1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
December 28, 2015

仕事納めました。

テーマ:ブログ
1228  ヨコハマ 快晴

皆さん、本年度もお世話になりました。
あと数日で2015年も終わりを告げようとしています。

このブログが作業依頼者さん達への報告ブログであるにも拘らず、毎日数多くの方に閲覧頂きました事を感謝致します。ありがとうございました。

また本年度をもちまして、楽器のオーダー製作の受付を終了させて頂きます。
これまでに作業をご依頼下さった方々に心より御礼を申し上げます。

新年より、本格的にスピーカー製作を主業務とし、自分の持てる力を発揮して世界中の音楽ファンの為のスピーカー製作を行なって行く所存ですので宜しくお願い致します。

来る新年が皆様にとってよりよい年と成る事を願って御礼の挨拶とさせて頂きます。

ありがとうございました。m(u_u)m



いいね!した人  |  リブログ(0)
December 26, 2015

完成してます。

テーマ:ブログ
1226  ヨコハマ 快晴

冬とは思えない暖かさでした。日が落ちるとさすがに冷え込みますね。

やっとWBH材が入荷したので次々と保留中の個体の仕上げに掛かり完成させました。

ギルドに関しては今回はサドルは元の牛骨をそのまま使用して仕上げました。
ナットのみWBHナットです。
作業内容は燻煙処理、ペグロケーション変更、ペグ変更、14フレット以降指坂修正&リバースフレット打ち修正済み、ブリッジ台座段差加工、ボールエンド位置修正、グランドアース処理済み
オリジナルデザインの黒ベッコウピックガード仕様などです。

40万前後するマーティン・トリプル0と比較しても何ら遜色無いグレードのサウンドです。
(30万クラスの楽器ではとてもここまでのサウンドは得られないでしょうね)
この個体のコードストロール音を聴かれたら、張力バランスが整った楽器のコード感の素晴らしさを実感して頂ける筈です。ピックに何らストレス感無く振り抜けます。爽快な鳴りです。
もしご要望の方がいらしたらギルドの専用ハードケース付きで税別27万でお譲りします。
こんな値段で入手出来る様な個体じゃないですよ、マジで。

LP-Spl もここまでのグレードのギブソンはCS製から探しても手に入らない筈です。
素材がアタリ材であることも大きな魅力。CS製グレードの素材です。
弾いてみればその鳴りが別格である事がお分かり頂ける筈です。
燻煙処理、ペグロケーション変更,ペグ変更、WBHナット仕様、ブラスサドル・チューン0ブリッジで位置変更済み。
その他では、アルミテールピースに変更、フラットケーブルを仕様したMV+MT+2LCV回路でCTSポット/SWクラフトジャックにてリメイク済み。フレットファイリングも済ませてあり完璧な状態です。

最後は最後の製作となったCCR-P90W です。上質なバスウッド材、イタヤカエデ材から手作りしたミディアムスケールのサークルフレッティング・ ネック。グリップは太めの50’sレスポールグリップ仕様。ピックアップ及びハードウェアも全てt.m.p オリジナル仕様品でまとめてあります。
回路は t.m.p の定番であるMV+MT+2LCV回路。ローカットヴォリュームを絞ればまんまストラト・シングルのバランスとサウンドで鳴らせます。
335とレスポールのブレンドしたサウンドが非常に魅力的な個体です。
 
目立つ打痕などは無いですが全体的に細かな擦り傷があるので税別(セミハードケース付き)40万にてお譲りします。

LP-Splに関しては既にT さん売約済み扱いです。
ご要望の方はメールにてお申し込み下さいませ。



いいね!した人  |  リブログ(0)
December 24, 2015

経過報告 2件

テーマ:ブログ
1224  ヨコハマ 晴れ

晴れて日差しは強めでしたが、それでも身体が冷えます。寒い。

今日はスピーカー試聴希望の方の対応と写真の2本の作業を進めていました。

ギルドのアコギと共にこの2本もアメリカから取り寄せているアフリカ水牛の角材がまだ到着していない為にナット加工が行なえていません。

WBH材が到着次第、仕上げて行くつもりです。
尚、LP-Spl には購入希望の方がおりますので半売約済みとさせて頂きます。


いいね!した人  |  リブログ(0)
December 23, 2015

今日はここまで

テーマ:ブログ
1223  ヨコハマ 雨

寒い1日でした。
写真はギブソン LP-Spl やギルドのアコギの作業と共に進めている最後のCCR です。

何て言うか、これが最後の CCR かと思うとしんみりした気分に少しだけなります。
ワタシの設計した E・ギターの代表作ですからね。暫くあちこちに置きっぱなしになって、いつのまにやら擦り傷だらけになってしまい申し訳なく思います。

その分、愛情をたっぷり注いで仕上げてあげようと思っています。
でも完成させないままがいいなア~なんて少しだけ思ってます。

いいね!した人  |  リブログ(0)
December 22, 2015

経過報告 数件

テーマ:ブログ
1222  ヨコハマ 晴れ

今年も残すところあと僅かになりましたね~ 
若い頃の人生の進むスピードを電車だとすると、60過ぎてからの進む速度は新幹線並みですねえ。
早いのなんのって。

今日はオーダーのスピーカーのセットアップが終わり,現在ランニングテスト中です。
このホワイトのカラーリングは4回もやり直しています。外での塗装の為に塗装直後の本体に風に乗って飛んで来たチリやゴミが付着した為です。白系はその付着物がメチャクチャ目立ってしまうのです。
この度重なるやり直しの為に既に販売利益がぶっ飛びました。(>_<) 
もうこうなると何としてでも工場を設けて作業したい気分です。

あとはLP-Spl のセットアップも進めていました。まだヘッド部の塗膜が硬化していない為に仕上げる事が出来ませんので、ヘッド部以外の組み込みです。
ピックアップも回路も全てt.m.p 仕様のパーツ構成です。これがt.m.p が提供する最後のチューンナップ・ギブソンになるでしょうね。最高のスペシャルに仕上げますよ。お申し込みはお早めに。


いいね!した人  |  リブログ(0)
December 21, 2015

下関ではフグをフクと呼ぶ

テーマ:ブログ
1221  ヨコハマ 晴れ

晴れてはいますが、ワタシにはなかなかの寒さです。

今日はギルドのアコギのチューンを一気に進めました。
ペグロケーション変更だけでなくペグ自体もウェバリータイプからクルーソン系に変更。
ブリッジ台座は当然ながらの段差加工と、ボールエンド位置変更&グランドアース処理。

後はWBHナット交換と同じWBH(水牛の角)でオクターブサドルを作成して仕上げに移行します。

忘年会の盛りの時ですが、ワタシ的には下関在住の知人と静かに語り合いながら過ごしたい気分。
下関では名物であるフグの事を縁起の良い呼び方で「フク」と呼ぶそうです。
「福を食らう」と言うことなんでしょうね。 

なんだか宝くじの当選額が随分と巨額になってる様ですが、
時には福の毒も当たることがあるそうで・・(^ε^)


いいね!した人  |  リブログ(0)
December 20, 2015

やっちゃえ オッサン !

テーマ:ブログ
1220  ヨコハマ 静かな日曜日

穏やかな1日です。今日はギルドのアコギのチューンの続き作業です。

指板の端末部が起き上がり気味でしたので、14フレット以降を一旦フレットを抜き去り、指坂修正を行なってから、また抜いたフレットを元に戻すリバースフレット作業を行いました。
これで何の問題も無く仕上げる事が出来るでしょう。

それから、気まぐれですが、ピックガードを取付けてあげたくなったので、えいっ!やっちゃえ、と、薄い黒茶ベッコウのピックガード材からフリーハンドでデザインしたオリジナルなピックガードを作成し取付けて上げました。なかなかいい感じです。

ペグロケーション変更は済んでますので次はブリッジ台座の段差加工とボールエンド位置修正の為に内部にグランドアースを兼ねたローズウッドと真鍮板から作り出すベースプレートを取付ける予定です。こうしておけば将来ピックアップマウントした場合にグランドアースを結線するだけでノイズの無いサウンドがアウトプット可能ですからね。

何度も申し上げますが、ピックアップ仕様にする場合、弦にアースを落としてあげなくては本来いけないのです。メーカーさんがなぜこの処置を行なわないのかは全く理解出来ませんが、エレアコ系の弦にアースが落ちていないから不要なノイズが出たり、ギラ付いた耳障りな音色になるのです。エレアコを使用される皆さんは本来これが常識的な処置と認識して下さいね。

ちなみにこの個体はマーティンのトリプル0と同じサイズの楽器ですが、そのトリプル0よりも腰が強くてレンジもトリプル0以上にタイトなローレンジが出せます。
このチューン設定のサウンドキャラをワタシは非常に気に入っております。いつまでも弾いていたくなるサウンドだからです。 だから正直売りたくないんですね~ (^ε^)


いいね!した人  |  リブログ(0)
December 19, 2015

空気を読む

テーマ:ブログ
1219  ヨコハマ 晴れ

晴れてくれたらこっちのもんだな、と。
ギター2本、ベース1本の作業も進めつつ、来週予定している試聴会に新設計のLH-8を間に合わせる為に必死で作業してました。

使用するユニットが同じ場合、内容積設定も理想は1ポイントしか無いと言っても過言ではありませんので、内容積が同じでありながらダクト径や内部構造を変える事で微妙に再生音は変化します。

基本は音源の忠実再生である事に変わりがないのですが、内部構造の違いによって音の密度感が変化します。
今回のLHスタイルを選択したのはこのスタイルが最もレンジ密度に優れているからです。

20年もこんな事を繰り返していると空気の動きが読める様になって来ている様に感じます。

だって、空気を読めないヤツは ダメでしょ? (^~^) 

いいね!した人  |  リブログ(0)
December 18, 2015

経過報告 ベーシストRKさま

テーマ:ブログ
1218  ヨコハマ 晴れ

いい感じに晴れてくれましたので塗装中心の1日でした。
シンナーを1リットル程も使いましたので、さすがに少々気持ちワルイです。

RKさんの5弦ベースはヒガツラ材にメイプルトップを埋め込み構造にしてありますので、やはり素材の収縮率の違いから僅かですが段差が出ておりますので本日追加コーティングしています。

その他、ホワイトクリームとモカ色のスピーカー塗装も無事に終了出来て満足です。
ちなみに、このモカ色ってのが色調合がけっこう難しい色なんです。
ホワイト、ブラック、イエロー、ブルー,レッドの5色を調合しないと作れないカラーなんです。

ホワイトや5弦ベースに吹いたイエローも風で飛んで来るチリやゴミなどが吹き付け後に付着する為に非常に苦労します。せっかく美しく塗装が出来たと思ったら、いつの間にか何やら付着してるんですから。やれやれです。

もうこうなると工場物件に移転して全て屋内作業出来る様にするしか無いですね。

それから、組み上げ途中の最後の CCR-P90W ですが、作業場が狭い関係で在庫品をあちこち移動しながらスピーカーと楽器系の作業を行っている為に、よく見ると細かい擦り傷が沢山入ってしまっていますので42万の販売価格を40万まで下げることにしました。
基本、目立つ様な傷は無いのでご安心を。



いいね!した人  |  リブログ(0)
December 17, 2015

終了報告 埼玉の I さん

テーマ:ブログ
1217  ヨコハマ 曇りのち小雨

今日は塗装が出来なくて残念でした。スケジュールをこなすのには晴れて欲しいです。

本日はI さんのテーラー製72esエレガットのチューン作業を完了致しました。

今回は燻煙処理とWBHナット&オクターブサドル加工作業でしたが、やはりガットのブリッジの弦穴設定ではエンド部分で弦を絡ませて弦をセットする方式ですから弦穴からサドルに架けて延びる弦に弦が絡む事で固持角が持ち上げられてしまうので本来のサドルへの弦圧力が減少してしっています。ここはそれを解消する為の t.m.p 方式の2穴構造にしたいところですね。

2穴構造では弦がねじれたり事も無くストレートにセット出来ますので弦も痛みませんし、弦穴の出口からサドルに向けてストレートに弦が延びるのでしっかりサドルに圧力が伝わる為に鳴りも向上します。但し2穴構造に改造するにはテールピース部に接ぎ木しての加工が必要となりますので指定があった場合にしかこの作業は行っていません。

またこの個体は指板の1弦側が端末に掛けて薄くなっているので低域側に比較して1弦側の弦高が少し高く感じるかもしれません。これは指板自体が傾斜している為です。あえての構造なのか、指板不良なのかは定かでありません。

とは言え、作業後の鳴りは以前とはグレードが確実に高まっていますので、I さん到着をお楽しみに。今回もご依頼下さりありがとうございました。



いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /