1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
October 31, 2011

経過報告 2件

テーマ:ブログ
10/31 ヨコハマ快晴。10月も最後の1日ですね。

写真は今週は晴れが続くとの予報ですので塗装工程を積極的に進める予定のカスタム製作品達。

CCR-312はギターのSさん、TELESAはNさんのオーダー分。共にバック材がライトアッシュですので目止めに時間が掛かります。生地のアッシュ材の導管が深いのでなかなか下地表面が埋まらないのです。まあ、じっくり仕上げます。
今回のこの2本のカスタムオーダー品も完全に最終的な落し所を決め込んでズバッとそこに落とし込む様に製作しておりますので日に日に楽器らしいオーラ(それをオーラと呼ぶべきものなのかは分かりませんが)が増して来ていますね。
不思議なもので、単に製品化された製造品にはこうした内側から沸き上がって来る様なオーラはまず感じられませんものね。
まあ、楽器屋さんに並んでいる楽器達はあくまで普及品として完結してますからそれでも良いのです。

真ん中のRetoro Cityは優先的に処理を進めた結果、本日で中塗りコーティングまで終了しています。このモデルも年内にtmpを訪れたプレイヤーさん達に是非とも体感して頂きたいので頑張って仕上げています。

どんなに優れたプレイヤーであっても楽器そのものを製作出来る方はおりませんので、そこは製作家の手腕に架かって来ます。
だってそうでしょ?ストラトと言うギターが無かったら、レスポールと言うギターが無かったら、ジャズベ、プレベと言うベースが無かったら生まれては来なかった名演奏が過去に沢山もあるでしょ。そうした定番楽器の存在があったからこそプレイヤーとして名を馳せることが出来た人々が沢山居る訳ですからね。

では過去の定番楽器達だけで現代の音楽にとって本当に充分な楽器なのか?
それをずっと考え思い続けて来ました。到底充分とは言えない、どう何度考えてもそう感じ続けて来ました。そして奏者側のプレイヤー達には別な魅力溢れる音楽性を備えた楽器を具体的に想像は出来ないものです。
稀に演奏家自体が製造に関わって誕生したプライベート的な楽器も存在しますが、それらは非常に個人的な色合いが強い楽器に成りがちなものです。だって奏者自らが満足する、しない、が判断基準で製作された物ですからね。
余程の音楽性と奏者としての力量を備えた方が本格的に数十年製作を学んでニュートラルな感性を元に製作しない限りは完成度の高い楽器製作はまず無理でしょう。ちょっと製作をかじった程度では自我の固まり的な偏った楽器になっちゃうでしょうね。

更に言えば、ギターもベースも成功したメーカーはフェンダー社以外には無いと言っていいでしょう。でもそのフェンダー社であっても5弦ベースではどうか? 評価が高く成功したと言えるか?
過去多くの場合がギターだけ、ベースだけは成功したといったケースです。言ってみれば、そのくらいギターもベースも共に高い評価を得るのは困難な事だと言えるでしょうね。

それが分かっているのでワタクシはギターだけでなく弦楽器製作全般をマスターすることを自分に課して来たと言えます。「木を見て森を観ず」ってことわざがありますが、音楽という深く広いステージで部分的な追求だけでは本当に奏者の役に立てる楽器製作家にはなれません。
自分は音楽の為に存在する製作家でありたい、そう今も思っています。軽々しく自然の産物を浪費するのは絶対に嫌ですしね。

たぶんそうした製作者の姿勢は作った楽器に現れるものだと思います。それは演奏者である皆さん自身で確かめ判断して下さい。

$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
October 29, 2011

経過報告 東池袋のNさん

テーマ:ブログ
10/28 最後の土曜日は晴れ。今日は月末の経理処理と接客もあっての上での作業でした。

本日はNさんのTELESAのボディ生地加工全てを終了させました。写真
実際に取り付けるペアネックをセットしての各設定出しを行なって関連加工すべてを行ないました。ここまで順調です。来週から下地処理に移行してまいります。Nさん、お楽しみに。

昨日iPhoneのバージョンアップを行ないましたら途中でトラブルが発生したみたいで住所録が全て消えていました。(>_<) おいおい頼むよ・・ データがスッカラカンですわ。

そんな訳でワタクシの友人知人の皆さん、ワタクシのスマホにデータ送ってやって下さいな。m(u_u)m




$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
October 28, 2011

たぶん ひと揺れ来そうです。

テーマ:ブログ
10/28 今日も秋晴れ。気分上々。

写真はギタリスト・Sさんのオーダー分のCCR-312/S+LA-WHで本日生地加工全て終了して塗装の下地作りまで進んでいます。ここまで順調です。

Retro City-P-90W は試作品ですのでサクサク進めて本日着色まで一気に終了しています。
カラーは写真では正確な色合いが出ていませんが、実際はベージュ・メタリックです。その名の如くレトロな雰囲気で仕上げて行きます。

明日は池袋のNさんのTeresaの生地加工を終了まで進めます。その他ではストラトのセットアップが2本近日完成予定で進めます。皆さんお楽しみに。

ちなみに、久々に地震雲らしい雲が出てましたので、チョイ揺れ来そうです。茨城沖とか、あの周辺かな?



$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
October 27, 2011

経過報告 大阪のKさん

テーマ:ブログ
10/27 本日も快晴。作業がし易いです。

写真は大阪のKさんのチューンナップ・ストラト。本日の作業でボディ部分は完了。後はネックの塗装硬化待ちで次のセットアップ工程へと進みます。
ちなみに、塗膜ファイリングの後に艶だし研磨作業を行なっていますので、ちょっと見には新しい楽器に見えちゃいますね。

その他、数名の方の作業も平行して行なっています。順繰りにアップして経過報告を致して行きますのでお楽しみに。

ところで現在、内閣ではTPPへの参加不参加で連日協議がなされている様子ですが、多岐に渡る項目での協定でありますからニッポンの参加はあらゆる分野でアメリカの貿易赤字解消のステージにされることは明確ですから、勿論一部では関税撤廃により歓迎される分野だって当然あるでしょうけど国益トータルで捉えた場合、加盟した後にはより不安定な国内経済状況になることが予想されます。
参加する意思を持つ内閣であると言うのなら、まずその選択根拠を明確に示して欲しいと思いますね。

こうしたことが起こる度に、メーカーでの楽器設計会議の席を思い出しますね。
色んな方が色んな意見を言う、でもその先の読みが明確には示せていない。なのに生産に向けて淡々と話は進んで行く。
それを見ながらワタクシは「この設計には、この楽器が音楽に受け入れられるだけの存在意図が見えない」と一人思うだけで口は挟めない。なぜならメーカーでの製造会議とは楽器製造プランではなく、あくまで製品製造プランだからだ。
「音楽的に見てその存在価値を設計上どう与えるか」そんな意見をやり取りする為に自分はここに居る筈なのに、意見を言ってもその話は宙に浮いてしまい、会議室の片隅で漂っているだけになる。
そうした次元差は、まるでずっと隣り合った川の流れの様にいつまでたっても決して交わる事はない。

TPPに関するTV・ニュースを観ていて、ふとそんな事を思い出しました。


$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
October 26, 2011

秋晴れ

テーマ:ブログ
10/26 ヨコハマ秋晴れ。清々しい1日でしたね。

本日は様々な方の塗装作業を行ないました。
試作のMetroCity-P-90Wも一気に生地加工を済ませ下地処理まで進めています。冬らしい季節には気温が低過ぎて屋外では塗装が出来なくなりますのでゆとりを持って早め早めの作業で対応します。

実は現在燻煙処理に使用する燃焼材が底をついてしまったのでオーダーを掛けているのですが、製造元が震災の被災地に工場があって工場全てが津波で流されてしまったそうで、燃焼材がいつ上がって来るかが分からない状況なのです。
燻煙処理に際するデータ全てが、そこの燃焼材を使う事を前提で成り立っていますので類似品は販売されてはいますが出来れば同じモノを使いたいので入庫を待っているんです。

相変わらず自分の工場があればなあ~と日頃思いを抱いているワタクシですが、中古マンションが購入出来る程度の金額が必要ですので、残された製作年月を考えると無理な借金はしない方が賢明と判断はしています。
仮に借り入れが出来たとしても無理な買い物をした場合、必ず様々なトラブルに見舞われるのが人の世ですからね。それで取り返しのつかない失敗をした方が世の中には恐ろしい程沢山居ます。
皆さんも気をつけましょうね。

自分の器を知った上で人生を歩まないと踏み外す羽目になるのが人間と言う生き物ですからね。

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
October 25, 2011

緊急で処分されたいそうです。

テーマ:ブログ
10/25 tmpファンのユーザーさんで、ご事情により写真のtmpストラトとチューン済みのヒスコレ・LPを処分されたい方から告知依頼が参りましたのでご紹介致します。

いつもながら、tmpは紹介するのみでお取引にはいっさい関知致しません。
興味の有る方はメールを下されば先方のアドレスをお伝え致します。


$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
October 25, 2011

経過報告 大阪のKさん その他

テーマ:ブログ
10/25 ヨコハマ快晴。なんでも明日から冷え込むそうです。今日は塗装チャンス・デイ。

やはりツアー持ち出しの多いRKさんの55B-5/TJはトップコートを追加しました。安心して持ち出して欲しいですしね。塗膜硬化次第仕上げます。

ストラトは大阪のKさん分。先日まではネック仕込み設定変更とボディ全体の塗膜落としまで。
本日ピックガード製作とリヤーにハム用のキャビティ加工を済ませました。ちょいと実際にピックアップを乗っけてみました。相変わらず塗膜は艶無しのままですが、これで完成時のイメージは伝わると思います。Kさんいかが?

もう1枚はRetroCity-P90Wのボディを実際に削りだしてみました。上質なバスウッド材です。
まだエルボーカットとバックのコンター加工は済ませてません。少しずつ完成させて行きます。
ちなみにジャズマス系のルックスですが設定自体はまるっきり別物です。
例えば、この個体はP-90W設定ですが、完成時のサウンドで従来のギターの中で最もニュアンスの近いのは50’SレスポールのP-90仕様です。ジャズマスよりずっと音圧が有りますし、実際ジャズマスよりも重量も重く、それなりにズッシリ来ます。ボディ厚が3ミリ程厚いですからね。
このモデルにもローカット回路を備えておりますので原音自体は太い鳴りを示す様に設定し、その太さ加減をLCVで可変出来ますのでシンプルな構成ですが表現力は多彩です。

CCR-312の解説でも述べましたが、古典的なルックスではあっても内容は従来にない設定ですから、その意味でも皆さんが経験した事の無い新しい反応特製を備えた楽器です。類い稀なレスポンスとバランス、そして深いベンドフィールを備えながら多彩なカッティング・ニュアンスとギブソン系の楽器に劣らない重厚感も兼ね備えています。涼し~い顔してね。 このギターもなめたらアカンです。(^ε^)

ある意味ではこの楽器が最もマツシタらしい設計の楽器なのかも知れません。
昔から在る様な顔していながら実は最も新しい表現力を備えた楽器です。

$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
October 24, 2011

個別報告 佐賀のOさん ベーシストRKさん

テーマ:ブログ
10/24 早いもので10月も残すところ1週間ですか。
今日は気温が上がりましたが湿度が高めでしたので塗装が行なえませんでした。

写真のカスタム・ストラトは佐賀のOさんの元に嫁ぐ事となりましたのでセットアップを進めています。
Oさん、お楽しみにお待ち下さい。

55B-5/TJ はベーシストRKさんオーダー分で無事に水研ぎ研磨が終了したところですが、ツアーの多いKさんの場合、もうひと膜だけ塗膜を追加した方がいい様な気がしてます。
オールラッカーの薄膜仕様ですのでダメージを受ける事が多いツアー持ち出しを考えると少し気掛かりですね。先日トリプル・J仕様のプレベもツアー持ち出しでボディにダメージを受けて戻って来ましたしね。
気になるって場合はやるべきと判断して、もうひと膜ラッカーコーティングしようと思っています。

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
October 23, 2011

お待ちの皆さんゴメンなさい

テーマ:ブログ
10/23 ヨコハマ晴れ。

今日は日曜日です。実はここ数日、全ての予定を変更して新しいモデルの設計に掛かりっきりでした。

少しだけ前回お話ししたニューモデルなんですが、ワタクシの様に設計開発が本職の人間は一旦製作すべき楽器のイメージがアタマの中で出来上がると、困った事に勝手にそれが頭の中で鳴り出すんです。
勿論他の同業者の方も同じなのかは知りませんよ。あくまでワタクシの場合です。

今時は昔からのようにミュージシャン達が圧倒的な定番的なギターであるストラトに拘らなくなっている様に感じ続けておりました。
現にストラトメインの大御所プレイヤー達もモニター楽器がレースセンサー仕様だったりして、サウンドも以前よりかなりブーミーであり、昔ながらの純粋なストラト・サウンドでプレイする姿も見受けられなくなったりしていることもギターファンにも影響しているかもしれません。
モニタープレイヤーの場合、与えられたストラトをメインにプレイしなくてはモニターの役目は果たせませんから本当はより太いハンバッカー・サウンドでプレイしたい場合でも、そうそう簡単にギブソンに持ち替えて、って訳にはいきませんから結果的にブースト可能なストラトを弾く様になったりするわけです。

でも基本的には楽器本体が相当しっかりっした設計と作りをしていない限り、フォーカスの甘い(鳴りのクオリティーが高く無い)楽器をブーストしますと、密度が薄まりますからボケてブーミーなサウンドになってしまい、結果的に音が粗いのでいつの間にかプレイも粗くなって行ったりするものです。

そうした見解を持ちながら、では現代のギタリスト達に新たにどんな楽器を用意してあげたらいいのか、その事を最近ずっと考えていたのです。そうなるとワタクシの技術屋の性(さが)みたいなものが覚醒して来て、いろんな設定が頭の中を巡り出して夜あまり眠れなくなるんですね。この数日間が正にそうでした。真夜中だろうが頭の中に図面が浮かんで音が出だすんです。まあ病気みたいなもんですね。

そう言っても皆さんは信じてくれないかもしれませんが、長年試作を相当本数手掛けて来たので頭の中で図面を起こした時点で、その状態での鳴り方で音が出て来るんですね。ある種、気味悪いですよ。
で、更にこの状態からここをこうした場合・・って設定をアタマの中で変更すると頭の中で鳴ってる音もちゃ~と変化するんです。勿論、実際に形にした場合その通りの音が出ます。そこがスゴイと自分でも感心しきり。
これは全てこれまでにあらゆる設定検証を淡々と行なって来た経験から出来る様になった事なんですが、要するに問題なのは結論が出るまでそれがずっと頭の中で続くんです。

言ってみれば、妊娠した女性と同じですね。出産するまでは普通の状態に戻れないのです。

で、今回も数日前からプランが具体化して来た為に妊娠状態に入って、昨晩も深夜まで図面引きの繰り返しで睡眠不足。外出予定が入っていた日曜の今日も結局、それを取りやめて朝から設計に集中していました。その結果が写真の基本設定が決まったラフデザインでの確認作業。
ここに至までに基本設定を決めてから細部図面を起こし、次にデザイン処理のテンプレートを何パターンも起こしてはボツにしての繰り返し。最終的に納得した一点だけを採用しています。

これで狙ったサウンドは間違いなく出せるしルックスもイメージ通り。全てに納得出来た時点でやっと解放されます。まあ、出産が終わったワケですね。

その為にその間、本来やらなくてはいけない皆さんから依頼を受けた作業全てがストップしておりました。本当にゴメンなさいです。m(u_u)m 

新しいギターのプロトは年内に完成させます。 名前はRetroCity/レトロシティと名付けました。

見た目はジャズマス系のギターですが形状は完全なるフリーハンド・デザインのオリジナルで、スケールはギブソンと同じ設定のミディアムスケールCF設定でブリッジはCOM+TP仕様。勿論スロープヘッド構造。ピックアップはP-90Wかツインハムの2タイプからセレクト。メイン設定はP-90Wです。
カッタウェイ上にトグルSWを設け、MV+LCV+MTの回路でサイドジャック仕様です。

多分ですが、今度こそマツシタ最後の設計モデルとなりそうです。ニッポンのギター弾きに対する最後のプレゼントだと思って下さいまし。




$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
October 21, 2011

経過報告 ベーシストRKさん

テーマ:ブログ
10/21 ヨコハマ小雨が降っています。あと数日降り続けるらしいです。

水研ぎ研磨の途中ですが、ベーシスト・RK氏の55B-5TB/TJのピックガードを本日作製。研磨途中のボディにちょいと乗っけてみたショットがコレ。RKさん、どうです? 
ボディに艶が出てないから分かんない、って? はいはい近々仕上げますからね。

もう1枚のショットは在庫の55B-4/SS-JJ ボディが針葉樹材で古典楽器のトップ材と同質ですから非常にナチュラルな楽器らしい響きがします。本来で言うならアルダーとかアッシュ材の方が楽器用材としては特殊材なのですが、一般的にはそれらの材の方がオーソドックスな扱いをされています。
でもチェロやコンバスもトップのスプルース材の響きが大昔からの定番トーンですからね。
まあ、安価なエレキの世界では上質な針葉樹材を単板で使用するなんて手間ひまも材コストも掛かりますから出来ないんですね。

ともかく、このベース派手さは無いですがじっくり弦楽器らしいサウンドを味わいながらプレイしたいベーシストにはお勧めです。
ちなみにスロープヘッド仕様の4弦ベースは後4本のみで製作自体を終了します。
その後はオーダーの集まり具合を見てネックをロット製作するかどうか判断します。その場合、最低でも10本程はオーダーが溜まらない限りは製作出来ません。現状ではあと4本でtmpの4弦ベース・ネックの半加工在庫は無くなり、そのまま製作打ち止めとしますのでご了承下さいませ。

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /