1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
December 28, 2012

明日で仕事収めます。

テーマ:ブログ
$tmpブログ


皆さん こんばんは。 t.m.p は明日で仕事を収めさせて頂きます。

本年もいろいろとご支援頂きありがとうございました。特に作業ご依頼を下さった皆様にはあらためて感謝申し上げます。

ある映画の中での主人公の台詞にこんなのがありました。
「追いかけなくていけない相手とは、そもそも縁が無い相手」

この言葉を別な言い回しで言うのなら
「何も追いかけずとも、縁在るものはそこにある」って事じゃないでしょうか。 

では みなさん良い年をお迎え下さい。 t.m.p Tatsuya Matsushita
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 26, 2012

奉納終了

テーマ:ブログ
12/26 ヨコハマ 快晴

寒いですけど実に気持ち良く晴れ渡っております。ニス塗りには好都合。
その前に5弦のヴァイオリンの指板接合に固く締まった楓材を接合しておいたものの上面をR面加工を済ませました。これで指板接合の準備が整いました。

ちなみに、先日完成したカスタムの55B-4 も本日受け渡したCCR-312 のどちらも依頼者さんにたいへん喜んでお受け取り頂きましてワタシも嬉しく思っております。
苦労が報われた気分ですね。

そんなワケで本日のメイン作業は共に5弦仕様に作り替えたヴァイオリンとヴィオラのニス塗り。
写真は気持ち良さそうに日向ボッコしてる図。何とも言えず可愛いものです。

これは演奏する側にはなかなか実感としては伝わらない事かも知れませんが、お子さんをお持ちの方なら少しはご理解頂けるのかも知れません。
大切に育てているものが幸せそうにしている光景として目に映るんですね。心が和みます。

素材を生かしつつ精一杯育てて世に出してあげたいです。たとえ気に入られなくとも我が子は我が子ですからね。それが親心ってモンですね。

$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 25, 2012

いい天気

テーマ:ブログ
12/25 ヨコハマ 実にいい天気。

今年のギター関係の依頼作業も一通り終了してホッとしてます。
今日は5弦のビオラと同じく5弦の試作ヴァイオリンのニスの下塗り。
*写真1がビオラ 写真2が5弦ヴァイオリンのヘッド裏

5弦のヴァイオリンはヘッド拡張作業の結果、こんな形状に加工をまとめました。
5弦のヴァイオリンはこのヘッド拡張構造を前提にしなくては、まともな張力設定にする事は不可能と結論付けました。

エレキベースの5弦をワタシが初めて製作したのは今から30年近く前の事でしたが、当時は5弦のベースは初めての存在でしたので見向きもされませんでしたね。
それから随分時が経過して多弦ベース自体の存在価値が高まり今日に至っていますが、途中で「従来の4弦のサウンド鳴りが5弦では得られていない」と言う事で「5弦の鳴りはそんなもん的」な評価が多かったです。
実際、多くのメーカーが生鳴りバランスが出せない為にアクティブ化によるEQ補正でダイナミクス不足を補う方式に移行して行きました。

楽器は生鳴りが重要、いかにも電気的なアクティブサウンドが嫌いなワタシは、パッシブでプレイヤーが満足のいく鳴りとバランスを備える楽器を製作して来ました。

そもそも4弦の鳴りが5弦で得られないのは、ごくごく当たり前の事なのですが、それを理解出来ない方が非常に多かったですね。1本弦が余計に加わった事でそれまでの4弦のペグレイアウト設定は不可能になりますから4弦としての張力バランスは得られなくなるのが当然なんですけど、それを納得出来ないと言う方が多いので当時は説明するのが面倒でした。
また、ローB 弦自体弦径が太い為にナットやサドルのところで曲がりきれずに浮き上がるので
音がスカスカに成り易いんですね。

だからこそ、そこをどーバランスさせるかが技術屋としては腕の見せ処なワケで、tmpでは5弦としての構造設定を新たにし直す事で、5弦ベースとしての張力バランスを幸い構築出来たわけです。

これからは恐らく古典楽器奏者の方々に同じような説明が必要になるでしょうね。
物理的に4弦と5弦を同じ設定にする事など不可能であって、あくまで5弦は5弦としての完成度を求めて行くしか無いのだという事を理解してもらわなくてはいけないからです。

まあ、やっかいな事にはなるでしょうねえ~ ( ̄ー ̄;

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 24, 2012

純次郎へ

テーマ:ブログ
純次郎、この前は電話をありがとう。
純次郎の声を聞いたのは何十年ぶりだったろう?
突然に純次郎から電話がかかって来る何て、思ってもいなかったからホントに驚いたよ。

何でも、オレが以前にブログで純次郎の事を書いた記事を読んだ人の中に純次郎を知っている人が居てそこから純次郎に伝わった、と言う事だけど、まあ以前じゃ~有り得ない話しだよな。
大分の山深く、素晴らしい環境の中で暮らす純次郎が、オレに連絡をくれる何て。
これも未だに馴染めないけどネット社会の恩恵ってやつなのか?

とにかく、純次郎は電話で今は絵を描いていないと言ってたよな、でもな純次郎、
オレらの原点はやっぱり絵を描く事にあるんじゃないだろうか? そうは思わんか? 
オレは未だに楽器製作をやってはいるけど、今でも一番の望みは絵を描きながら暮らす事だ。

楽器は演奏家のものなんだ。どんなに魂込めて作っても演奏家次第。
あくまで演奏家の為に仕事をするしか無いんだ。
どんなに尽くしても、音楽である以上、結果は演奏家の能力次第。

でも絵なら自分の思い通りに出来る。誰に気遣う必要も無く、思うがまま。
人の評価何てどうでもいい。思うがままに心象風景を描いて行きたいよ。

楽器作りながらやればいいじゃないって人は言うけど、人には二つも魂込めて出来る仕事なんてないよ。少なくともオレには。今でもオレは不器用極まりない人間だもの。

だからいつの日にか楽器作りなんてやめて、ゆっくりと絵を描きながら暮らせる日が来るといいなと願っている。その為に今も働き続けているんだ。

そのうち、オレはね、純次郎に絵のオーダーをするつもりなんだ。
断るなよ純次郎。4~6号サイズの小振りな絵でいいから。ちゃんと金も払う。
親友からの頼みだ。
その純次郎の描いた油絵を部屋に飾って、それ見ながら「オレもいつか絵を描くんだ」って思い続けようと思うんだ。 だから純次郎、再び絵筆を取ってくれ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 24, 2012

 幸多かれと

テーマ:ブログ
12/24 ヨコハマ 快晴。

取り敢えず、皆さんへ、メリークリスマス。クリスマスツリー

この日、女神工房時代からの古い友人で、ワタシが「チャーシュー・力」と呼んでいる彼から、写真のミカンを沢山頂戴した。 彼は実際にプロレスラーの長州 力と身体が全く同じ体格で、実にナイスガイな男なのです。 
有り難く頂戴するね、チャーシュー! 奥さんも お心遣い頂きありがとうございます。
君たち夫婦の新年がより明るいものと成る事を願っております。虹

2枚目は久しぶりに現在の工房内のショット。そして5弦ビオラの再製作個体のトップ板接合。
今年は随分このビオラ製作の研究に多額投資しましたから今度こそ完成させなくちゃね。

それから市原市のKくんが、29日にここを訪ねてくれるというので、こちらも楽しみにしております。お母さんの運転で無事に到着出来ます様に。(^ε^)

$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 23, 2012

終了報告 Aさんの55B−4/TJ

テーマ:ブログ
12/23 ヨコハマ 曇り空

いや~やっとAさんオーダーの55B-4/TJ 完成です。
まあ、作っておいて言うのも何ですが・・スゴイの一言。
作り立ててでこのサウンドですから、これを弾き込んだらどんだけ鳴るの?!って感じです。

ちなみに最初の写真はあまり紹介してなかった気がしますので、あらためて紹介。
tmpのカスタムベース専用のネックセットプレートです。並べた通常のフェンダー系プレートと此れくらいサイズが違うんですよと言うショット。
そもそもギターと共用サイズのプレートではベース用としては接面積不足なので専用に作ったものです。参考までに。

A さん、お約束通り一生モノのベースに仕上げましたのでお楽しみにいらしてくださいませ。
明日お待ちしておりますね。クラッカー



$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 22, 2012

個別報告 55B-4/BW-TJのAさん

テーマ:ブログ
12/22 ヨコハマ 雨降り

寒いですね。写真は本日からセットアップを進めている Aさんの55B-4です。

ご要望で、赤ベッコウのピックガード仕様です。赤ベッコウのPGはかなり久しぶりに作った様な気がしてます。何年ぶりかな? もう既に薄膜ラッカー特有の微細なナチュラルクラックが入り始めている個体ですから、相変わらず相当の神経を遣います。

今日は年末の経理処理でハマちゃんが来てくれていたのですが、「はあ~っ、気疲れする・・」ってワタシが溜め息をつきながらセットアップを進めている姿を見ながら ハマちゃんが一言、
「そんなに気を使う仕事なの?」って。 (w_-; う~ん・・ 女・子供にゃ理解されないのだ。

それでも決して心折れる事無く頑張って作業を進めています。(^_^)v 明日完成予定。
何とかお約束には間に合いそうです。 A さん、今年はワタシがサンタです。プレゼント


$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 21, 2012

 終了報告 杉並区のHさん &

テーマ:ブログ
12/20 ヨコハマ 薄曇り

写真はベーシックチューンを終了したHさんのフェンダー・ストラトです。

今回の予定作業はPUケーブル配線材変更以外は全て無事に終了しております。
追加した項目はネックの仕込み部ボトム面の精度出しでした。ちょっと最初の状態が悪過ぎたので個体のキャラが変わらない程度に平面の精度出しを加えました。
(3点止めネックにはネック端末ボトム面に角度アジャスター用の金属プレートが埋め込まれているのですが、それがこの個体のはプレートが木部から飛び出しておりましたので木部の平面出しと共に金属プレートの突出部を削り落とし加工してあります)

このギターを入手されたHさんが、気に入られた部分であろう主要サウンドキャラクターを変更する事無く、ダイナミクスと楽器の安定感は増しておりますので思う存分お楽しみ頂ける筈です。

明日の午前到着予定です。Hさん、お待ち下さりありがとうございました。


$tmpブログ


2枚目の写真はA さんの55B-4の水研ぎ研磨の1回目終了時点でのショット。
この後に更に細目の水研を掛けて、次が艶だし研磨へと移行します。
例によって、この作業は全く気が抜けません。
ほ~んと心臓に悪過ぎ(-。-;) クリスマス前に死にそうだわ ヽ(;´ω`)ノ
雨は夜更け過ぎに~あの世往きと変わるだろう~  サンタさん、遺体の回収に来て下さい。
雪ベル

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 20, 2012

金融緩和 遅っ!

テーマ:ブログ
や~っと日銀が踏み込んだ金融緩和策を打ち出した。
少なくとも10年遅いって感じがする。

今日も楽器業界では老舗の部類に入る某楽器関連業者さんから、案内のハガキが届いた。来年から別会社に吸収合併されるとの事だった。
ワタシの古くからの友人知人で会社を経営して来た人達も不景気で会社を閉め、今では別な業種職に就いている人が実に多い。夢の継続が非常に困難なのだ。

経済は植物の様なもので生き物なんだと思う。
水をやらなくても、やり過ぎても植物は死んでしまう。
日銀はこれまでチョロチョロといつも足りない量の水しか与えなかった。
やり過ぎると腐ってしまうからって。
でもそれじゃあ金融のプロの仕事とは言えないと思う。土壌に対して充分な水が与えられれば植物はスクスク成長出来るのに、失敗を恐れていつも不足した量の水だけを与えて来たに過ぎない。失敗を恐れ過ぎて仕事をやり切れていない結果が結局失敗に終って来たのだと思う。
いったいここ10年で いくつの植物が枯れてしまったのだろうか。

ちっぽけな個人製作家のワタシでさえ何年も前から材料を買いだめなくては仕事が出来ない。その上に数ヶ月も掛かって魂込めて製作し、運良く買い手が付いてやっと数年間の投資金の1本分だけが回収出来る。こんなシステムでしか仕事が成り立たない職だってこの世界にはあるのだ。
安心して継続する為に銀行からの融資を受けてゆとりを持ちながら経営したいのだけれど、今まで銀行はちっぽけな個人製作家になど見向きもしてくれなかった。

それでもこれまでに様々な独自のアイディアを具体化してきたけど、それらの多くは個人資産で賄って来た。人が遊んでいる時にも仕事を続けて来たその汗が金になったものだ。

ニッポンよ、頼む、これからも世界に誇れる仕事をするから我々の様な弱小な人間にもチャンスを与えて欲しい。みんな実力もやる気も充分あるんだから。

だから政治家も官僚も、日銀も諸々の銀行も、みな国民の為にプロフェッフェッショナルな仕事をして欲しい。

な~んて事を TVニュースを見てたら言ってみたくなった。ドンッ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 20, 2012

経過報告 杉並区のHさん

テーマ:ブログ
12/20  ヨコハマ 晴れてます。

もう20日ですねえ~ 外での作業の影響でしょうか、身体全体がバキバキに凝ってます。
イノウエ先生の整体治療を早く受けたいですわ。 ( ̄0 ̄; はあ~っ

写真はHさんのフェンダーストラト。昨日の深夜、やっと燻煙処理が終わって全体の煙脂を拭い去ったボディと先ほどフレットファイリングが終ったばかりのネックです。
充分な燻煙処理の効果で もうすっかり木部は出来上がっています。

ちなみに、このネックは今回が最後のフレットファイリングですね。もうフレットが痛んだフレット上面を整えた時点で高さ自体が限界になっております。
勿論、今回の処理で支障を来さない仕上げには持ち込んでありますが、次回は少し捩じれて波打っている指板面の修正を兼ねてのリフレット作業が必要です。

明日には発送出来る様に仕上げる予定でおります。Hさん、もう暫くお待ちを。

$tmpブログ


追記:Aさんのピックガードと配線が完成、まだ水磨ぎ前のボディにちょいと乗っけてみました。
差し込む光で派手な色合いに見えますが実際はもっとシックな雰囲気です。

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /