1 | 2 次ページ >> ▼ /
January 30, 2016

経過報告 ベーシストRKさん

テーマ:ブログ
0130  ヨコハマ 雨

冷え込んでます。作業してると身体の芯が冷えて来ますね。

今日はスピーカーの試作品と、5弦ベースのセットアップです。
やっとアメリカからピックガード材が届きました。ご本人の意向でベッコウ柄です。

これが最後のカスタム製作品です。
長い事、楽器の製作をやって来ましたが、40年もやって出した結論が「自分のやりたいのはコレじゃなかったな」ですからね。 そこが実にワタシらいしい。(≧▽≦)

いいね!した人  |  リブログ(0)
January 28, 2016

終了報告 ギタリストの T さん

テーマ:ブログ
0128  ヨコハマ 晴れ

早くも1月が終わりそうですね~ 早いですね~

本日は昨日に引き続きTさんのご依頼でカスタムメイドのレスポールのチューンナップを終了させました。
燻煙処理、ペグロケーション変更、WBHナットに変更、ブリッジ位置修正とブリッジ自体を変更、
ピックアップキャビティへの埋木加工、MV+MT+2LCV回路に変更(VポットとTポットは元のものを流用)シールド処理もしっかりしてありますので、ノイズも無くなっています。

何よりも元の線の細さが消え失せ、タイトに腰のあるサウンドに生まれ変わっています。
燻煙処理と深過ぎたキャビティの埋木加工、そしてペグロケーション変更の3点でここまでの差が生まれています。元々作りはしっかりした個体でしたので設定変更の効果も如実に現れています。

この鳴りなら気持ちが入ったプレイが自然に出来るでしょうね。

取り敢えず、昨日のテーラーのアコギと共に2本が完成です。
この2本のお受け取りの日程をお知らせ下さいませ。お待ちしております。


いいね!した人  |  リブログ(0)
January 27, 2016

終了報告 ギタリスTさんのテーラー

テーマ:ブログ
0127  ヨコハマ 晴れ

本日もオーダーを頂戴したスピーカーの製作と T さんのテーラーのチューンの仕上げです。

このテーラーは素材構成がギブソンのJ-200 に類似しているので、その傾向の鳴りでまとめてあります。ペグのロケーション変更による張力バランスもそこにフィックスしてあります。

最初はコードのまとまりの無さが見受けられたのが、今ではすっかり解消され、各弦の音の定位もみごとにまとまりストローク感も心地よいです。ベンドフィールもビブラートがちゃんと掛けられますからソロもきっと気持ちが乗るでしょうね。

Tさんのご依頼はレスポール、335、J-45とまだあります、次はレスポールを仕上げますね。
お楽しみに。


いいね!した人  |  リブログ(0)
January 26, 2016

経過報告 ギタリストTさん

テーマ:ブログ
0126  ヨコハマ 晴れ

皆さん、暫くブログをアップ出来なかったので、マツシタ死んだか?
と思ってませんでしたか?(^O^)

実は先日の降雪の影響で電話回線がダウンして回線が不通状態だったのです。
やっと本日修復工事が行なわれて無事に復旧。
光ケーブルの接続部分に水が入り込んでいたらしいです。

この1週間も休まず作業をし、スピーカー2セット、ギタリスト・T さんのチューンナップも2本セットアップ直前まで仕上がっています。気温が15度を下回ると晴れていても塗装は出来ませんから、そこそこ苦労は致しましたが、ここまで順調な仕上がりです。もう暫くお待ち下さいませ。




いいね!した人  |  リブログ(0)
January 16, 2016

歩きながら道を作る

テーマ:ブログ
0116 ヨコハマ 晴れ

今日はギター関係を一旦休止してスピーカー製作に特化していました。

この写真のモデルも取付けるユニットの入手が出来ないのです。
そのユニットの製造メーカーに問い合わせたところ、仮に1000個のオーダーをしたとしても作っては貰えないそうなので、この2セットが最後の製作となります。

このモデルの設計も、何度も何度も修正を繰り返して完成度を高めた末の設定でしたから、また別のユニットでその作業を行わなくてはいけません。最高のクオリティの設計を行なう為には、やはり産みの苦しみは必ずやって来ますからね。

まるで自分の歩く道を自分で作ってるようなもんです。
たぶん道を歩むって、そう言うことなんでしょうね。


いいね!した人  |  リブログ(0)
January 15, 2016

繋がってる

テーマ:ブログ
0115  ヨコハマ 晴れ

今日もギター関係とスピーカー製作の二刀流。

写真のモデル以外にもオーダーを頂戴してますので休む暇が無くなってます。

来週予定している秋田出張に際して秋田在住の友人から連絡が来まして今回の出張先の会社をよく知ってる、と聞いてビックリ。
しかも今回1泊する秋田市内のホテルはその友人の息子さんが結婚式を挙げたホテルだそうで・・
その息子さんは t.m.p Tune のギターを所有してるとのこと。
まあ、その友人のマーティンもワタシがチューンしたものですが。
ちなみに奥さん秋田美人。(^ε^)

なんだか妙に繋がってるなあ~と感心しきり。
人と人の繋がり程、大切なものはありませんので有り難く感じます。

さて、休む間もないスケジュールではありますが、縁ある人達のお力も借りつつ、世界最高の音質のスピーカーを作る為に頑張ってみます。 
そう、まんま「下町ロケット」の世界ですわ。(^ε^)♪

いいね!した人  |  リブログ(0)
January 14, 2016

経過報告 ギタリストTさん

テーマ:ブログ
0114  ヨコハマ 晴れ

冷えますね~今日も。
来週秋田に出張があるのですが、寒さが苦手なワタシには修行の旅になりそうです。
雪国で最新の樹脂加工技術を学んで参ります。

写真は本日ブリッジ台座加工とボールエンド位置修正/グランドアース仕様にする為にインナーブロックを接合中です。またペグのリロケーション作業が終わっていますのでヘッドは塗装行程に移行しています。Tさん、お楽しみに。


そして、ひとつお詫びを。
モニタースピーカーに採用していた10センチのフルレンジユニットが生産が終了となり、メーカーさんに受注に関して問い合わせても、もう製造しないとの事なので、一時ガッカリしました。
なぜなら、そのユニットの物理特性に最適な設計を施したモデルがもう使えず無駄になってしまうからです。 依って、早くもモデルチェンジを余儀なくされました。
先日のコンポーザーの目黒のTさんのオーダーが最後の製作です。

そんなんで、すごく残念な思いをしたのですが、今年のマツシタは今まで以上にパワーアップしてますので「じゃあ分かった、代わりの探す!」とスウィッチをバシッ!と切り替えて、スピーカーの製造メーカーのニューカマーのスペックをチェックしたところ、ひとつだけ、つい最近出たばかりの9センチユニットがなかなか素晴らしいスペックを出しているので、早速試作用に注文しました。ユニットが届き次第、検証します。

と言う訳で、もう手に入らない様なユニットのことなんか忘れて先へと進みます。
「過去を流し去り拘らないことを知恵と言う」


いいね!した人  |  リブログ(0)
January 13, 2016

経過報告 ギタリストTさん

テーマ:ブログ
0113  ヨコハマ 晴れ

本日はTさんのレスポールのペグ穴の埋木加工から再設定した位置へのペグ穴加工を済ませております。
それぞれ2~3ミリの位置修正となっておりますが、このペグ位置のズレ1ミリとてバカにしてはいけないのです。
後輩達にも事ある毎に言って来た台詞ですが「1ミリを笑うヤツは1ミリに泣く」です。
ましてや、2ミリ、3ミリのズレですから全く侮ってはいけないのですよ。

その差は弾いてみれば分かりますから、ギタリストであるなら。(ノ゚ο゚)ノ
明日はもう1本のTさんの依頼品,テーラーのアコギのブリッジ台座の段差加工も平行して進めて行きます。

いいね!した人  |  リブログ(0)
January 12, 2016

旧年中 ご予約チューン作業

テーマ:ブログ
0112  ヨコハマ 曇り

冷えますね~ 本日は昨年予約を受けて手がつけられなかった作業を進めています。

2本共、ギタリストTさんのからのご依頼です。
カスタムメイドのレスポールとテーラーのアコギのチューンで本日はペグロケーション変更の為に元穴の埋木加工です。

テーラーの方はご本人が来られた際に弾かれている様子を見て「この方はソリスト指向のプレイヤーだな」と判断しましたので、テンションバランスをこの個体のヘッド角設定16度に合わせて設定加工しております。

写真でその設定の違いはお分かり頂けると思います。コードバランスに優れ、ベンドを掛けやすい設定を施しました。明日はレスポールの方も再設定したペグ穴加工へと進みます。
Tさん、お楽しみに。


いいね!した人  |  リブログ(0)
January 08, 2016

予約分チューン作業品

テーマ:ブログ
0108  ヨコハマ 晴れ

本日は3名様の来客対応がありました。

予約済みの作業で楽器が遅れて持ち込まれた分の作業となります。

本日は国内の某工房製のレスポールでギタリスト・T さんの依頼品です。

この個体に必要な作業はペグロケーション変更と深過ぎるピックアップ・キャビティの埋木加工、
WBHナット交換、センターズレを起こしているブリッジの位置修正、そしてMV+MT+2LCV回路への変更、ノイズシールド処理などです。

本日はキャビティの埋木加工からスタートしております。
まずはキャビティの中の塗膜を落とし平面加工を行なってからマホ材での埋木加工です。
これで薄かったサウンドに厚みが出ます。Tさん、完成をお楽しみに。


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /