選手が記者会見を開きます」と言い、画面の上隅には「現役引退か?」の文字が表示されていた。やがて、松井が会見場に現れた。

寂しげな表情の松井が口にしたのは、やはり現役引退だった。思えば、ここ数年の松井は元気がなかった。2009年にワールドシリーズでMVPを獲得しながら、ヤンキースを退団した。以降は移籍を繰り返し、成績も振るわなかった。

松井はイチローと同じく、選ばれし者だと思う。日本球界にいる頃から結果を出し続けて、他を圧倒する存在…。ゆえに強いだけのゴジラは、オレにはつまらなかった。それは数年前までのイチローも同様だった。

ファンは誠に身勝手なもので、選手に順風満帆ばかりではなく、ピンチや挫折も含めたドラマ性を求めたりする。松井は2006年、外野守備の際に負った怪我で、連続試合出場が途絶えた。またヤンキースを退団してからは、思うような結果が出ずに苦しんでいた。

時を同じくして、一つ年上のイチローにも衰えが見えはじめた。二人の年齢からすると当然だが、あまりにも二人は他の選手と次元が違う。だから松井の引退を決めた理由…結果が出なくなったという単純明快な発言に、松井の凄みが浮き彫りになる。

なぜなら、これまで20年間は、結果を出し続けてきたことになるからだ。他にも命懸けのプレーが出来なくなったことや、一番思い出深いのは長嶋監督と素振りをしたことと答えるなど、松井の篤実な人柄が窺える。

かつて長嶋や王が引退したとき、ファンが感じたのと同じように、松井の引退で、オレたちの世代は、ひとつの時代の終わりを感じたはずだ。それだけ、松井の存在はでかすぎた。
AD

陽のあたる坂道

テーマ:
オレがこれまで見た日本映画でベスト1を挙げろと言われたら、迷わずに『陽のあたる坂道』と答える。この映画は1958年に日活の配給で公開された。原作は石坂洋次郎。監督は田坂具隆。主演は石原裕次郎である。

裕次郎扮する青年の家族は、それぞれ暗い過去を持っている。ある日、裕次郎の妹に女性の家庭教師がつくようになり、それを機に家族の秘密が浮かび上がってくる。しかし最後は、みんなが前向きの答を見いだす。

全編モノクロで、上映時間が3時間半の長尺にも関わらず、一つひとつのエピソードが効いており、丁寧に演出しているので、始めから最後まで飽きることがない。また俳優陣がみんな適役で、十分に感情移入が出来る。

裕次郎は地のままであるかのように、身のこなし、台詞まわしが演技を超えた自然体で、魅力的だ。カレーライスをぐちゃぐちゃにかき混ぜて食べたり、部屋の床を木槌で叩き馬鹿騒ぎをする仕草が、とりわけ印象に残る。

妹役の芦川いづみはチャーミングななかにも、芯の強い部分を覗かせる。家庭教師役の北原三枝は部外者の顔から、はっと身内的な表情に戻るときの演技がうまい。川地民夫は本作がデビュー作だが、素人の良さが出ていた。

もう50年以上も前の映画で、初めて見たのは、裕次郎が亡くなった直後(1987年)に、テレビで放映したときだ。当時オレは14歳。映画と出会って間もない頃だが、今もなお『陽のあたる坂道』はオレのベスト1である。
AD