1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
December 30, 2011

お楽しみタイム

テーマ:ブログ
12/30 いつもの業務報告中心のブログではありませーん.

来年から以前に始めて一旦休止していたヴァイオリン関係の作業を再開させる予定で居るもんですから、仕事納め後はこうして楽しみながらあらためてヴァイオリンと向き合い直しています.

この年になっても技術屋は成長が可能ですからギター中心の日常であっても以前に比べたらずっと身体ごとヴァイオリンの製作やチューンナップのスキルも上がっていることを感じます.

先日チューンし直したワタクシ1作目の手作りヴァイオリンも高額なヴァイオリンで日常演奏されている演奏家の方からの評価が予想以上に高くて 何だか「ホントすか?」みたいな鳩豆状態.

ギター族の皆さんの認識は薄いとは思いますが、クラッシックの演奏家さん達は幼少の頃から楽器を手にしてフレットレスの楽器を身体の成長と共にマスターし、中級レベルの楽器でも数百万もする楽器に投資し、その上で演奏家として熾烈な競争を勝ち抜かない事には飯が喰えない環境で過ごされています.

日頃ワタクシ度々申して来ましたが、皆さんギター族の方々はそれに比べたらホント恵まれてるというか、リスクが少なくて演奏を楽しめているのでございますよ.仮にヴィンテージギターが良いとして、それを入手したい場合、高くても殆どが百万~数百万でしょ.

でもヴァイオリン族の方々は本当に欲しいのは数千万~億の値段がする楽器なんですよ.

数千万~億もする楽器といっても、その値段を付けているのは演奏家じゃなくて、あくまで売り手側の業者ですからね.何億で売れたって製作家が儲かる訳じゃありませんし、名だたる製作家はとっくにあの世に往っちゃってますもん.ひたすら儲けてるのはバイヤーなどの業者さんだけ.

そこでマツシタが感じていること:
そんな超高額な楽器と言っても、元は木で作られたものなんですから構造設計と作りさえ良けりゃ数千万の楽器にだって負けないものだって作れる筈です.
ワタクシにはこれまで研究し続けて来た設計ノウハウと燻煙処理の技術がありますからね.

若き才能あるアーティストが鳴らない楽器で苦労しているのなら、ずっと安価な楽器で素晴らしい音色を奏でる楽器を用意してあげたいとオジサンは思うのであります.
まあ、ストラディバリとかガルネリとか買える人はそれでいいじゃないすか.ワタクシは買えない人に良い楽器を提供出来ればいいと思うだけですから.

それを目標にもう一度ヴァイオリンの作業にチャレンジしてみます.既にヴァイオリンと言う楽器の設定が本来どうあるべきか、tmpスタイルとして掴めて来ましたので、後は実際に作ったりチューンするだけです.以前は戸惑う部分が有りつつの手探り状態でしたが今は何かふっきれた次元に入った様に思えます.それが今回の好評価にも繋がっている様に思えます.

そんな訳で、新年からは古典楽器製作家さん達が持ち合わせていないワタクシ独自のノウハウを導入したオリジナル設定の鳴りまくりヴァイオリンの製作に再チャレンジです.(^O^)」ギターも作るよ.




$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 28, 2011

仕事納め

テーマ:ブログ
12/28 いや~今年最後の仕事は快晴に恵まれました.清々しい.
今年最後の仕事はHさんオーダー分の55B-4/TJのコーティングでした.順調です.

こうして皆さんのお陰で本年も無事に仕事を納める事が出来ました.
誠にありがとうございました.m(_ _ )m

激動の年と言っても過言ではない1年だった様に思います.でもそれも歩む道すがらの出来事だったんでしょう.全てを受け止め、なおも前に進む、これしか無いです.

来年はこれまでの世の中のシステムや流れが大きく変動する、変化が変化を呼ぶ1年だと予測しています.
拘りを捨て変化を恐れずによりより日々を目指して来年一年も頑張りたいと思っております.

ワタクシに残された製作家としての人生も終盤に差し掛かって来ているのは事実ですからワタクシ自身や我が家族、ワタクシを応援して下さった方々に決して恥をかかせる事が無い生き様や仕事をして行きたいと思っています.
そしてこのニッポンの為にも日本人が誇りに思える真のオリジナル楽器を1本でも多く残して行きたいです.
それが製作家としてのワタクシの夢です. また来年お会いしましょう.

皆さん、良いお年をお迎え下さい.虹

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 26, 2011

もういいかな

テーマ:ブログ
12/26 ヨコハマ快晴 寒いけどね.

写真は本日完成したばかりのRetro City-P90Wです.まだ組み上げたばかりですから寝ぼけてますが、3週間くらいでお目覚め予定.でも既に狙ったサウンド通りの魅力的な楽器に仕上っています.

レトロな雰囲気漂わせてはいますが中身は最新仕様ですし.バッキングもソロもギタリストの本能に応えるトーンと鳴りを備えています.タイトなんだけど倍音たっぷりで分厚く太いサウンドです.

このギターを誕生させて良かった、今そう思っています.もう新しい楽器は作らなくていいかな.
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 25, 2011

準備

テーマ:ブログ
12/25 良く晴れ渡ったクリスマスのヨコハマです.ニッポンは平和でいいですな~

写真はネックの仕込み変更を終えて組み上げ直した、6年程前にワタクシが生まれて初めて作ったヴァイオリンと明後日の試奏に合わせてセットアップを進めているRetro Cityの試作品.
Retro Cityは明日完成させます.
どちらもワタクシという人間が居なくては生まれて来なかった筈の楽器ですから作った者には責任がありますね.

このヴァイオリンはエントリーレベルの素材で作り上げたものですが、音響的にこうあるべきだろうと考えてベースとなっているストラディバリの設計にアレンジを加え、更に限界までトップ厚を削った上で燻煙処理を行ない完成させたものです.
本当ならば張力に耐え切れず歪み壊れてしまってもおかしく無い材厚しかないのですが、現実にちゃんと耐え切っています.このヴァイオリンは後日某プロのヴァイオリニストに弾いて頂いて意見を伺う予定です.

とは言え、つい先日指板をニカワ接着してニス塗り修正し直したばかりですから、本来そんな状態で弾かせちゃうのはマズイと言えばマズイのですが、不利な条件であってもデータはデータですからね.

こうしてギターであれヴァイオリンであれ、ワタクシが重ねた試行錯誤や苦労は全て今後の作業に生かされて行く訳です.だったらどんな苦渋も舐めてやろーじゃないのって.(^O^)

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 24, 2011

個別報告 品川のIさん

テーマ:ブログ
12/24 ヨコハマ快晴のクリスマス.工具の買い出しに出かけたら街中クルマだらけ.

写真はIさんご依頼のリッケンベースのチューンナップ.本日無事に終了.
光触媒燻煙処理、ブリッジ設定変更、クライオフラットケーブルにて配線引き直し及びシールド処理.フレットファイリングなどが作業内容で、今回のベーシックチューン/合計工賃は12万ジャストでした.

リッケンベースはヘッドに僅かな角度が付いたアングルヘッド構造ですが、オリジナルのままでは設定上鳴りがあまりにゆるいので、今回はヘッドのアングル設定とペグロケーションをオリジナルのまま手を付け無い事を前提とした鳴り変更作業を致しております.
たぶんこの条件下でリッケンベースに与えるべき設定としてはこれがベストでしょう.事実、これほどタイトでラウドにカッコいいサウンドで鳴るリッケンベースにはこれまで一度も出会えた事が無いです.

このリッケンを弾けば、いかにリッケンベースが個性的かつ魅力的なベースの素養を備えているかが体感出来るでしょう.既にリッケンベースの所有者の方やこれから入手をお考えの方には今回のベーシックチューンは見た目を変えずにリッケンの魅力を引き出す手段として非常に意味深いと思います.お進め致します.

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 23, 2011

終了報告&

テーマ:ブログ
12/23 ヨコハマ薄暗くて寒いです.サンタにヒートテック贈っておこうか?雪

ギタリストのSさん、たいへんお待たせ致しました.CCR-312が本日完成致しました.
ガーン今日の写真は失敗だな~
さすがにまだ寝ぼけてます.ブリッジ下のアマゾンローズの埋木とトップ材がまだひとつの音に馴染んでいませんから暫く弾き込まないといけませんね.バックのライトアッシュ材のホロウ内部の箱鳴りも音に張り出るのに少し時間が掛かると思われます.3週間程してから音がもっと立体的に前に出て来る筈ですのでお楽しみに.
お受け取りに関してご連絡をお待ちしております.

もう1枚の写真は55B-4/TJ で本日下地のシルバーに着色を行ないました.曇り空なので写真の写りが良く無いですねえ.実物はもっとダークで渋くカッコよろしいですよ.

しっかし、寒いですね~ 身体の動き易さを考えるとあまり厚着は出来ないので外作業はかなり堪えます.
明日からRetro City試作品のセットアップに移行します.来週試奏希望の方がいらっしゃる予定なので間に合わせなくちゃね.サンタの手も借りたい感じ.(^ ^)



$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 22, 2011

個別報告 3件

テーマ:ブログ
12/22 ヨコハマ曇りのち晴れ けっこう寒~いです.

写真は品川のIさんのリッケンベースのチューンナップ.
燻煙処理とブリッジ設定変更で写真でお分かりの通りブリッジをボディに埋め込み処理しております.リッケンはヘッドもネックもボディも全てフラット構成の楽器で、その具合も徹底したフラット構成なんです.
ヘッド部だけならまだしもブリッジ部でも弦の固持角設定が非常に浅くフラットに延びているので音の分離が悪いのです.そこでブリッジ本体形状サイズで2.5ミリ段差加工して(写真で白く映っている部分)、その下げた分、上に位置するブリッジからボールエンドに傾斜が生まれます.その結果、ブリッジを下方向に押し下げる力が生じて音が分離し易くなるのです.楽器の設計は物理ですから.

加工は正確なブリッジ形状で段差加工して埋め込みますので見た目には分からない様に仕上がります.この後、このままの状態で光触媒燻煙処理に入っています.今夜の12時終了予定。

次はオーダー製作の55B-4/TJで恵比寿のHさん分.指定カラーのダーク・レイクプラッシッドブルーにする為に、まずは下地をメタリックシルバーで着色します.写真がそれ
この塗膜が硬化後、少しずつダークブルーを重ねて狙った色合いに仕上げて行きます.お楽しみに.

最後はもうすぐ完成させなくちゃいけないCCR-312でギタリスト・Sさんオーダー品.
この個体はトップがクリスマスツリーですので針葉樹には直接チューンOブリッジのスクリューは立てられませんから丁度フルアコのブリッジ台座の様にトップにアマゾンローズウッドを埋め込んで、そこにブリッジスクリューを打ち込む形で設定されています.こうすることでトップにブリッジ台座を乗っけてブリッジを立てなくとも直接独立出来ます。たぶんギター史上でも初めての試みだと思います.
狙い通りブリッジはビクともせずに立っています.創意工夫これが肝心。

明日から皆さんは連休なのかな? うらやましい.職人は良い仕事してナンボですからクリスマスも休まず頑張ります.



$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 21, 2011

完了報告 品川のIさん

テーマ:ブログ
12/21 ヨコハマ晴れ.朝晩の冷え込みがキツくなって来ましたねえ.夏男としては冬眠したい気分.モグラ

 写真はチューンナップ作業が終了した品川のIさんのエピフォンのTEXAN.俗にいうオールド.
今回は光触媒燻煙処理とブリッジ台座段差加工、ボールエンド・ディープ変更、LRバグスPU(タカミネバージョン)取り付け、ナット&サドル調整などです.今回はペグロケーション変更は行っておりませんが、出来れば全体を10ミリ程ナットに近づける作業を行えば元々のデッド気味のトーン鳴りによりバランスしたライブトーンを加える事が可能です.
ちなみに、タカミネOEM仕様のこの外付けピックアップはLRバグス製で中身が同じ仕様との事でしたがワタクシの所感では若干アレンジされているように感じます.でもいいピックアップです.

恵比寿のHさんオーダー分の55B-4/TJ はカラーリングが決まりましたので本日下地コーティングを完了させました.この下地塗膜硬化後に表面研磨してオーダーカラーのダーク・レクプラッシッドブルーに着色します.生地状態での光触媒燻煙処理の効果で既にタップしますと、スコーンッ!って響いてます.
もう成功したも同然の響きです.Hさん、今後をお楽しみに.

最後は心臓に悪い艶だし研磨が終了したギターのSさんオーダーのCCR-312です.いや~何度やってもこの作業は気疲れしますねえ、量産品みたいにポリ塗装だったらどれだけ楽な事か・・寿命が縮む ( ̄_ ̄ i)
明日からセットアップです.何とかクリスマスに間に合いそうです.
サンタに集荷の電話入れとかなくちゃ クリスマスツリー

$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 20, 2011

個別報告 品川の I さん

テーマ:ブログ
12/20 ヨコハマ快晴

本日はギタリスト・SさんオーダーのCCR-312の艶だし研磨作業がメイン予定でしたが、ど~も連日の燻煙処理の疲れからか、今日はやらない方が良さそうだな、と判断を致しまして明日に変更.

比較的ゆとりで作業出来るモノだけを行ないました.写真のストラトネックもスロープヘッドの設定試験で貢献してくれたものを正規の仕様に作り替えている最中のショットで、今日はトップにつき板を貼って見た目も小キレイに仕上げてあげました.後はペグロケーションもSH設定用に加工し、その次が塗装の仕上げになります.皆さんは「そんな継ぎ接ぎだらけのネックなんて」って思われるかも知れませんが、ちゃ~んと作業してあげれば1ピースネックより変形が少ない安定したネックが作れます.
逆に1Pネックは基本的に素材の性質がモロに出ますから捩じれるやつは捩じれますし、反りだって出易いので.しっかり乾燥させ精度を高めて時間をかけて加工したモノしか1Pの良さは出ないですね.
ですからローコストの1P・ネックはよく暴れるんです.

もう1枚はエピフォンのアコギをブリッジ段差加工と内部につき板を貼りボールエンド位置を修正した上でLRバグスのピックアップをマウントしますので弦にグランドアースが落ちる様にしたtmp独自の設定に作り替えの中のショットです.本来フラットトップのアコースティック・ギターのブリッジ構造はこう有るべきだ、と言うのがワタクシの結論です.
*以前は段差加工のみでしたがベストはボールエンド位置修正を含めた加工です.
これでこれ以上トップの変形は起こらなくなりますし弦高が低めに設定可能となる上にサウンドはタイトでベンド感もストローク感も向上します.

このtmp設定への変更を皆さんにオススメしても「マーティンやギブソンはそうなって無いし」って思われて敬遠される方が多いかも知れませんね.実に日本人らしい.
でもそうなってないからこそトップの変形が未だに解消出来ないのですよ.それに弦高を低めに設定するとやたら線が細くなって音抜けしなくなるし.

それを解消する為には設定を変えなくちゃ解消出来ないんです.変化させなくては結果は変わらないという事です.まあ日本人の場合、著名人や周囲の皆が取り入れないと広まらないのは分かってますけどね.
周りなんて気にしててもシアワセにはなれないですよ~(^O^)


$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
December 19, 2011

個別報告 2件

テーマ:ブログ
12/19 ヨコハマ晴れ

写真は下地処理を進行させている恵比寿のHさんの55B-4 とトップコートを重ねているCCR-312です.

室内ではセットアップ前作業中のカスタム品2本が逆さつり中.ギタリスト・SさんのCCR-312は表面研磨でマッド状態.明日から艶だし研磨予定.NさんのTELESAの方はリヤーハムを現在開発中のロングスケール/リヤー専用のハムが完成したらセットアップ・マウントする段取りになっています.

奥のヴァオリンは6年程前にストラディバリの図面を参考に初めて製作した1本.図面通りのネックの仕込み角にどうも納得がいかず、角度変更して作り替えています.ついでに今回から採用している光触媒燻煙処理にかけ直して仕上げてみるつもりです.

先週は連日燻煙処理を行なっていましたので疲労が溜まって来ましたが、この時期は頑張り抜くしかないでしょうね.皆さんも何かと気忙しい事でしょう.体調に気を遣いながらやり抜きましょう.

来年はあらゆる仕組みが変化する年だと思います。
変化を恐れずに より良い自分、家族、組織、世の仕組み/システム、そして何よりも人としての生き方も再構築して行く事になるんでしょう。とても大きな節目の年となると予測しています。
特に行き詰まってると感じてる方は、何よりもまず、自分改革でしょうね。今のニッポンも正にソレ。
状況が悪いから自分が行き詰まってるんじゃなくて、自分が変わらないから状況が変わらないんですから。
行き詰まるのは自分が変わらなくちゃ行けないサインだと思ってワタクシは生きてます。
メラメラ


$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /