共産党は13日から4日間の日程で、静岡県熱海市で第25回党大会を開く。最終日の16日に志位和夫委員長の続投を柱とした党幹部会人事を決定する方針。また、夏の参院選で6議席以上の絶対確保を目指すとした大会決議案を採択する。
 党大会は2006年1月以来4年ぶり。志位氏は00年11月に委員長に就任した。続投が決まれば4期目となる。書記局長には市田忠義氏が留任する方向だ。
 また、中央委員会人事では、准中央委員に若手や女性を積極的に登用するなど「若返り」を図る見通し。前回党大会で議長を退任し、現在、党中央委員と社会科学研究所長を務める不破哲三氏の去就も焦点だ。 

「けんかすると仲良くなる」菅財務相が訓示(読売新聞)
大学入試シーズン本格化 受験に不況反映 「地元」「資格」志向(産経新聞)
新型とB型のインフルで初の重感染か―4歳男児、堺市で(医療介護CBニュース)
【風を読む】論説副委員長・平山一城 「95歳へ」旺盛な知的生活(産経新聞)
首都高逆走、91歳死亡…衝突被害車の3人けが(読売新聞)
AD