Fri, March 03, 2006

のだめ効果

テーマ:MUSIC LIFE

先日のオーケストラのコンサートに、最近お友達になった日本人の方が聴きにきてくれました。彼女はいまままでクラシックに全く興味がなかったそうですが、のだめカンタービレを読んで聴くようになったそうです。いまでは楽器の名前も作曲者の名前もけっこう知ってはります。これって普通に考えてすごくない?!クラシックって、一般の(クラシックに触れたことのない)人にしてみれば別世界って感じだと思うんですよ。そんなクラシックの世界に簡単に人々を導いたあの漫画。私は読んだことなくて、「読みたーい」って言っていたら何と彼女の彼が日本から送ってくれるらしい!コントラバスの回もあるそうですね。わくわく・・

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Mon, January 30, 2006

Arctic Monkeysチケット完売劇

テーマ:MUSIC LIFE

きょうのMETRO。 Arctic Monkeys追加公演@UKを発表したよ~~!!(嬉)これまでに発表されていた今後のライブはすべてSOLD OUTだったから、めっちゃ嬉しいー!って、喜ぶのはまだ早い。チケットを取らねばならぬ。


先行予約が今日の6:00pmからオンラインであるということで、(今日はオーケストラの練習の日なんだけどもそれどころじゃなーい←あ、練習には遅刻して行きましたよ)とっとにかく、パソコンにかじりつきました。時計が6時を指し、いざ予約サイトへ。しかし案の定busyのサインやっとこさつながったときにはロンドン公演はもちろん完売。地方都市が少し残っていたのですが、数秒でみるみる消えていった・・・それはもうすごい勢いでした。ロンドン公演はおそらく数分で完売したかと思われます。一般発売で手に入る可能性って何パーセント位なんだろうか(マイナス思考↓↓↓)


ところで、上の写真は今日の記事。なんとデビューアルバムのthe fastest-selling記録を塗り替えたそうです彼ら。BBCのニュースでもやってました。先週の発売からすでに36万枚以上売れているそうな(これまでの記録はHear'Sayの30万6631枚)。BRIT AWARDSへのテレビ出演も'uncool'って理由で断ったっていうんだからホントタダ者ではないな"cheeky nothern Monkeys"!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, January 25, 2006

ハマった。Arctic Monkeys!!

テーマ:MUSIC LIFE

きょうは音楽の話でも。ご存知のとおり私はUKロック愛好家です♪ジャンルでいうと・・・うーんguitar rockとかguitar popとかindie rockといったところでしょうか。何故かロック聴きそうに見えないねーとよく言われますが、めっちゃ好きっす!!No music, no life! ;)


先日、学校の授業で例のgay teacherがベルセバ の曲をかけてくれた私が興味を示したところ、彼らのアルバムやらシングルやらをいっぱい貸してくれました♪考えてみたらイギリスに来て初めて私の好きなジャンルの音楽を聴く英国人に出会ったわ。ベルセバ、これまで有名な曲しか聴いたことなかったけど、全曲ほんとポップでキャッチーでラブリー☆音楽が超カワイイの!


★NME★ ところで、最近とあるバンドにハマりましたぁーそのバンドはArctic Monkeys 20歳やそこらのスーパー新人です。既に発売されているシングルでは初登場No.1とっちゃったり写真のとおりNMEの表紙飾っちゃったりととにかく凄い勢い。確か23日にデビューアルバム発売だったんですが、発売初日ですごい数売れたそうです。こちらのサイト で何曲か聴けるので興味のあるかたは是非きいてみて♪彼らの曲を初めて聴いたとき、「なにこのシブい声!激カッコイイコード進行!リズム感!」ってそれはそれは衝撃でした。あのけだるいけどビートしっかり、っていう感じの音楽はどことなくリバティーンズ(歌い方とかPeteみたいだ)を感じさせます。そういえば初めてリバのCD聴いたときも全く同じ衝撃を受けたなぁ。興奮して思わず友達に「凄いバンドがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」って即電話した思い出が。考えてみればリバチン以来、深くハマったバンドいなかった気がします。というわけで、晴れてハマれるバンドに出会えて嬉しいかぎりいつかライブ行きたいな。でも彼らのギグのチケットはいまロンドンで一番入手困難だとか(>_<)それから・・・Vo&GuitarのAlex君、キミ、Grahamにソックリだよ・・・(惚)

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
Wed, November 16, 2005

Cool Britannia2

テーマ:MUSIC LIFE
Cool Brintannia2 ついに届きましたーーー!!!(テンション高)
Amazonで注文していたCool Britannia2が!!!!

これは英国の"LATER...with Jools Holland"という人気音楽番組に出演した色々なアーティストの演奏が収録されたステキすぎるDVDです。今回はなんといっても私の愛するGrahamが、ソロとBlur時代両方収録されてるのよぅ(≧▽≦)!!!相変わらず年を感じさせないポップでオシャレなファッションvvそしてなんといっても私の琴線に触れまくりなあのギター!うますぎです。Blurは"Song2"やってて、Grahamのギターがステッカーいっぱい貼ってる時代のテレキャスだったの~!きゃぁきゃぁ。(…すいません、一人で興奮して)


このテレキャスが一番好き♪グレアムvv


でもってLibertinesカールが美男子すぎる~!若いょー。やっぱピー太郎がいてこそリバチンだよね。愛するCharlatansが"Tellin' Stories"をやってて泣きそうになり(一番好きな時代なのです)、Ordinary Boysのカワイさにプチ恋をし、Suedeブレットの色気にドキドキしちゃった私でした(アホ)。でもGrahamばっかりみてて他あんまりみてないので、これからじっくり鑑賞していこうかと思います♪


ピーちゃんとカル男。ホントにいいバンド、シャーラタンズ。


ちなみに、このようなゴージャス・ラインナップとなっております(≧∇≦)♪

 Kaiser Chiefs - I Predict A Riot
 Blur - Song 2
 Hard-Fi - Hard To Beat
 Supergrass - Moving
 Radiohead - There There
 Bloc Party - Helicopter
 New Order - Krafty
 The Futureheads - Decent Days & Nights
 The Verve - Lucky Man
 Snow Patrol - Run
 Manic Street Preachers

- If You Tolerate This Your Children Will Be Next
 The Libertines - Boys In The Band
 Morrissey - Irish Blood, English Heart
 The Ordinary Boys - Talk, Talk, Talk
 McAlmont & Butler - Yes
 Doves - Black & White Town
 Oasis - Cigarettes & Alcohol
 Badly Drawn Boy - Silent Sigh
 Razorlight - Golden Touch
 Stereophonics - Just Looking
 Keane - Can't Stop Now
 The Zutons - You Will You Won't
 Ian Brown - Golden Gaze
 The Go! Team - The Power Is On
 Paul Weller - Leafy Mysteries
 Graham Coxon - Freakin' Out
 Franz Ferdinand - Michael
 Suede - Trash
 Hope Of The States - The Red, The White, The Black, The Blue
 The Charlatans - Tellin' Stories
 Athlete - Tourist
 Catatonia - Road Rage
 Pulp - This Is Hardcore
 The Fall - Blindness
 Travis - Why Does It Always Rain On Me
 Coldplay - Trouble
 Embrace - Ashes

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Sat, November 05, 2005

絶対音感 続編

テーマ:MUSIC LIFE

おそらく私の絶対音感は、ピアノの12平均律にもとづいてるみたいです。だから歌声をすぐドレミで判断できないのかしら。合唱や楽器演奏の際は純正調の世界なので極端にピッチを上げ下げするときがあるのですが、その時はドレミではない謎の音を演奏している気分になります。


とそんな話はいいとして、みなさんも以下のサイトで絶対音感/相対音感があるかチェックしてみてください♪


♪音感チェック

ちなみに私は「絶対音感テスト(ハイクラス)」は60点・・・しくしく

やっぱり私の音感ってその程度なのね。

その他は100点でした。


♪音感鑑定/占い運命鑑

「マニアック音感鑑定」以外は全問正解でした。

↑これ、どうしても答えがわからないよー

全問正解した方、答えを教えてくださいっ。


♪絶対音感テスト

♪絶対音感トレーニング

これらはちょっとめんどくさいですね。

時間のあるときにやってみようかな。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
Fri, November 04, 2005

絶対音感

テーマ:MUSIC LIFE

私は一応絶対音感を持っています。

何故一応かというと、何もかもがドレミで聞こえるわけではないから。


扉をたたく音や雨音はわからないし、

歌謡曲などの歌声は、ちょっと考えてからじゃないとわからない。

昔習っていたピアノの先生には「絶対音感があるね」と言われていたけど、私はこれじゃあ絶対音感とはいえないなって思っておりました。


でも信号機の歩行時の音とか救急車のサイレン音、電話のプッシュ音はわかる。楽器の音は全てドレミで歌詞がついているかのように聞こえるし、どんなに複雑な和音でも何の音が含まれているか全てわかります。小学生のころ、父がレコードでクラシックをかけているのを聞いて

「こんなん楽譜がなくても再現できるやん」

と、何故世の中に楽譜があるのか本気で理解できませんでした。

ピアノを習っていたときにやっていた聴音(先生がピアノで弾いたものを楽譜におこすという訓練)も、何のためにやっているのかわかりませんでした。私にとって聴音は、「あいうえお」と言ったものを「あいうえお」と書くかのような単純作業だったのです。

成長するにつれて、だんだん周りの人は音をドレミで聞いていないことを知ってびっくり。それが絶対音感と呼ばれていることを知りました。数年前には『絶対音感』 という本も話題にもなりましたよね。


中学生になって吹奏楽部に入り、私はフルートを担当していました。フルートは、幸運にもC管楽器。譜面でドと書かれている音をフルートで吹くと、ド(C)の音が鳴ります。しかしある日、サックスの人員不足のためEs管のアルトサックスを担当することに。Es管楽器の場合、譜面でドと書かれている音を吹くと♭ミ(Es)の音が鳴のです。これは私にとって怪現象以外の何ものでもありませんでした。私は最後まで全くそれが理解できず、楽譜に全てC管の音符(実音)をドレミファソ・・・と書き込んで乗り切りました。

大学生になってB管のクラリネットを担当しましたが、もう大人になったので「こういうものだから仕方ない」と割り切ってド=Bというふうに全ての音を暗記しました。(笑)


先日、mixi にて絶対音感コミュニティ を見つけました。

さっそく参加してみると、そこには私と同じような中途半端な絶対音感の持ち主がいっぱい!なんだか嬉しくなりました。私と同じように歌謡曲は聞き取りにくいという人、逆に歌詞が全く聞こえてこない人などなど。最近耳鳴りについての話題で盛り上がっていて、多くの人が耳鳴りの音は♭シとシの間だと言っていておもしろい。たまにの時もあるという人も何人かいました。私も、♭シとシの間か、たまにミ、それらのブレンド音で聞こえます。


なんだかダラダラ長文になってしまいましたが、最後にもう一つ。

先日の吹奏楽コンクール全国大会で神奈川大学がハインズレー版の「サロメ」をやっていました。ハインズレー版は、原曲キーよりも半音低く書かれているんです。私はサロメの原曲を知る前にこのハインズレー版サロメを演奏したことがあったので、半音低いヴァージョンが体に染み付いています。原曲を聴くと逆に違和感を覚えます。全然落ち着かない。何か悪いことをしてる気分にすらなります。(笑)そんなわけで、神大のサロメは聴いていてとても落ち着いた。無論キーの話はなしにしても、妖艶さを見事に表現した素晴らしい演奏でしたけどね!


世の中に絶対音感を持った人は何割くらいいるのかな。結構多そうだけど・・・

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
Sat, September 17, 2005

リード先生、安らかに

テーマ:MUSIC LIFE

9月17日に、作曲家アルフレッド・リード博士が他界されたそうです。 吹奏楽界は、また一人偉大な人物を失いました…。リード先生の曲は、私の吹奏楽人生になくてはならないものでした。というかリード先生は日本中の吹奏楽っ子全員と切っても切れない存在と言っても過言ではないと思います。私も、本当にたくさんの思い出があります。エル・カミーノ・レアル第二組曲セカンド・センチュリー主よ、人の望みの喜びよSLEEPERS, AWAKE!といったバッハ曲、第六組曲カーテン・アップ!エルサレム賛歌交響曲いろいろ、そしてそしてアルメニアン・ダンス…思い出の曲を挙げるとキリがありません。リード先生にしか書けないあの和音、あのメロディー、あの装飾、あのコラールやファンファーレ。高校時代、近大の演奏会で初めて先生の姿を観た時の感動は今でも忘れません。音の輪コンサートで先生の指揮の下演奏することが出来た時はほんとに夢のようでした。これからも私たちは、ずっとリード先生の曲を演奏し続けていくでしょう。ご冥福をお祈りします。。。今日はエルカミとアルメを聴きました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, August 20, 2005

あれから10年。

テーマ:MUSIC LIFE

今朝TVつけたらBBC で、Blur対Oasisのバトルから10年というニュースがやってました!じ、10年ですってぇ。キャスターも、"Oh,もう10年も経つんですねぇ"みたいなコメントをしてた。というか、日本でいえばNHKニュースみたいな番組でロックバンド対決のニュースをやるなんて、なんて素敵な国なんだろう。それだけ英国では国民的な大バトルだったんだなぁ。


Blur vsOasis のバトルを知らないという方、こんな素敵な年表 を見つけたので是非ご参照ください。当時人気絶頂だった2つのバンドが、同じ日にシングルを発売したりお互いを罵り合ったり(?)していたんですよね。彼らの音楽は共に素晴らしく、彼らによってBritpopという一大ムーヴメントが築き上られました。私は当時ビートルズにハマっており、そこからOasis→BlurとUKロックの世界に足を踏み入ていったわけですが、Britpopをリアルタイムで体験できて本当に良かったと思います。あれから10年。Britpopの音楽は今でも輝きを失っていません。UKロックバンザイ♪

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
Thu, July 28, 2005

UKロック♪

テーマ:MUSIC LIFE
ラーズThe La's。このアルバム1枚をのこして解散した伝説のバンドです。

5曲目の'There She Goes'は、90年代の名曲中の名曲っていわれてる。

一度聴いたら離れないような曲です。

このアルバム、ずーっと買いそびれてたから、Virginレコードのセールで

£3.99で買いました。800円位かな?

Oasisもラーズ大好きですよね。

なんとその伝説のラーズが、復活するんだってね!!!

しかもサマソニに来るってー!びっくり。

サマソニにはOasisも来るから、なんか凄いことになりますね!

・・・って、私は行けないけど(涙)


私はUKロックが大好きなので、せっかくロンドンにいるんだから

いっぱいライブに行こう!と意気込んでおります。

そして。さっそく、Starsailorのgigに行くことにしました♪♪♪

ある日電車に乗ってたら外にGrolsch Summer Set というイベントの広告が偶然みえて、

そこにStarsailorの文字があったから「絶対行く!!」とその場で決めました(笑)

Idlewildとすっごい迷ったけど、やっぱりウォルシュ君の生声を聴きたいからStarsailorにしました☆

ひとりで行くからちょっとコワいけど、初ライブ@ロンドン、楽しんできます♪

・・・けど、果たして当日までにちゃんとチケットが届くのか心配;


音楽ネタをもうひとつ。

今の家はハイテクで、SKY TVがみられるんです(!)

SKY TVの機械でDigital Radioも聴けて、そこにNon-Stop Qっていう番組があるのです。

(Qっていうのは、英国の、私が好き系の音楽雑誌。)

そしてそのラジオ番組は、雑誌に載ってる音楽を次から次へとかけていくというもの。

すべて私の好きな曲がかかるから幸せすぎ(>ヮ<)

毎日TVつけないで、ラジオばっかり聴いてます^-^;

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Mon, May 30, 2005

ラフ2

テーマ:MUSIC LIFE

ラフマニノフ作曲 交響曲第2番

私が一番好きな交響曲です。


とろけるように美しい高弦の響き。

そして何より、3楽章のクラリネットソロと、

その伴奏のコントラバスピッツィカートの美しいことといったら!


昔、ある人に3楽章を聴かせたら、

「すげぇ、自分の中のものをぜんぶ音に表してくれたみたいな感じやなぁ・・・」

と言っていました。


ラフマニノフの音楽には、抒情的という言葉がピッタリ。

抒情とは「自分の感情を述べ表す」って意味やから、

その人のコメントはまさに的をえていますね。


是非みなさまも、聴いてください~♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。