2008-12-22 23:14:06

【「課長に必要な会計知識」にフォーカスした】課長の会計力:望月実

テーマ:書評
課長の会計力 自分とチームが結果を出すための数字の使い方/望月 実
¥1,575
Amazon.co.jp


今日紹介する1冊は、望月実さんの「課長の会計力」です。


望月さん。ご本を送っていただき、ありがとうございました。



望月さんは「会計のトリセツ」「問題は『数字センス』で8割解決する」といった


「会計」「数字」のプロフェッショナル。


そんな望月さんと、鹿田尚樹さん+早川ノブさん主催の「読書パーティ」でお目にかかり


今回、新刊を送っていただくことに!



前の2冊読んでないよー。会計なんて本格的に勉強したことないよー。


でもツイテル!


こんなことでもなければ、「会計」の本なんて読まないモンなー。



結論。


やはり全部を理解することは難しかった。 (スミマセン。望月さん。)


特に専門用語については、しばしばネットを使って調べなければならなかった。


本書は3回読んでやっと理解できた。


しかし、こんな話を書くと「難しい本」という印象を与えてしまうでしょうが


まったくそんなことはありません。


3回読んだのは、書籍紹介ブログとして


一応でもキチンと理解しておく必要があったからです。



たとえばケーススタディとして


「商品を10%値引きしたら、50%も売り上げが伸びた。これってソン?トク?」


などという問題を詳しく易しい解説で教えてくれます。



ここで学ぶべきことは


会社として大事なことは「売り上げ」を伸ばすことではない。「利益」を伸ばすことである。


ということ。



その他にも


黒字倒産の仕組みを解説していたり


倒産した英会話学校NOVAをモデルにしてキャッシュフローの読み方を教えてくれたり


「固定費が大きいビジネスモデル」「変動費が大きいビジネスモデル」で


損益分岐点がどのように変化するかなどをグラフを使って説明してくれます。



経理(計理)部や簿記をご存知の方には基本的な話もあるかもしれませんが


ボクには非常に刺激的でした。(脳みそフル回転です)



会計には「管理会計」「財務会計」「税務会計」と大別されますが


本書の優れたところはすべてを満遍なく網羅するのではなく


「課長に必要な会計知識」という部分で「管理会計」にフォーカスし


それ以外はバッサリ切り捨てているところです。


まさに「課長のための」「会計本」!



第1章~第4章までは基本的な会計知識について書かれています。


第5章では「課長」が必要な「予算の作成方法(積み上げ方)」について。


第6章は予算を達成するための「分析方法」について書いておられます。


しかし★楽読★が注目したいところは


なんといっても第7章!


「儲け力」と題して「利益を増やすための発想法」について書かれている部分です。



ここはあまり細かな(専門的な)会計知識がなくても


なるほど。なるほど。と気づきながら読めます。


「利益を増やすにはどうするか?」
「売り上げを増やすにはどうするか?」
「コストを削減するにはなにに注意するか」


あらゆるビジネスに通用しますね。



またお金のみならず、人材の育成にも応用できるのではないでしょうか?


いかにコスト(無駄な労力)を削減して、利益(パフォーマンス)を得るか。



考えてみれば課長になったからって会計がわかるようになるわけではなく


大きな会社でもなければ、結局はOJTにまかされてしまい


何となく予算を立てている、といったようなイメージです。


(間違っていたらスミマセン)



本書のような本を読んで、理論立てて予算を組む、他部署とも連携する


といったようなことが大切かと感じました。


課長で予算の編成をやっておられる方も


これから課長になる(ボク含む)方も


ぜひご一読ください。


課長の会計力 自分とチームが結果を出すための数字の使い方/望月 実
¥1,575
Amazon.co.jp



【気づきポイント】
営業部や製造部といった経理部門以外の課長にとっては、決算書の読み方よりも日々の仕事に意思決定に役立つ管理会計が一番大切になります(P5)


日々の仕事の中でポイントとなる数字を身ながら、「どうしたら利益が増えるか」ということを考える”習慣”です(P6)


課長の大切な仕事に「予算の作成」があります。企業が課長に要求する「会計力」とは、予算の作成と、予算の数字を目標としてビジネスをコントロールしていく力といっても過言ではありません(P20)


経営を行っていく上で一番大切なことは、「この売り上げからいくらの利益が上がるか」という「売上と利益の関係」について常に意識することです(P32)


インターネットでの物品販売は、固定費が少ないため売上が減少してもあまり損失は大きくならない代わりに、売上が増加してもあまり儲からないビジネスモデルだといえます(P109)


固定費型ビジネスでは、売上が減少しても、固定費を削減するのに時間がかかってしまうという特徴があります(P113)


Sさん「課長。予算というのは上からエイヤーで降ってきた数字を、いかに現場で実現するかということですよね」
課長「そんな感じだな(笑)。たしかに、なぜその数字になるのか、よくわからないよな」 (P123)


営業利益を増やす方法としては、「売上高を増やす」「売上原価を減らす」「販売費及び一般管理費を減らす」という3つの方法があることがわかります(P176)


売上を「集客数」「顧客単価」「購入率」「リピート回数」の4つの要素に分解して考えると、解決の糸口が見えてきます(P179)


広告の反応率を上げるためには、数種類の広告を作成して反応率を調べるのが効果的です(P182)


顧客単価を上げるための方法としては、目的の商品と一緒に他の商品も購入していただく「クロスセル」と、より高級品を購入していただく「アップセル」の2種類が考えられます(P183)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

『楽読課長』TMstarさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■コメントありがとうございます★

本の紹介もレスも遅くなってしまい
ごめんなさい。

知識がないと読み解くのに少々時間がかかってしまいました。
第7章はやはり魅力的な内容だからでしょうね♪

望月さんもお体にお気をつけてください。
ありがとうございました★

1 ■ご紹介ありがとうございます!

TMstarさん

ブログでの紹介、ありがとうございます。

前半部分は少し難しいかもしれませんが、
第7章は多くの方に好評のようです。

最近は寒くなってきましたが、お体ご自愛ください。


コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。