1 | 2 次ページ >> ▼ /
October 31, 2015

完成報告 ベーシストKCさま

テーマ:ブログ
1031   ヨコハマ 晴れ

今日はベーシストKCさんの売約スピーカー[ HL-10 ]を完成させました。

例によって、エイジングの為にサンプル音源を流しっぱなしにしておりましたら、この界隈の庭師をされている音楽ファンの O さんがたまらずに工房に入って来られました。(^ε^)

でっかい JBLスピーカーで音楽を聴いていたOさんは「何か違う」と思い続けて来られたそうで、ここで t.m.p スピーカーの音を聴いて「これだ、やっぱこれだ」と盛んに感銘されてました。
「仕事頑張ってお金貯めますから」

あれだけ喜んで下さるなら、もう売約されたのと同じですね。

O さん、いつでも最高のヤツを作りますから。
いいね!した人  |  リブログ(0)
October 29, 2015

いろいろある

テーマ:ブログ
1029  ヨコハマ 晴れ

今日はLH-10M を元に新たにサイジングしたモデル「BRL-10」の塗装処理でした。
写真ではグレーに見えますが、実際には上品なアースカラー系の色合いで調合したデザートシルバーなんです。単純なシルバーをレギュラーカラーにしたくないなあ、と思いましてね。

夕方から大田区のサウンドクルーさんのスタジオにお邪魔してデビュー当時からのお知り合い、0 氏に久しぶりに再開。
t.m.p ギターの製作要望でしたが、まずは手持ちの楽器をチューンナップしましょうと、話をまとめさせて頂き後日、楽器をお送り頂く事にしました。

かれこれ30年近くもの間 この業界で活動を続けるのはなかなか出来るもんじゃありませんからね。大したもんですわ。 O 氏の為に 久しぶりに腕を振るいましょうかね。(^ε^)

いいね!した人  |  リブログ(0)
October 28, 2015

ビックリするわ〜

テーマ:ブログ
1028  ヨコハマ 晴れ

今日は10センチのユニットを使ったLH-10を何とかサイズダウン出来ないかと言うテーマの試作をやっておりました。
1本が70センチ近くあるのを2本発送することを考えますと、高さを低い設計に変更出来るかどうかが決め手です。
その場合、筐体設計を変更するより手は無いので現状よりも大きいヘッドサイズの筐体を使用してヘッド容積を1リットル増す事で全体のサイズを低く抑える事にしました。それでも50センチ代ですけどね。

全国に発送出来る様にスピーカー専用の段ボール箱も発注するつもりです。
何かと手間が掛かります。

それよりも一番ビックリしたのは t.m.p のロゴデカールを業者発注していたのですが、見積もりが25万オーバー!! えーっ、にじゅうごまんーっ ヽ(*'0'*)ツ  今時どーしてそんなに掛かるかなあー ちょっと信じられない値段です。 無理でしょ~

工房内にはロゴ入れ待ちの個体が溜まって来ていると言うのに、弱ったなあ。

いいね!した人  |  リブログ(0)
October 26, 2015

塗装日和

テーマ:ブログ
1026  ヨコハマ 晴れ

塗装日和で助かります。
イエローサンバーストの5弦ベースのコーティングも行ないつつ、スピーカー達の塗装も進めています。
旧モデルのT-100を最新の設定でツイータ仕様に作り替えての再塗装作業も行っております。
上がプラス3000Hz位まで高域が出る様になりますからお薦めですよ。

写真のT-28T は あの「ザク」みたいなヤツにしちゃってます。(^ε^)♪
スフィンクスみたいな LH-10DTMとならぶとスピーカーなのか、なんだか分からない絵図らです。
これがまた すんごい音するんですわ。(ノ゚ο゚)ノoh~


いいね!した人  |  リブログ(0)
October 24, 2015

手間掛かり過ぎ

テーマ:ブログ
10124  ヨコハマ 晴れ

今日はDTM用スピーカー LH-10 DTM ニックネーム「スフィンクス」の塗装仕上げ。

この個体は予定販売価格を20万を設定していたのが、作るのに手間隙が掛かり過ぎてコストオーバー。この1本で設計変更としました。

内部を3段構造とすることで、よりレスポンスが早くなるのはいいのですが、重量が筐体のみで1本7Kgもあるのです。塩ビ材の固まりみたいなもんです。

次回は筐体設計をもっとシンプルにして販売価格を抑える工夫をする予定です。
スタジオワークの最終確認に打ってつけのモデルですし、この世に1セットのみですから、ホームスタジオで音楽製作をされる方にお薦めします。
10センチ最新限定生産ユニット専用設計。再生レンジ:60~40000Hz *ハイレゾ対応

明らかに20万オーバーの仕様ですが、この1セットのみ特価20万+TAX でお譲り致します。
興味のある方はメールにてお申し込み下さいまし。

いいね!した人  |  リブログ(0)
October 22, 2015

ハマるとよけいに凄い

テーマ:ブログ
1022  ヨコハマ 晴れ

本日は塗装作業中心の1日でした。写真はRK氏の5弦ですが、クリアーコートを済ませています。
まだ塗膜が足りないので今週一杯は掛かりそうです。

その他はスピーカーの塗装だらけ。なぜかと言うと、今回以前追求し切れていなかった設計ロジックをこれがベストであろうと言うところまで追い込んだ結果、同じモデルでも以前とは設定が変化したので、最終設定へと作り替えている為に作り替え&再塗装作業が必要となっている為です。

また以前製作した T-100やT-28 など、ツイータ無しの仕様のモデルのツイータ仕様への変更&新設定へとバージョンアップ作業も行っている為に(4万5千~プラスTAXで可能です)塗装作業が増えています。

@以前アマゾンと言うモデルを製作しておりましたが、現在製作中のBRL-8とルックス上、同じもモデルに見えるでしょうけど、BRL-8は最新の8センチ・ユニットを採用し容積設定その他の内容は全く別物です。
BRL-8は下は60Hzから上は3万Hzまで再生可能なハイレゾ対応スピーカーなのです。
アマゾンをこのBRL-8と同じ設定に作り替えるには5万+TAXで受け付けております。

実を言うと、この設定法の確立でワタシはすごく嬉しいのです。喜んでいるのです。
よくぞここまでバランスさせたね!って言えるポイントに設定出来るツボにハメると、それはもう素晴らしい再生音が得られるからです。そのポイントを導き出すノウハウを習得したのです。

そうなんですよ~ ものすごいノウハウを掴んでしまったんですよ。v(^ε^)v

いいね!した人  |  リブログ(0)
October 20, 2015

経過報告 スピーカー

テーマ:ブログ
1020  ヨコハマ 晴れ

今日はそこそこ晴れてくれましたので塗装が行なえて良かったです。

今日はベーシストKCの予約分のLH-10M と、開発依頼を受けて完成させた T8-P の塗装処理です。
写真では色合いが実際とは多少異なっておりますが、ダークブルーメタリックとコーヒーブラウンにカラーリングされています。

本日、ある方からワタシの FB を見てのお友達申請が来ました。若い女性からでした。
スピーカーに興味があるのかな?と思いまして、申請認可致しましたら、早速連絡が来て LINE でやり取りしたいと申し出があったので、それも受けましたところ、早速連絡が届きました。

その内容が、会ってお話がしたい、と早い話 ハニートラップじみた内容でしたので、
やれやれ・・スピーカーじゃないのか、、と思いつつ削除させて頂きました。 

 ( ̄ー ̄; オジさん、けっこう忙しいのよ。他を当たってくださいな。

いいね!した人  |  リブログ(0)
October 19, 2015

経過報告 諸々

テーマ:ブログ
1019  ヨコハマ 晴れ

塗装日和で何よりでした。

5弦ベースの中塗りが終わりつつあります。これからはクリアーコート段階です。

そして開発依頼分の試作スピーカーの塗装作業を進めています。
今日はカラーリングまで済ませました。専用色のコーヒーブラウンを調合し吹き付けたものです。
明日からトップコーティングへと移行します。


いいね!した人  |  リブログ(0)
October 16, 2015

出産?!

テーマ:ブログ
1016  ヨコハマ 雨

少し冷えますね~ 雨降りなので室内でスピーカーの開発作業の続き。

そして、完成!まだ未塗装状態ですが、いや~これで期待に応えられそうです。良かった。

前回5センチの小さなユニットを使ったスピーカーの開発で苦労しましたが、アレって、何て言うか啓示に近かったのかなあ、と思える感覚を味わいました。

と言うのも t.m.p のスピーカーは曲面構成ですので、従来の箱形スピーカー設計パラメーターのままでは通用しないんです。
スピーカー製造メーカーが公にしているユニット自体の特性データと言うのも裸の状態での計測データですから、そのデータをどう取り込んでエンクロージャーの容積設定を求めるかが重要なんですが、従来の箱形エンクロージャーと曲面構成エンクロージャーでは得られる結果が異なる為に独自の設計ロジックを見つけ出すしか手が無いモノですから、なかなか苦労します。

そんな中で前回の繰り返しの試作で、ひとつ最適な条件設定を導き出す方法を掴んだのです。
何度もやり直さなくても最初から最適な設定を与える事が出来る手法ですね。
と言う事は、この条件でエンクロージャーを作ってバランスしないユニットはユニット自体に問題があると判断出来ると言う事です。

それを掴んだ事を今日完成させた新たな試作品で実感出来ました。これだ、この方法なんだな、
と言う、真摯に音と向き合った、そのご褒美みたいな閃き。 ありがとうございます。(^ε^)♪

このスピーカーは t.m.p ではないルートで販売されるアイテムとして開発させて頂きました。
お待たせ致しました。
いいね!した人  |  リブログ(0)
October 15, 2015

実は

テーマ:ブログ
1015  ヨコハマ 晴れ

今日は t.m.p スピーカー専用に作っているバッフル板の塗装を行なっています。
実はこのアルミニウムから切削加工して作るバッフル板が非常にコストが掛かるのです。

このアルミ切削のバッフル板 左右1セットのコストと定番の某メーカーのモニタースピーカーの製造原価とほぼ同じなんです。
要するにこのバッフル板1セットの製造コストで、どこのスタジオにも置いてある定番モニタースピーカーが作れちゃうってことです。

それでもワタシが採用したかった高密度の樹脂素材よりはアルミの方が安いのです。
まあ、一番安いのは木材なんですけどね。木は振動し易いからスピーカーに使っちゃマズイのです。

取り敢えず、新設計のスピーカーの試験をしなくちゃいけません。人様が感動してくれるのであればワタシは頑張れますよ。(^ε^)v

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /