Sun, March 19, 2006

Bluetones@Garage

テーマ:EVENT LIFE

'tones 最近ライブ続きで、感動を噛み締める間もないです。普通ならグレアムだけで3か月はニヤけてられるんですけどね・・・。3月15日、この日は私のなかでベスト3に入る大好きなバンド、Bluetones のライブでした。彼らを最後に観たのは2年半前の新宿リキッドルーム。とってもいい雰囲気のライブと、親切なファンサービスを今でもしっかりと覚えています。


"Never Going Nowhere"で幕を開けたこの日のライブも、やっぱりすっごくいい雰囲気でした☆特にVoマークのエンターテイナーっぷりが彼のエンジョイ感を表してた。全英No.1になったデビューアルバムからのヒット曲はもちろん、もうすぐ発売されるベスト盤にちなんでB面曲をいくつかやってくれました。私がtonesの曲のなかで一番好きな"Colorado Beetle"をやってくれて、思わず泣きそうになった。だってこの曲はB面曲で、まさかライブで聴けるなんで思ってもみなかったんだもの・・。アンコール最後は名曲"If..."で締め。これまた涙。オーディエンスは全曲合唱で、私も歌いすぎ&跳びすぎで疲れたよー。でもtonesのライブって、時間が経つのがあっという間なんです。全曲が名曲だからだろうなぁ。嬉しいことにニューアルバムを出すそうです♪またライブやってくれますように☆


先日のHavenライブで学習したので、この日はしっかりメンバーが出てくるのを会場内で待ってました。するとささーっとDrumsのエズが出て行ってしまい、続いてBassスコットもトコトコと帰っていってしまいました。Guitarアダムが出てきた時は駆け寄って、サインと写真してもらった☆そして「日本に来るの?」って聞いたら「10月に行くことになりそうだよ。」って!「その時またね!」って!!「Yes!!」と言ったものの、私10月日本にいない(涙)。あ~それにしてもアダム、かわいかったよーー(溶)。続いてVoマーク登場。マークも私の拙い英語をちゃんと聞いてくれて、「日本に行くよ!」って言ってくれた。去り際にほっぺにチュの挨拶までしてくれて、あたしゃ倒れそうになりましただ・・・。


それにしても、私がロンドンに来てから私のベストバンド達がどんどんニューアルバムを出してライブをしてくれて、すごい嬉しい&不思議なかんじです。だってアルバムなんて毎年出すとは限らないじゃないですか。StarsailorもBluetonesも、CharlatansもそしてGrahamも。さてはみんな、私の渡英に合わせてくれたわね?!(ないない)

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
Sun, March 19, 2006

Grahamインストアライブ!!!

テーマ:EVENT LIFE

Graham!!!!!!!!!!!!! いつも言っていますが、私が宇宙一愛しているアーティストはグレアム という人です。ご存知の通り彼は一世を風靡したバンドBlurの元ギタリスト。脱退しちゃったのですが、ソロで活動を続けているのです。そんな彼のニューアルバムが13日に発売され、当日Virginレコードにてインストアイベントがありましたぁぁぁ!!!


私がグレアムを最後に観たのはかれこれ9年ぐらい前@Blurのコンサートです。それが最初で最後。その後もフジロックに来たりしてたんだけど見に行けなくて。ずっとずっと会いたいと夢に見てきました。去年のレディングフェスはチケを入手出来ず逃し、やっと会えると思った年末のイベント では何とドタキャン。ガーン。もう一生会えないんじゃ・・・(泣)と思っていたところのグッドニュースでした。もう毎日ドキドキしちゃって・・・これは恋?はい、恋です(爆)。


当日の朝、レコード店オープンと同時にアルバム購入者に入場券が配られるということで、8時に並びにゆきました。私が着いた時には長蛇の列が!と思ったらPlaceboの発売日でもあったらしく、パンクキッズがわらわらといてオドロイタ。無事入場券をゲットし、学校へ。もちろん授業には全く集中できませんでした。ははは・・・


さて、ついにインストアライブの時間となりました。グレアムが出てきた瞬間、たおれそうになった。あああ、本物が目の前に・・・。すんごくいい雰囲気のライブで10曲くらい演奏してくれました♪"Freakin' Out"をやった時グレアムのギターの弦が1本切れちゃって、それでも見事に弾きこなす様子はすごかったー。生で聴くグレアムギターはほんとにほんとにすごくて。特に今回のアルバムはギターの疾走感がすごいし!!グレアムはいつも眼鏡をかけて出てきてライブの途中でそれを脱ぎ捨てるんですが、初めて生でみた"眼鏡脱ぎ捨て"にちょっと興奮(笑)。そして噂どおり背が高くてびっくり。180cm以上あるらしい。でもしぐさもファッションも、すべてがカワイかった。白のコンバースあんな風にはきこなせるなんてさすがグレアム*


ライブのあとは、ななな何とサイン会でございます。心の準備をしようとしても全然できなくて、大変でした。だって、想像してください、自分の理想の人が目の前にいるなんてぇーーっ(壊)。すぐ私の番になって、必死で「最後にみたの9年も前なの・・」って言ってみたら「もうすぐ日本に行くよ!」ですって!もう私の英語を理解してくれて私に対して返事してくれたってだけでテンション上がって握手してもらいそびれちゃいました(涙)。よくテレビであゆとかの握手会で泣き崩れてるファンがいるけど、あの気持ちが分かった。Anyway,次の目標は、グレアムと握手!だわ!それにしてもグレアムのオーラが、ほんとにほんとに凄かったです。。。


★下から2番目の写真は、地下鉄の広告です。グレアムの広告がいっぱい貼ってあるなんて、なんて素敵な国☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, March 19, 2006

ヘイヴン@Garage

テーマ:EVENT LIFE

HAVEN 最後にヘイヴン のギグをみたのは、かれこれもう3年も前。当時、その甘いルックスと美メロで日本でも人気者だった彼らのギグを、まさかロンドンで見られるとは思ってもみませんでした*3月10日、初めて行ったGarageというライブハウスはリキッドルームみたいな小さなハコでした。最初、間違って隣のライブハウスに入っちゃって、謎の少年バンド(激若)をしばらく見ておりました・・・(汗)。途中でなんかおかしいぞ。と思って会場を間違っていることに気づいたけど、チケットもぎりのおっちゃんよ、公演名見てからもぎってくれ・・・。


気を取り直して移動すると、前座バンドがやってました。この日の前座は3組もいた。とりあえず2列目をゲット。隣にいたお姉さんとふとしたことで少しお話したのですが何と彼女、メンバーのお友達ではるばるマンチェスターから来たそうです。そうこうするうちにヘイヴン登場!みんな全然変わってなくて、相変わらずステキでした(ポ)。Guitarナットは相変わらず美男子、Drumsジャックは相変わらずステキ&テロテロ柄シャツ(笑)、Bassイワンは相変わらずというかさらに垢抜けてた。Voゲイリーの髪が短くなってて違和感だったけど(笑)、前にもまして歌が上手くなってました。彼の声は本当に素晴らしい。美しく、のびのびとしているの。懐かしの名曲たちをしっかり聴かせてくれて、新曲もやってくれて。素晴らしいライブでした。ライヴが凄く上手くなってるなって感じました。


終演後しばらくしてから、何と会場にメンバーが出てきたじゃありませんか!!元・出待ち侍(笑)の私、出待ちせずしてメンバーに会えたのは初めてっす(笑)。(どうやらこのライブハウス、外に出るには会場を通るのが便利っぽい。)一瞬にしてテンションmaxになった私と友人はメンバーに駆け寄り、サイン&写真をいただきました。うふふふふー。(ハイ、私はミーハーです。)何より嬉しかったのが、彼らと話せるようになっていた自分!今まで日本で出待ちした時は「さ、さんきゅー」って言うのがやっとだったのに・・・。来日公演毎回行ってたよって言ったら嬉しそうにしてくれました。きっと日本の印象がいいんだろうな☆みんなとっても優しくてゲイリーなんて「いまはロンドンで何をしてるの?」とか聞いてくれたりした♪あと印象深かったのが、メンバーが仲良さそうだったこと。きっと彼らはこれからも続いていくだろうなって感じましたよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, February 10, 2006

ベルセバライブ!!!

テーマ:EVENT LIFE

♪ベルセバ♪Belle and Sebastian のライブに行ってきました☆(きゃー)
チケットはSOLD OUTだったのですがmixiにて売って下さるというとっても親切な方を発見!mixiやっててよかったぁ。ライブは、それはそれはそれはそれはもうすばらしかったです。ギターポップのライブって本当に楽しいのですね。全曲踊れるし会場中にハッピーな空気が流れてて。しかも2列目でみられたし☆メインボーカルStuart氏のオーラがまぶしかったよ・・・。オーディエンスもハイセンスなPOPオシャレさんがいっぱい。初めて行ったHammersmith Appoloはウワサどおりすばらしいホールでした☆2時間(以上?!)の長いライブだったけど、famous songs満載で時間が経つのがあっという間でした。こんなに楽しめたライブは久々だった♪

Hammersmith Appolo

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Sun, December 18, 2005

BLOC PARTY@KOKO

テーマ:EVENT LIFE

BP BLOC PARTY のライブに行ってきましたよー(チケット無料でいただいちゃって…嬉)。いやーたのしかった。2階でゆっくり観たんですが、それでも超ー楽しめました☆というのは曲がめっちゃノリノリになれるロックで!彼ら日本でも人気みたいですねぇ。え、サマソニ2年連続出演?!そうだったのか…(無知)


素敵。KOKO わたくし、Matt(上の写真左端)のドラムに惚れました。あの長身(190cmらしい)から生まれるビートはズッシリ重みがあってすごい存在感でした。ハーフアジアンでヨン様メガネなMattは一見"クールで知的"な感じなのに、とっても激しいドラミング!きっと日本人に大人気なんだろうなー。さらにベースGordon(写真左から二番目)のステージワークにも惚れました。だって最後に何気なーく楽器持ったまままるで夜の海に入っていくかのようにダイブしていったんだもん…(わかりにくい?)あとドラムにやたら近づいて弾いたりしてて。とりあえず無言で色々アピールしてる感じがグレアムみたいだったんだー。


パンクだー。 そして、会場がホント素敵でした。KOKO っていうんですがなんと1900年オープン(もともとは劇場)だって。さすがイギリスだわ。写真を見ていただければその素敵っぷりがわかるかと思います。なんせメインカラーが×ですよ。会場はもちろん超満員。1階フロアはキッズ達が暴れまくっておりました。ダイブも続出。絶対1階行ってたらアザだらけだったわ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Mon, December 12, 2005

"WINTER WONDERLAND"@Brixton Academy

テーマ:EVENT LIFE

☆ROCKの殿堂だぁー☆ というわけで。これ に行ってきたわけですけれども。目的であるグレアム氏が、こなかったです。泣泣泣。喉をやられて"かろうじて喋れる程度で、歌えない状態"なんだって。オフィシャルサイト の掲示板は、反感どころかお大事にメッセージであふれていました。


リチャードぉぉぉ 会場は、ロックの殿堂Brixton Academy。初めて行ったのでちょっと感動。いろんなバンドが見られたし、楽しめました♪The Go! Team が非常にPOPでカワイかった☆☆(HPもカワイイわね)Athlete は感動~~って感じでした。そしてそしてセットチェンジのつなぎとして登場した、伝説のバンドVerveの元ヴォーカリストRichard が素晴らしすぎました。アコースティックで3曲やっただけだったけど、その音楽と声に会場全体が魅了されてた。だってね、Verveの名曲"Bittersweet Symphony"を歌ったんだものーーー!!!普通にウルッとしてしまった私でした。(ちなみにグレアムも本来ならばこのようなセットチェンジのつなぎとして登場してくれるはずだった。)

SUPERGRASSっっ トリのSupergrass はなんだか大御所な雰囲気を醸し出してました。私のイメージでは彼らは青いお猿さんのままで止まっているので驚いた(笑)最初の数曲はアコースティックだったのですがデビュー曲"Caught By The Fuzz"をやって、ブリットポップ世代の私としては、嬉しかったよー。


会場でみかけたグレアムTシャツを着た少年、おぉ君も、グレアムをみにきたんだね。グレアムよ、歌えなくっても、ギターだけでもいいから弾きにきておくれぇ。あぁ何書いてるかわからんくなってきた。すみません。とにかくグレアム、早くよくなってね!!!(><。)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Mon, December 12, 2005

うぇーーーーーん

テーマ:EVENT LIFE

どーーーーーーーーーーん。


グレアムがきませんでした。(大泣)


ありえない。ありえない。ありえなーーーーいいぃぃぃ

声がでないそうです。確かではないが。

いつになったら会えるんだよーーーーーうっっ


他のバンドのレポはまたあとで。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, December 01, 2005

SCISSORHANDS観劇

テーマ:EVENT LIFE

ポスター マシュー・ボーンのバレエ『EDWARD SCISSORHANDS』 を観てきました☆(しかも学校で招待券をGETしたためまたしても£1で♪うふふ)マシュー作品の観劇は『HiGHLAND FLING』『SWAN LAKE』 に続きなにげに3度目となりました。今回の作品はティム・バートン監督ジョニー・デップ主演のあの有名な映画『シザーハンズ』のマシュー版。私は映画を観たことがなかったのですが、まるで映画を観ているかのような気持ちで観劇することができました。台詞の一切ない踊りだけで、あんなにも感情を表現できるというのにただただ驚きました。まるで台詞が聞こえてきそうでしたもん・・・。


シザーハンズ 典型的なアメリカの家族生活、ハサミの手を持つエドワードの純粋な心、人間の愛、親切さ、そして醜さ。その演出によって人物の感情だけでなくたくさんのメッセージをあんなにもダイレクトに聴衆に伝えることができるマシュー・ボーンの技は本当に素晴らしいと思います。純粋さというのは、人の心を何よりも強く打つなぁ・・・。笑いもたくさんありましたが、感動の名作でした。日本公演があったらみなさん是非観てみてください!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, October 22, 2005

!!!ゴールド金賞!!!

テーマ:EVENT LIFE

ついに、この日がきました。
全日本吹奏楽コンクール全国大会
今日は大学の部
わくわくわくわく。


始まる3時間位前から、せっせと入場列に並びました。
(↑いい席を確保するためにみんな早くから並ぶの)
会場には母校のOBがいっぱい来てて、もはや同窓会状態。
初出場だしねー(´ー`)


私は、大学の部ってなんだか好きです。
中学や高校の部は「ひたすら一生懸命!青春!」っていう感じがするけど、大学の部って「一生懸命+色んなしがらみ」が渦巻いてる気がする。
中高生みたいに"先生がひっぱる"んじゃなくて、"学生たちで動かす"っていう、独特の感じ。
まだ大人になりきれていない若者たちが描く、青春劇。
そこには中高生とはまた一味違った"アツさ"があるんですよね。


会場がとても大きなホールだったので、3日前に大学に行ったときに聴いたあの倍音いっぱいのキラキラサウンドがちゃんと響くかどうかちょっと不安でした。
けれども本番、後輩たちが演奏したのはまぎれもなくあのキラキラサウンドだった☆☆☆
先輩後輩関係なくめちゃくちゃ仲のよい楽団の雰囲気がそのままあらわれたかのような懐かしのあのサウンドが、こんなに磨かれて全国の聴衆の耳に入っていく・・・
キツくてつらくて、でも熱い気持ちでいっぱいだった現役時代(とくに幹部時代)のいろんな想いや思い出があふれてきてウルウルしてしまいました。
演奏中ずっと、指揮をする先生の背中にエールを送った。


そして。
なんと結果は!!!ゴールド金賞!!!
発表のとき、後輩たちは一瞬喜んで、そのあとは静かにみんなでしくしく泣いてました。
それがなんだか凄く印象的だった。
ほんの4年前は、予選でもボロボロのどん底楽団だったのにな。奇跡みたい。
でも、そこには学生と先生たちの、確かな努力がありました。
きっとこれは、奇跡じゃない。


みんな、おめでとうーーー!!!!!!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
Sat, October 01, 2005

The Paddingtons★☆

テーマ:EVENT LIFE

The Paddingtons


The Paddingtons のギグに行ってきた★

ネットで知り合った、グレアムファンサイトの運営者サマに連れてっていただきました♪

「すごいいいよ~」っていうから、わくわくわく。

ロンドンにきて、初のライブハウス!

しかも、めっちゃ安いの。2000円以下!


超ーーー楽しかった**

久々に思いっきりジャンピングできたギグでした。

前座(バンド名忘れた)もかわいかったし☆

最前列ゲットできたし★☆

ポストLibertinesといわれているだけあって、ガレージちっくでスピーディな曲が多かったけど、メロディーがすごいキャッチーでかわいいの。

Vo.のTomはすごい王子っぷり。

日本の女の子に人気出るだろーなーー。

アルバム出たら買うぞー。


右から二番目が王子Tom。

一番左の彼に何があったのかは誰も知りません(爆)

パディントンズ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。