September 30, 2016

デカイ治具

テーマ:ブログ

2016  0930

 

9月も終わりですね〜

 

今日は、ニアCF加工の際に弦長も規格も違う楽器のサークルフレッティングの円弧状のR出し加工はどのようにやっているのですか?とのご質問に対してです。

 

基本的にはナットとサドルの両サイドの弦溝の延長上の交点が基準となりますので、まずはどんな規格設定の楽器であっても両脇に張ってある弦の延長上のヘッドのずっと先に位置する交点を計算で求めます。

その交点からまず0フレット位置にマーキングピンをセットしてそこでの円弧状のラインをナットにマーキングします。

 

あとは1フレット、2フレットとスケール割りした距離を加算させた位置までマーキングピンを移動させて同じように円弧状にラインマーキングして各フレットのマーキングからブリッジ側の側面を1本1本ヤスリ加工していきます。(写真)

写真の左側のずっと先にある交点から長々とアームが延びております。

 

これで結果的にCFと同じ状態になります。この場合、元に打ってあるフレットが非常に細いタイプですと幅にゆとりが無いのでこの作業が出来ません。ミディアムサイズ以上のフレットであれば問題なく処理可能です。

 

とにかく、このCF位置出し治具は全長が1.5mを超えますのでデカイ!

やたら場所とって仕方ない。

もう大昔のことですが、初期のワタシが行っていたCFSのフレット溝加工は、この治具の先に細〜いビットを取り付けた小型のルーターを固定して円弧状のフレット溝を浅く入れて、それをあぜ挽きノコで適正な深さまで溝切りを行っていました。

計算で割り出した数値に合わせて正にアナログ極まりない加工でしたね。

 

こうしたこれまでに無かったアイテムの開発は設計と治具作りから始まるのです。

それを1から全て自分ひとりで行うか、会社組織で行うかの違いですね。

 

現代ではCFSのパテント譲渡先であるフジゲンさんがプログラミングマシン加工でCFSの指板及びCFS仕様の楽器を正確丁寧に製作されていらっしゃいます。

 

 

September 28, 2016

喜んで頂けると思います。

テーマ:ブログ

2016 0928

蒸し蒸しした1日でした。

 

企業さんとのスピーカー開発は、なんせお相手が企業さんですから今やってることは来年からのお話。しかも国内の老舗オーディオメーカーさんは今や外資の傘下にあって、もはや純粋な国内メーカーさんではないので話がややこしい。早い話が長期戦です。

 

そんな訳で、じゃあまたギターの製作以外の仕事で何か始めるか、という事で

とっておきの技を活かした皆さんが喜びそうなことを始めたのがニアCF加工です。

 

早くも連日 作業依頼を頂いております。ありがとうございます。

 

皆さんノーマルフレッティング仕様の楽器のピッチの悪さが悩みの種でしたでしょうから、新たな技に興味津々と言った様子で各地から問い合わせを頂いています。

 

写真はニアCF加工済みの個体達です。

サークルフレッティング設定の算出値を元にナットとフレットを加工して仕上げます。考案者ならではの奥の手的な技であります。蛇の道は蛇ってやつですね。

 

和音/コードの響きがCF仕様と比較しても遜色無いので喜んで頂いています。

通常のレスポール、フルアコ、多弦ベースにも、セットネック/デタッチャブル関係なしに作業可能ですのでお勧めです。元のピッチの不協性のストレスから解放されますよ。まずはメールをくださいね。

 

 

September 27, 2016

ニア CF 加工について

テーマ:ブログ

2016 0927

 

サークルフレッティングを考案してから、長らく年月が経過し、その間ノーマルフレッティングのCF化の作業も数多く対応させて参りましたが、セットネック仕様の楽器へは高額な工賃が掛かるCF指板に貼り替え作業以外に対応策がありませんでした。

 

今回は指板を貼り替える必要も無く、しかも安価でCF仕様に近いピッチ感が得られる加工技法を編み出しましたのでご要望の方には受け付けさせて頂きますね。

 

それが[ ニアCF加工 ]とネーミングした新たな技法です。

そもそも随分昔の話になりますが、30年以上前にはNCマシンによるCF溝加工が出来なかったものですから関数計算から導き出したナットを含む各フレッティングR値での溝加工の手法を流用して今回はナットとフレットの形状変更を行うことで結果的にCFに近いピッチ感を備えさせるに至っております。

 

試験にあたってはノーマルフレッティングのセットネック仕様の楽器にこの作業を施し、サークルフレッティング仕様の楽器で普段から演奏しているプレイヤーさん達に試奏して頂いた結果、CF仕様の楽器と比較してもピッチ感の良さは遜色無い、と非常に良好な評価を頂いております。

 

但し、このニアCF加工を行うには

元のフレットの現状が良好な高さと形状を保っている事と、ネック自体に捻れや波打ちなどのトラブルが無い事が前提となります。

状態により、指板修正とリフレットが必要になります。

 

工賃は元のフレットとネックの状態が正常でフェンダー系のミディアムサイズのフレット仕様への加工で¥13.000〜15.000

ジャンボフレットタイプへの処理加工で ¥15.000〜17.000を目安として下さい。

*状態により多少コストは異なります。

 

くれぐれも、現状フレットにエグれがあったり、フレット高が低くペタペタの高さの場合、また指板自体にトラブルを抱えている場合にはリフレット作業が前提でのニア CF加工処理となりますので、その点をご了承の上お申し込み下さい。

 

指板修正&リフレットの場合、セルバインディング仕様で¥46.000〜

セルバインディング無しの場合で¥43.000〜を目安として下さい。

(メイプル指板はセル無しでも塗装処理がある為、¥48.000〜)

 

エレキ、アコギ、ギター、ベース、またデタッチャブル/セットネック方式を問わず処理可能です。

従来のコード和音の不協性など、ピッチの悪さでお悩みの方はこの手法がお役に立てると思います。殆どピッチ感に関しては気にならないレベルにまとまります。

 

お申込み後、楽器が到着次第あらためてお見積もり致しますので、まずメールにてご連絡ください。

 

@あまりに神経質な方はご遠慮くださいね〜

September 17, 2016

6 CUBE cafe

テーマ:ブログ

2016 0917

 

本日、やっと六本木にオープンした6 CUBE cafe に行って参りました。

オープンからしばらく経過したばかりですが落ち着いた素敵なお店でしたよ。

 

t.m.p スピーカーから店内に流れる心地よいサウンドを六本木で聴けるのは嬉しいですねえ。こんな音楽を愛する人の オアシスみたいなお店が全国に出来たらいいのにな、と素直に思えました。実はそれは昔からのワタシの願いでもあります。

 

 皆さんも六本木に行かれた際には是非一度はお立ち寄りくださいませ。

 

t.m.p Speaker で音楽喫茶を出店してみたい、と言う方はご一報を。

お店のオーナー様には店舗用に特別価格で製作させて頂きます。

 

 

September 07, 2016

お問い合わせに関して

テーマ:ブログ

2016 0907

 

相変わらず台風がまるでセール中みたいに放出されてますね。

 

現在、チューン作業などのご依頼を相変わらずのペース行わせて頂いておりますが、

「受けていただける作業内容を教えてください」とのお問い合わせを多数頂戴しておりますので、ここにお知らせさせて頂きますね。

 

受注可能な作業項目:

*以前からご要望が多い「t.m.p 製に限らず」に変更して受注いたします。

(エレクトリック&アコースティックのギター&ベース限定)

 

指板修正&リフレット、WBHナット&サドル加工、

既存楽器へのリビルド作業(セッティング変更/鳴りの向上を目的としたチューン)

電装パーツ系(ポット、SW、ジャック、フラットケーブル配線処理、

LCV(ローカットヴォリューム回路)回路変更作業、

アコースティックギターのブリッジ段差加工&ボールエンド位置修正

 

以上が受付可能な作業内容となります。詳しくはメールにてお問い合わせください。

 

注)現在、カスタム製作、燻煙処理、ボディ塗装処理作業は終了致しております。