1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
August 30, 2012

あと少し

テーマ:ブログ
8/30 子供達や学生さん達の夏休みもいよいよ終わりですね~ 

その何とも言えない寂しい気持ち分かりますよ.未だに覚えてますもん.
ずっと夏が続けばいいのに、と思ってましたワタシの場合.

写真はや~っとここまで辿り付けたNさんのCCR-312アーチドです.あとは弦を張ってナットとサドルの弦溝切り込みと最終調整のみです.実に長かった.
まあ、幾度もの燻煙処理させせずに製作するのであれば期間も3か月以内、費用も8万程安く製作出来ますけどね.
とにかくハンドメイドと言えば聞こえはいいですが、例えば40万で販売する楽器を半年かけて製作した場合、日割りでは1日2000円ちょっとの利益ですからねえ.
コンビニでほんの数時間働いた方がぜんぜん効率がいいんです.┐( ̄ヘ ̄)┌

ワタシの独自の手法での製作では、カスタム品の40~50万の製作費用は決して高くはないことをご理解頂けたらと思いますね.実際には皆さんは量産品の価格に慣れちゃってますから高いとお思いでしょうけどね.
各メーカーさんは生産地から製造工程などあらゆる企業努力でローコスト化を図ってますから、その苦労はたいへんなものです.ですから単に製造単価が定価の30%以内と言っても、それは苦労の果てのコストなんです.
カスタムショップ製や例えばPRSなどの、俗にいう高額製品でも製造コストは10万そこそこですから昔から販売側の利益の方が断然多いのです.ましてや10万の製品なんて3万以下で製造しなくてはならないので大変なんです.

そんな実情の中で、サウンドがどーのこーの言われても「やってらんないよ!」ってのが製造側の本心.それでもひたすら作り続けるのです.

まあ、お金を出来る限り手に入れたい方は楽器の製造には手を出さない方が無難です.

$tmpブログ


追記:先ほど無事に全てのセットアップを完了させました.
完成したばかりの楽器のサウンドとは到底思えない程のレスポンスと音の密度感、そして表現力を備えています.コイツが本格的に鳴り出したらそりゃもうハンパじゃないでしょう.

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
August 29, 2012

入魂の儀

テーマ:ブログ
8/29 ヨコハマ晴れ

昨日は完成したばかりのRetroCityの試奏に古くからの友人でもあるギター弾きが訪れていました.ご本人は既に10本以上のtmp製ギターの所有者なのに、さらにこのRetroCityを弾きながら「いいですね~コレ、ずっと弾いていたいです」とご機嫌な様子.

しかしワタシはセットアップの疲れがピークで身体はぐ~ったり状態。
出来ればそのまま床に倒れ込みたいくらい.おととい折角Iセンセのところで整体治療を受けてバリバリ元気に甦ったばかりなのに.また今月は既に3本もカスタムを仕上げてますからね。
でもまあカスタム品のセットアップが終わると大概こうして全身がぐったりしちゃうんですね.
まるで魂を削られたかのように.

友人君もいつもはバリ元気のワタシがぐったりしてるので
「それって、不思議ですねえ~何か吸い取られてるんですかねえ?」

しかもその翌日の今日はCCR-312アーチドのセットアップ.
「う~ん出来れば明日にしたい」と思いながらも頑張って作業.
写真のネック取り付け直前まで朝から頑張りましたが、さすがにこれ以上はツライ.
完成は明日に持ち越します.

作る前に最後の姿やサウンドをイメージし、それを最終的に得られるように全てを作り込んで、半年以上も月日が過ぎ、漸く迎えたセットアップ。ホンのちょっとのミスでやり直しの危険性は常にありますから集中疲れは勿論あるでしょうが、ただそれだけじゃない「何か」があるんですよねえ.

会話するのが辛くなる程、何か自分のエネルギーが消費されるというか、持ってかれる感が.
全くもって不思議であります.

その代償が素晴らしいサウンドであると言うのなら、何度でも魂をわけてやりますけどね.


@N さんへ:今回本体価格でのお買い上げですので空ケースをお送り下さいませ。
そのケースにて完成後出荷となります。
またパーツに関してお問い合わせ頂いている(ブロックサドルとRHR)はいっしょにお送りした方が宜しいですか? お返事お待ちしております。

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
August 28, 2012

RetroCity-Hg/P-90W 完成

テーマ:ブログ
8/28 ヨコハマ晴れ 

昨日はI先生のところに整体治療に出かけてバランスを整えて頂いたので今日は身体が軽いです.
身体がガチガチに固まってしまわないように気をつけなくちゃね.

本日はNさんのセットアップに備えてピックアップの設定を行ない、アッセンブリーを組み込める状態まで準備しましたが、なーんとフロント用のエスカッションが切れている事が発覚.慌てて発注.

今日のところは準備までですが、単にパーツを揃えただけではなくて、ピックアップなどは完全に作り込みしております.フロントとリヤーではマグネットのタイプもサイズも異なりますし、ポールピースも4タイプある中から最終サウンドから逆算で選んでフロントとリヤーそれぞれ異なったタイプをセットしてあります.

たまに「掲載されていたギターはP-90Wで、現在所有しているtmpと同じ仕様なので次は別なタイプを試したいと思っています」的な内容のメールを頂いたりしますが、それは考え方がチョイト違うんですね.
例えばヴォーカリストのマイクが同じシュアーで同じだからって他の歌い手と同じ声が出せるわけじゃないでしょ?分かりますよね.それと同じで例えばRetroCityのP-90W仕様とTELESAのP-90W仕様では本体の鳴り設定が全く異なりますので仮に全く同じピックアップをマウントしてあっても傾向こそ近い部分は有りますが印象は明らかに異なります.

特にRetroCityとCCR-312の設定はこれまで製作したロングスケールでプレート・ブリッジ仕様のtmp製とは根本的に異なります.
ロングスケールのTELESAの所有者さんであってもRetroCityとCCR-312を弾かれた事がなければ、その違いはほぼ分からないでしょう.その魅力の差を知らないのと同じです。
ある意味でTELESA完成以後、RetroCityとCCR-312が完成出来た時点でワタシのE・ギターのオリジナル設計は終わったな、と結論したのです.

写真のヒガツラ材の単品製作のRetroCityもこれまでどれ程数多くのギターを弾かれて来られた方であっても、このサウンドは初体験の筈です.なぜなら、こんな設定で、この材種で、E・ギターが製作された事は歴史上無かったからです.誰もが初体験の筈の1本なのです.

ギブソンとフェンダーにしか興味の無い皆さんであってもRetroCityとCCR-312を弾いたら必ず考えを新たにすることでしょう.腕自慢の皆さんは一度体験されてみたらいかが?

定番楽器にしか興味を示さない方が音楽的にどれほど損をしているか、きっと感じて頂けると思いますよ.これまでごく限られた楽器のことしか知らなかったんだなと.

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
August 27, 2012

処分販売品

テーマ:ブログ
8/27 #-2

写真のワーマスのボディにFJ製ネックをセットで処分販売致します.合わせて¥50.000+TAXです.

入手してみたらワタシの嫌いなネックジョイント部裏面がスラント構造のボディ(ハワイアンコア+マホガニーのラミネート)でしたので完成させる気が無くなりました.( ̄へ  ̄

ネックは先日までtmpのリヤー専用ハンバッカーRHRの試奏用のFJ製ストラトに取り付けられていたメイプルネックです.完全なるユーズドネックですが、ペグをテンションバランスを取る為に3、4弦だけポストを低めたタイプに変更してあります.
ボディは未セットアップ品ですが、ネックの仕込み座グリが深過ぎてベストな設定は出来ませんでしたので宛木して深さ変更済みです.小傷はありますが全体的にキレイな個体です.
本来ワーマスにこのボディをオーダーしますと6万程はしますのでその点はお得です.
勿論、tmpとしても完全に赤字です。

後はネックプレートやPUアセンブリーとトレモロを用意してセットアップすればいいだけです.
そこはご自分の責任で頑張ってみて下さいね.あくまで現状お渡し.
@一番申し込みの早かった方に決定です.送料サービスします.





$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
August 27, 2012

最終確認 CCR-312アーチドのNさん

テーマ:ブログ
8/27 まだまだあっついですね~ 
と言いながらもニスの乾燥促進の為に工房内はヒーターかけてるけどね (;^_^A

写真は先ほど最終磨きが終了したNさんのCCR-312のアーチドです.ここまで半年以上も掛かってしまい申し訳ない.m(u_u)m 
もうすぐセットアップですが、ここで恒例の最終確認です.
まずはピックアップ仕様ですが、フロントがtmp製エナメルクライオ・コイルのあえてパワーを抑え気味のメタルカバード/パフタイプで確定、確認させてい頂きたいのがリヤーについてです.

フロント繋がりのメタルカバード/パフタイプが宜しいか、もしくは好評のRHRハンバッカー仕様とするか、です.ボディ本体が分厚いホンジュラスマホの非常にタイトで腰の強いサウンドですから、あえてタイト&ワイルドなRHRにする必要は無いとも言えるのですが、ここはご本人の要望反映とさせて頂きたいと思います.

2点目はいつもの弦の確認です.ピックアップのセレクトのご希望と合わせてご連絡をお待ちしております.

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
August 25, 2012

 セミもガンバレ オレもガンバル

テーマ:ブログ
8/25 ヨコハマ快晴の土曜日

今日はランダムに作業を進めていました.CCR-312アーチドの表面水磨ぎ仕上げが漸く終了.
ネックも同じく終了.来週から研磨仕上げです.

ネックの7フレット辺りにセミがとまってるの分かります? 
これも木だし、て思ったのかな.(^ε^)

単品製作中の初期型CCRのミディアムスケールモデルも下地処理から最初の着色まで進めることが出来ました.ブルースブラウンをサンバースト調で仕上げる為の下地着色です.青茶色を重ねて深みを増して行きます.ムッチャ渋のカラーリングです.お楽しみに.

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
August 24, 2012

次も一品製作

テーマ:ブログ
8/24 ヨコハマ快晴 いや~今日も汗だくでした.いい汗かいた.

写真は塗装の硬化促進の為に日向ボッコ中の個体達です.ヒーターですとけっこう電気代掛かっちゃいますけど、これなら自然の恵みでですからね.

そして旧CCRのバスウッドボディをミディアムスケール・ネック仕様に仕込み部を変更して一品製作する事にしたので木部に直接設定図面を書き込んで、それに沿って生地加工を進めました.

チェンバー加工も少し広めに設けてリアルな335サウンドをノンハウリングでメイク出来るように設定しましたので、仮にフルドライブ・サウンドで335では割れて音ボケしてしまうサウンド・セッティングでもタイトさを失わずに335トーンでドライブ出来ます.

勿論ジャジーでウオームなサウンドもお任せ下さい的な大人のトーンとワイルドさも兼ね備えたスペシャルな1本. MV+MT+LCV トグルSW切り替えのシンプルかつ有効的な回路仕様.少なくとも、バッキッグの音作りでは335を完全に凌ぐ音作りが可能です.コイルタップ仕様をワタシが嫌う理由がこのLCV回路仕様のtmpギターを弾けば即納得頂ける筈です。

最後の初期型CCRボディですからこれで最初で最後のミディアムスケール・バージョンです.
カールトンやR・フォードのファンでしたら最適でしょうね。勿論、本人達に弾かせてあげたいですね。まだこんな魅力的なギターを製作出来るんだ、と驚かす自信はありますよ。
あえてアプローチはしませんけど。(^~^)

ブルースブラウン・サンバーストでまとめるつもりです.今日から予約可です.
予定販売価格¥400.000(税別/本体のみ)

$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
August 23, 2012

かみんぐす〜ん

テーマ:ブログ
8/23 ヨコハマ快晴 まだまだ夏ですね.(* ̄Oノ ̄*) ビーチボーイズはいいなあ

先日、昨日と連続で仕上げたRetroCityもCCR-312も依頼主の方にたいへん喜んで頂けましたので、この流れでどんどん製作して行きます.

写真はCCR-312アーチドの塗装硬化待ちの間に行なっているRetroCity-HK/P90Wのセットアップ.このモデルはヒガツラ材の特性を生かしてローエンドはフューチャーせずに色艶たっぷりのミッドローまでのレンジ設定個体です.ライトウエイトですしね.

エフェクターかましまくってやたらピロピロと速弾きばかりしてるプレイヤーは完全無視してじっくり歌い込むタイプのプレイヤーに特化した個性を備えた個体です.色っぽいサウンドが大得意.
以前に今は亡き C・デュプリーさん本人のモデルを手掛けましたが、このギターはデュプリーさんにも合うでしょうから弾かせたかったですねえ。

試奏希望の方々、来週明けに専用ペグが到着するまで完了出来ませんので、もう暫くお待ち下さいね.販売価格は本体のみ¥410.000(税別)です.
@完成済みでの販売ですが、2分割お支払い可能です.金利負担ゼロ!d(^ ^)o

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
August 22, 2012

終了報告 ヨコハマのIさん

テーマ:ブログ
8/22 早くも8月が終わりに近づいて来ましたね.海を見る事すらしてないのに.(ノ_・。)

写真はセットアップ作業が終了したばかりのIさんのCCR-312-MM/P90Wです.

まあ、こう不景気ですと以前よりもオーダー件数も減って気落ちしがちですが、こうして完成した楽器の音出しチェックを行ないますと、楽器自体のサウンドや存在感に励まされます.

手前味噌ではありますが「この楽器が評価されないとしたら世間がアホや!」くらいの思いですから(^p^) 不景気なんて笑い飛ばします.マスプロダクツ感ゼロ、楽器としての生命感満載合格

しかし、今現在の社会のトラブルや混乱を見てるといかに手を打つのが遅いと手遅れになるかが実によく分かりますね. 
尖閣諸島や竹島、北方領土問題、沖縄の基地問題もそうですが、問題が浮かび上がる前の初期初動段階で手を打たずに後回しをして来たツケが溜まりまくって対処し切れない状況なんだと思います.

もう15年以上も前から音楽系友人や知人にも以前からよく話題にして話して来た事に
「近い将来はパーソナルな音楽製作が主流になるから今のうちに宅録の機材揃えや知識を蓄えておいた方がいいよ」って言うのがありました.早い話、自分で音源製作して直接作品配布出来る体勢を取るべきだ、と言う話です.

実際には「ふ~ん、そうなのかなあ~興味無いんだけど」的な乗り気の無い反応ばかりでしたが実際に世の中がそうなるとスタジオ仕事は激減し収入も途絶えるプレイヤーが続出しました.
今現在も働き盛りのオヤジ達が自宅で仕事も無くゴロゴロしている、そんな悲しい実情を見ると自己完結出来る実力を常に備えておく事の大切さを感じざるを得ません.
これまでサボってたつけが回っているんです.

それにそんな彼らに「ねっ?前に話してたとーりになったでしょ?」とは言いたく無いものです.

先ほどの政治の話もそうですが、政治だけでなく人が生きるには戦略的でなくてはいけないんですよ、そもそもが。時代は常に変化するんですから。

それから、ライブハウスで演奏する際にもハウスの据え置きアンプがヒドイんで今日はいい音出せませんでした、なんて言い訳でしか無いです。どんな場所でもアイツはいつもいい音出すねって言われる様に準備すべきです。だってその日出した音を聴いてプレイヤーはミュージシャンとしての評価をされてるんですから。ワタシなんか音がひどいと数曲聴いて帰りますもん。

とにかくアーティストは基本、ギャラが出ようが出まいが作品を作り続け自ら発表の場を設けて世間の評価を受けるのがそもそも当たり前です.誰かが仕事を回してくれる時代はとっくに終わったのです.自ら需要を作り出さなくてはいけないと思いますね。

かく言うワタシも、もし能書きばかり足れて楽器を1本も形にしていなかったら誰がワタシの言う事を信用しますか? そうでしょ? アーティストは作品を世に出してナンボのもんです.

そして既にこの世はYouTubeの時代です.自らプロモーションビデオ製作して配信して自己完結でアプローチすべき時代です.ワタシは実に便利な時代だと思いますけどね.
世界デビュー可能な時代なんですから.
とは言っても、よく見受けられる誰かがライブ録画した切り抜き的な投稿映像ではなくて、自分はこう言うアーティストなんだと聴視者に伝わる内容のプロモーションビデオを自ら用意出来るか否か、現代のアーティストにはそれが条件として突きつけられているのです.

作品を発表しない、出来ない、アーティストはその結果その存在を失うのです.

今ワタシもtmpのギターやベース、ヴァイオリンなどの動画制作をしたくて資金繰りしています.
以前からの企画ですから構成も既にアタマの中にあります。
最高レベルの楽器はここ日本にある、と楽器自らに語らせる為です.
それがtmpの戦略でもあります。

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
August 21, 2012

経過報告

テーマ:ブログ
8/21 ヨコハマ快晴 今日も暑い1日でした.

最後にトップコートを追加したCCR-312アーチドはヒーターで硬化促進中.
もう暑いのなんのって・・(><;) 
作業場よりも34度の外の方が風がある分涼しく感じたりします.

熱中症に気をつけて下さいね、とメールをよく頂戴しますが、大丈夫.1日2リットルくらい水分補給してますからね.塩分もね.

明日完成予定のIさんのCCR-312のセットアップも順調に進んでいます.

ヒガツラ材で製作しているブルースブラウン・カラーのRetroCityもセットアップ可能なところまで来ています.実にしぶ~いルックス. なぜか試奏希望者が多いです.

$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /