1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
May 31, 2013

快晴!

テーマ:ブログ
5/31 五月最後の1日は 快晴。嬉しいです。

湿度も低いし、助かります。早速カスタム品の下地塗装の続きです。
下地塗装は3歩進んで2歩下がる形式で進みます。コーティングしては研磨して薄い塗膜層を重ねていくのです。写真1

今日から、もうオールドといって言い程昔のヤマハの12弦/FG230のフルチューンをスタートさせています。ヤマハのアコギではFG-180と、12弦ではこのFG230はチューンナップベースとして良い素材です。もうこの2機種は古い個体ですからオールド扱いでしょうね。 写真2、3

12 弦のネックグリップ形状は非常に重要なのでネックの塗膜をサンドブラストしてからグリップ削り修正を行います。 グリップ変更を終了して下地塗装を施したのが、写真4

ちなみに、日本人の奏者の共通した特徴として手が小さめで握力が弱い事が挙げられます。
特に最近の奏者では握力が弱い人が多いですね。これはいい音を出すに於いては致命的欠点です。
ワタシの経験では「この人は出音がいいな」と思う方の親指の付け根は筋肉が付いていて厚いですね。

最後の写真はさいたま市のMさんからWBHナット交換の依頼で送られて来た06年製のチューンドストラトのネックですが、ひとつMさんに確認ですが、今回この個体はスロープヘッド化はしなくて宜しいですね? お返事をお待ちしております。






$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 30, 2013

終了報告 さいたま市のMさん

テーマ:ブログ
5/30 ヨコハマ 曇り空

薄暗い1日です。
写真は本日リフレットと WBH ナット交換調整が終了したMさんの初期型CCRです。
WBH ナットの効果もバッチリ出て鳴りまくってます。

本日中に発送致します。最終便で到着予定です。お待ち下さりありがとうございました。

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 29, 2013

個別報告 初期型CCRの I さん

テーマ:ブログ
5/29 ヨコハマ 曇り時々雨

そろそろ梅雨入りですかね。まあ農作物の為には天の恵みの雨期ですから感謝もしなくちゃね。

写真は昨日リフレット作業を終了し、今朝からフレットファイリングを済ませたI さんのネック。
指板側面に塗装コーティングして現在乾き待ち。

蒸し蒸しの工房内ですが、このネックの為に遠赤外線ヒーターを使ってますから あっつい事。(;^_^A

このネックは明日には WBH ナットに変更してのセットアップ予定です。

今年の梅雨時は既に塗装完了済みのゴールドのTELESA とテレキャスターのセットアップ、そして長い間チューン作業が中断したままのヤマハとエピフォンの12弦アコギのチューンを再開する予定です。

WBH ナットの効果でこの2本の12弦アコギを是非完成させたいと思う様になりました。
ナット&サドルをWBH にしての12 弦サウンドはきっと従来に無い格別なものになるでしょう。
お楽しみに。

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 28, 2013

終了報告 その他

テーマ:ブログ
5/28 ヨコハマ 薄曇り 

今日は塗装は無理だろうと諦めていたら40%代まで落ちたので早速塗装。
手前のネックは I さんのリフレット個体です。明日はフレット擦り合わせ仕上げ加工予定です。

本日 IY さんの初期型CCRのスロープヘッド化、WBH ナット交換その他作業全て終了し既に発送済みです。明日の21時到着予定です。お待ち下さりありがとうございました。

このCCRのナットも水牛の角への変更でしたが、やはりレスポンスと倍音の豊かさ、サスティーン、その全て牛骨を完全に上回っております。

そもそもワタシが昔のブログでも触れましたが、樹脂材を探しまわっていたのもナット&サドル材として牛骨のデッドな響き方がどうにも気に食わなかったからです。
散々調査して、たったひとつ見つけ出した優良な樹脂材の製造元も、とある大阪の下町工場で作られているところまで探し出してコンタクトしたのですが、この小さな町工場の社長が どーにも言う事を聞いてくれずに結局入手出来なかったので諦めた経緯がありました。

弦楽器はペグとブリッジ&テールピース、そしてナットの4点が弦の響きを木の振動に変えてそれを循環させることで楽器の資質を決定します。
丁度クルマの4つのタイヤみたいなもので、クルマの本体がどうであれ結局地面に接しているのはこの4つのタイヤだけなのです。だからこそメチャクチャ重要なエレメントなんですが、それと同じで弦楽器の場合は先程挙げた4点は直接音に影響します。

ナットやサドルもそのパートに該当するわけで、直接弦と木の間に介在しているので、ものすごく鳴りに影響を及ぼします。なんだか細っちいパーツなので、それ程音に影響しない感じがするかもしれませんが、それは大きな間違いです。

現に今回のWBHナット&サドルの効果は歴然としていると言ってもオーバーではありません。
交換された方、全員が「こんなにも変わるのですか!」って必ずおっしゃってますし、他の所有してる楽器もWBHに変更したいと異口同音にコメント下さってます。

さあ、いっつもこのブログを読んでいるだけのアナタ、そう It's you ! アナタですよ。
大事にしているギターなりベースのナット交換でも試してみてはいかが?

そしたら「これってホントなのかなあ?」なんて、いつも読みながら思ってるだけの生活が変化しますから。アナタの知ってる知識は極々ほんの一部に過ぎないって事に気付きますから。
知識なんていくらあっても生かさなくちゃ意味ないんですからね。
知識を有効に生かせる人が 知恵の有る人 って事です。

人間もそうでしょ? いっつも同じ悩みを抱えている人は、まず自分が変わらなくちゃ問題が解決しないってことに気付いていないか、気付いていても変化を恐れているか、怠けて努力をしていないかの いづれかですもん。だからいつも同じ事で悩むんですから。

ワタシも正直、「あれってホントなんですか?」って質問される事にいい加減飽き飽きしてます。
試しもせずに「アレって どうなの?どうなの?」って・・子供じゃあるまいしね

嘘を言い続けて何十年もの間、仕事の依頼され続けられるような甘い世間じゃ無いですよ。
嘘はまともな人達には通用しません。
実際に、tmpの仕事のリピーターさんの多さと言ったら半端じゃ無いです。実績の証でしょ?


「ホントなのかな?」って疑う方には 逆に「じゃ、なぜこのブログ読むの?」って思いますねえ。
┐( ̄  ̄)┌



$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 27, 2013

報告#ー2

テーマ:ブログ
5/27 #-2

本日2つ目の報告は まずカスタム品の塗装ですが、いよいよ天気予報ではこれから梅雨入りに向かうとの事ですから、もしかすると当面これが最後の塗装作業になるかも知れません。

ネックはさいたま市の I さんの旧CCRのネックで、今回はリフレット依頼で指板修正から作業をスタートさせています。打ち込むフレットのジムダンの6150に合わせてフレット溝のピッチ修正を済ませております。

このネックは以前、サークルフレッティングのパテントをフジゲンさんに譲渡した際に、故・フジゲンの社長さんから、CFSのネックのビジネスが軌道に乗るまでの間はウチのネックを使って売り上げに貢献して欲しい、と直接ご要望頂いた関係で、ネックだけはフジゲン製のネックをベースにヘッド形状加工しておりました。この個体もその頃のネックの1本なんです。

その後、CFSネックがビジネスで成功し順調に実績が上がった為に、その後はフジゲンさんから指板のみの供給をして頂ける様になり、現在の様にイタヤカエデ材/スロープヘッドネック仕様と言う純tmp仕様でネックを自主製作する事が出来る様になったのです。

早い話、当初はCF指板だけの供給では無かったのです。
まあ、大人の事情ってやつですね。

その関係で以前はフジゲン製のネックから作り出していた為に本体価格も33万前後でCCRの製作が出来ておりましたが、自主製作の現在では扱いが困難なイタヤカエデ材を使用してのスロープヘッド仕様での製作となった為にコストも2割近く上がり、結果的に38万以下の価格でカスタム製作は出来なくなったと言う訳なんです。

同じ様に見えるネックであっても作り方や設定はメーカーさんとは異なりますので、やはり製作リスクが大きくても自主製作するしか無いのです。

このネックは明日にはフレット打ち込みまで終了させます。お楽しみに。



$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 27, 2013

個別報告/確認 ギタリスト IY さん

テーマ:ブログ
5/27 ヨコハマ 午前中は薄曇り 湿度高め

写真はYさんの初期型CCRのスロープヘッドネック化作業で、WBHナットもセット済みで、すぐにでも完成出来る状態なんですが、ここでYさんにあらためて確認です。

今回はLCV回路への変更は行わなくて宜しいですか? 
LCV回路があった方が音作りの点で非常に有効ですので推奨致します。
CTSポット変更/追加コンデンサー+配線処理で ¥8.000 UP で可能です。

またケース内に弦が同梱されてない様子ですので ご指定の連絡をお待ちしております。

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 26, 2013

個別報告 ギタリスト IY さん

テーマ:ブログ
5/26 ヨコハマ 穏やかな晴れ

今日は休日ですから おとなしーく作業をしています。(゜ρ゜)

今日は写真のYさんのスロープヘッド化ネック1本だけに集中して作業しています。
フレットファイリングして最後のコーティングを済ませています。

実は 室内で全ての作業を行う事の出来ない t.m.p では塗装と燻煙がストップする梅雨時前の4月中旬から梅雨入り前までの今の次期が非常に忙しいのです。

梅雨入り前に出来る限り塗装や燻煙を済ませ、梅雨入り後にセットアップ作業など天候に左右されない作業へと移行させたいからです。ですからある意味で1年で今が一番忙しいかも知れません。
現にもう1ヶ月半まったく休暇を取れていません。

でもまあ、2000年にtmp設立から2006年くらいまでは1年を通じて休み無しでしたから、月1の休みが有るだけでも有り難いです。

休みも少ないし、1人で全てをこなさなくちゃいけないし、給料もまちまちの額だし、ボーナスなんてのも全く無いけれど、好きな道で生きられているのなら、そんなに素敵な事は無いわけですからね
贅沢言っちゃいけませんね。
周囲の多くの方々が口を揃えて言います。
「好きな事をやって生きて行ける人なんて世の中にそうそう居ないよ。アナタは幸せな人だ」って。

ワタシも同感。  でもね、それをやりぬく努力ってモンもしてるんですよ。(^ε^) 

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 25, 2013

個別報告 J-45チューンのMさん

テーマ:ブログ
5/25 ヨコハマ ぼんやりした晴れ

Mさんの J-45 のチューンナップが本日無事に終了致しました。
古い個体ですから6弦側のブリッジ周辺が盛り上がって変形はしてますが、しっかり光触媒燻煙に掛けてますから もうこれ以上の変形は起こらない筈です。これは重要な事です。

別個体にセットされていたサンライズのピックアップをケーブルごと変更、WE製の古いケーブルに変更してシンプルにジャックまで引き延ばし、グランドアースを落とした上での配線処理を行ってあります。

最近のアコギやエレアコではピエゾやインナーマイクをミックスブレンドするタイプも多く見受けられますが、t.m.pではシンプルなホール取り付けのピックアップ(LR バグス/サンライズ/フィッシュマン製)でグランドアース処理とブリッジの段差加工処理をお薦めしています。

基本的にピエゾは圧電素子ピックアップですので倍音が出て来ませんし、本体内部にコンデンサーマイクを仕込んで拾わせるタイプもボディ内部の曇った残響音を拾ってしまいますのでサウンドホールから出て来るナチュラルな生音とは異質なサウンドですからお薦めしてません。

まあ、とにかくこの個体の生音を出来る事なら皆さんにも直に聴かせたいです。
世界中の楽器屋さんを廻ってオールドの J-45 を弾いてみても、この個体の鳴りに勝るものに出会える事はたぶん無いでしょう。 ここまで鳴るか、と誰もが思うサウンドですから。

オリジナルが一番いいに決まってる、と思い込んでいらっしゃる方も沢山いらっしゃるでしょうけど、そう思いたい気持ちはよ~く理解出来ますが、それを越えるサウンドの楽器もこうして現実には存在しています。 その為に作業してますからね。

Mさん、お見積もり通りの金額で仕上がっております。お引き取りのご予定をお知らせ下さいませ。 作業期間、長らくお待ち下さってありがとうございました。m(u_u)m

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 24, 2013

個別報告 その他

テーマ:ブログ
5/24 ヨコハマ 晴れ 夏日

いい天気です。やっぱ夏が好きだな。

写真はMさんご依頼でギブソン J-45 に取り付ける為にマーティンD-28 から取り外したサンライズとミックスブレンダー・アッセンブリーです。
Mさんに確認ですが、サンライズはシンプルにジャック直結のパッシブで鳴らすのが一番なんですが、その場合ピックアップケーブルの先のプラグを取り外してジャックに直結してしまうのですが、それで構わないですか? 至急ご連絡下さいませ。明日中に完成させたいと思っております。

その他カスタム製作品はひたすら下地塗装です。
塗装の6~7割は下地ですからね。吹いては研磨してを20数回繰り返して下地作りを行って行きます。カスタムの2本は今日までに10回程終了しています。後もう半分は同じ事の繰り返しです。
いっしょに写っているのはYさんのスロープヘッド化したネック。順調に進んでおります。
今月中に完成させます。 それぞれ皆さんお楽しみに。

また大阪のI さんのアーチドTELESAは本日水牛の角ナットに変更してメンテも終了済みで明日の昼着で発送済みです。既製品の鳴りとは明らかに次元が違います。
まあ、とにかく実際に味わってみて下さい。

所詮このサウンドを言葉にしても伝わらないですしね。だからこのブログを読んでいるだけの方々に t.m.p サウンドの神髄は決して伝わらないでしょう。 残念ながらね。


$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
May 23, 2013

個別報告 

テーマ:ブログ
5/23 ヨコハマ 晴れ よし!

今日はバッチリ晴れてくれましたので塗装主体。

Mさんの J-45 チューンは本日WBHナット&サドルの成形加工が済んでいます。
明日はサンライズのピックアップ取り付けと最終調整。夕方には完成予定です。

写真2枚目はギターのHY さんのレトロシティのナット交換。
ウオーターバッファローの角の色がたまたま指板の色によく似ているので見た目は目立たない感じですが、音はもうサイコーです。  牛骨くん、バイバイ!( ・ω・)ノ゙  
Yさん、 いつでも受け渡しオッケーですよ。

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /