つれづれうたびより。

あたしの夢!!!
それは

『うたうたいになって,
沢山の人に
幸せと笑顔を届け続けること』


応援,支援,
どうぞよろしくお願いします\(^^)/


キラキラ輝く日々を
楽しむー(^^)♪


感謝♪


テーマ:
HiHiHi!どーも!


こんにちは。

またお久しぶりになってしまった…
すみません( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

気まぐれブログにしちゃ、気まぐれすぎる笑



ところで、
匂いのお話。



洗濯物の匂いって
とてつもなく大好き。


ずっと嗅いでいたいです笑


変態…( ´∀`)




洗濯物の匂いって
この世で二番目に幸せな匂いやなって思います。



二番目?


じゃあ一番目は?というと



お母さんの匂いかなぁ、と思う。



お母さんの匂いって

それこそ
お腹にいる時に、
生まれた時に、
小さい頃は特に
1番感じる匂いじゃないかなぁと。


目がまだ開かない頃って
五感の中で何が1番働くかなって思ったら
匂いかなと思う。


お母さんの匂いがすぐ近くでしたら
赤ちゃんは落ち着いてるような気がしてる。


あとは声、体温。



お母さんの匂いって色んな匂いがする。


汗とかそういうのもあるけど、


料理、
掃除 、
洗濯…


お母さん頑張ってるって匂い。


大好きですね。


お母さんの匂いって安心する。



親元離れてから
家事をするようになって
ふっと自分からお母さんに似た匂いがした時に
あぁ 成長するってこういうことかって思ったけど、
なんだか、それはまだまだな気がしてる。


まだまだ先の話。


匂いが板に付いてないなぁって笑




そんなこと思いました。





というのも
石川の親友と悪友に赤ちゃんが生まれまして。


ノダさん、歓喜の涙で
もう大変でした笑


何枚か送ってくれたお写真見ながら泣いたよ、何回も_(:3 」∠)_


今でも泣けるよ!笑



二人ともの赤ちゃん、同級生で
しかも6月生まれー٩(๑❛ᴗ❛๑)۶





あーーーーーはやく会いたいんだーーーー!


何でも買ってあげたくなるよ、ノダおばちゃん笑




あの可愛さ、ほんっっとに罪…





ということで、
上半期に1番のビックニュースでしたー(^^)!



下半期はどうなるやら。



それではさらばじゃっ。


MUSIC。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
はいどもよ。


最近色々と思うこともあり、

今日は素直に、
今ある感情のまま
たまには真面目に
つらつら呟いてみようかな、と思います。

いつものアホなノダさんは控えめにするので( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

重かったりしたら
てきとーに流してね。
長いからね、うん。









やっぱり
この歳まで
音楽やってるとね、
色んなことがあるわけで。

そんなことわざわざ言うことでもないと思うけど
気持ちの整理と決意も込めて
たまには本当のこと、言ってみようかなと思います。



みなさんも色んなことがあって
それでも前を向きながら生きているわけで
そんな方々からしたら
何を甘っちょろいと思われるかもしれない。
馬鹿馬鹿しいと思われるかもしれない。



わたしは正直、何もないんです。

ほんとに。何もない。



容姿が良いわけでもない

歌が上手いわけでもない

頭が良いわけでもない


可愛くて、明るくて、気が遣えて、
誰とでも仲良くて、優しくて…

なんてわけもなく。




自分に全く自信がなくて
いっつも何だか人の顔色や行動を気にして
ちょっとしたことで凹むし
思い込み激しいし
すぐ泣くし

そのくせ、
頑固だし
我がままだし…


挙げたらキリがない。



わたしが本格的に歌と向き合おうって思った時のわたしは
空っぽだった。



なーんもなかった。


ある意味何もないから怖くなかった。



散々人に裏切られ
人を信じる力も勇気もなくて
成功体験も少なくて
(むしろその逆ばかり)

生きていて意味があるのかな?
なんて思ってた。


ちょっとは変われるのかな、わたしなんかが…

なんて思ってた。




ちょうど
大学1回生の時で
漠然と
わたしは普通に
就職して結婚して子供が出来て…
なんて思ってた。



(なんて偉そうに思ってましたが
今考えると普通にそんなプランで生きていく方がよっぽど難しく素晴らしいのですが)




そんな時に歌を始めた。

高校の時から

「大学入ったら
バンド組みたいなぁー」
なんて思ってて軽音楽部に入り

色んな人と出会い


初めて人前で歌を歌った日のことは
覚えてる。


「なんて楽しいんだろうー!」


って。




純粋にわたしは
音楽が好きだった。



昔からピアノをやってたり
中高と吹奏楽部だったり
音楽とは切っても切れない生活をしてきたのもあったし、



何より
小さい頃から歌うことが大好きだった。


TVで
歌番組があれば必ず見ながら一緒に歌ってたし

ちょうどカラオケが流行ってて
小学生ながらに
カラオケBOXにいったり
家カラと呼ばれる、
家でカラオケが出来る機械を持ってる友達の家に行ってよく歌ってたりなんかして。


そんな姿を見ていたのだろうか、

当時
神戸で
一人暮らしをしていたわたし宛に姉が

「あんた、ライブでもすりゃえーのに」

って手紙の一文で書いてきた。



あ、これだって思った。

なんかピンときた。






話は変わって。


小学4年か5年の時だったと思う。

学校で詩や俳句、短歌を書く授業があって
たまたまわたしの詩が
その年の学年の思い出みたいな小冊子に採用されて。
すごく、嬉しかった。

確かタイトルは「風船」だった笑

我ながらなかなか良い詩だなぁとか思っていた気もするけど
その後も俳句や短歌が
ちょいちょい選ばれたりして、

「わたし、これ好きかも」
って思って
そこから詩(作詞)をはじめた。


それから
ずーっと
授業中のプリントの端っこに
よくつらつら書いてたのは
覚えてる。

大学生になっても
社会人になってもやってたから
変わんないな、わたし笑





高校生の時に
おかんとふと話してた時に


「あんたは詩とか俳句とかそういう才能があるから、そういうので気分転換したらいいんじゃない?」

って言われた。


ちょうど色んなことがあって
ほんとに消えたいと思ってた頃。


誰も信じたくなくて
でも助けて欲しくて、
一人にして欲しくなくて。




なんか突然言われてびっくりしたし
ドキッとしたのは今でも覚えてる。


そんな作品、いつの間に見ていたのか。


親って意外と見てないようで見てるのね、って思った。




その時は
特に何かにすがるように
詞を作ってた。

誰かわたしを見つけてって思ってたんだと思う。

でも言葉で言えなくて。

詞なら嘘つかなくてもいい、
強がらなくてもいいから。






そんなわたしが
歌と向き合おう、
音楽をやろうと思ったきっかけは
こんなにあったんだなぁって思い返した。




その、ちょうど
歌を始めた頃から
縁があって東京に来させて頂く機会もあり
卒業してすぐ上京して。



その時も
何もないなぁ、わたしって
って感じてた。


もう、守るものもないし
のこのこと帰れる場所もなくて


歌しかなくて。


音楽だけが支えてくれてた。





だけど

音楽の才能なんてないし
歌も上手いなんてわけじゃなく、むしろ
下手くそ、
ドベのドベ。
上手い人なんて
才能がある人なんて周りに沢山居た。

わたしなんて…なんか思って
打ち砕かれる毎日。





泣いて泣いて
それでもそんな辛い気持ちから
ちょっとの時間でも救い出してくれたのが
音楽で
歌で
詞で。




音楽やってる時だけは
救われた。
生きてる!って。




才能なんかなくても
わたしが
音楽で飯食っていくって決めた時には
迷いなんてなかった。


だってそれしかない。

そうやっていくしか
生きていく方法がない、

自分が自分以外の全てと
うまくやっていく方法も
自分が消えないためにも

歌おう、

そう思ってた。






今では
音楽が当たり前にあって
ありがたいことに
毎日毎日向き合って


朝起きてご飯食べて歯磨きして
服着替えて…って
いつもの行為の中に
歌う、音楽をする、
っていうのがあって。



そんな日々の中でも

音楽なんて
なんで選んじゃったんだろう…

って思う日のが圧倒的に多いし笑



今までは逃げ道にしていたものと
真正面から向き合って
逃げないで付き合っていくのは
想像以上に凄まじくて。

吐き気と腹痛と頭痛との戦いみたいなとこもあるし。


選ばなかった道の方が羨ましくもあるし。



ただ
それでもやり続けるのは


生きたい、って気持ちだけなんです。



わたしは音楽をすることで
生きていても良いんだなぁって、
生きているんだって思える。


大げさかもしれないけれど
単純に好きと言う気持ちだけなら

大学4年間だけやって
あとは就職して趣味で、っていうのが1番だったと思うし。


何回も何回も
音楽に歌に救われて、

何回も何回も
音楽なんて辞めたいなんて
泣きながら思いながらも
辞められないのは


これ以外に術がないんです。



大袈裟かもしれないけれど
笑うかもしれないけれど
重たいかもしれないけれど



わたしは
自分で自分の口から何かを人に伝えることが苦手です。
頭で考えて
自分がいかに傷つかないかってことを考えて
言うに言えない。



だけど
歌なら
歌でなら
辛いって気持ちも
嬉しいって気持ちも
メロディがついてるから
素直に言える。歌えばいい。



そんな風にしか出来ないんです。


アホみたいに音楽が好きすぎるんです。


例え見返りがなくても
歌があれば
生きていける。


だから音楽やり続けなきゃ、
なんて思ったりもする。







わたしが
一人の人間として
この世の中で
どうにかして生きていくには、音楽が必要で



この世にまだ未練があるし





はっきり
言ってしまうと


死なないためにやってます。







純粋に歌が好きだって
飛び込んだ時に

「なんて歌うって楽しいんだろう」

って気持ちを
日々のタスクをやりこなすことに必死で忘れてしまうんですが

こうやって
改めて掘り下げてみて

またなんだか
ジワジワ湧いてきました。





誰に何を言われようと、とは
思っていても
やっぱり言われたら
そりゃあ傷つきますし
悩みますけど。



音楽なんかなくても生きていける人が
物凄く羨ましい。


日々大なり小なり悩んでも
音楽以外に支えがある人が
日々充実してる人が
単純に羨ましいですよ、わたしは。



音楽にすがるしかなくて。





きっと理解できないかもしれないけれど、


そうやって思いながら
音楽やってます。



まだまだ叶えたい目標の途中です。





今回は重たくなってしまって
すみません。


でも正直な気持ちです。


思うところがあって書かせてもらいました。





後半
泣きながら
スマホの画面が見えなかったのは
内緒のはなしよ……ゴニョゴニョ…(´ω`)






ただ、憐れな目で
わたしを見ないでね笑



可哀想って思われるのも
気を遣われるのも嫌なんで、


アホなんやな〜、こいつ
音楽馬鹿や、こいつって
てきとーに流してください( ´_ゝ`)






日々感謝して、
今日も明日も明後日も
音楽をするだけです。


息を吸って
吐くように。


ただ、ただ
音楽と向き合うだけ。






それではさらばじゃっ。


MUSIC。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
はいいーぃ
どーーーもーーーー。


行ってきました!
たつろーさん in NHKホール!




諸用があり、
15分程遅れてにゅーじょー…

まじ、何曲か聞き逃したの痛い…



いやー…
やっぱりわたしの中では永遠に神様や…


NHKホールのことを
「拍手が降ってくる」会場だっておっしゃってましたが
やっとこさNHKホールでライブ見れたよ、わたし。

それがたつろーさんで
ほんとに心から良かった…ヽ(´▽`)/



音の彫り方というか
なんか深みと奥行きは相変わらず
素晴らしいんですが、
あの声の伸びとリズム、グルーヴよ…_(:3」z)_


神様や…ほんとに…


カバーの
スタンダードナンバーは今回多くて

ドゥーワップでやった2曲めのやつな。

あのド定番ちうのド定番というべきやつ。
(ネタバレになるので曲名出しませんが)


ドヤっと言わんばかりに…すごい…

ド定番のやつって中々手を出したくないし
元々の楽曲の良さを壊してしまうよな
色んなあらゆる技術やらがバレてしまうんですが、

たつろーさん!!!

凄すぎて顎はずれたわい!笑



今まで聞いてきたどの人よりも
1番聞きたかったし、ずっとたつろーさんの声で聞きたいって思いました(´ω`)



あと
アンコールのあの曲ね!


正直提供してるって知りませんでして…
ほら、他にもあるやん?色々…笑


えーーー⁈って思ったけれど
いやいやいやいやいや
かっこよすぎるやないかいっ!


笑ったわ!



あと
たつろーさん、じょうほくトリオ好きね笑


一気に、
一瞬にして
新宿ロフトのあの奇跡の日に気持ちが戻りました…

あの感動よ、再びやね(இɷஇ )(இɷஇ )(இɷஇ )



今回2階席だったんで
なかなか遠めでしたが
あのロフトでの至近距離が
めちゃめちゃ贅沢やったんやなぁぁと改めて実感。



手を伸ばしたらたつろーさん、みたいな感じやったからねぇ。



また勇気いただきました。


1mmでも

いや

0.1,
0.01
0.001mmでも
たつろーさんに近づけるぐらいの
アーティストになれたら。


良いねって言ってもらいたいなぁ、って。


そうやって思いながら
音楽してるんやったよね、そうやそうや

って言い聞かせながら

ライブの3/5は泣いてましたね、わたし笑


MCもよぉ笑ったし!


泣くんか笑うんかどっちかにせぇ!
って思いながら
楽しませていただきました♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪



わたしにとっての希望の光は
たつろーさんなので。


楽しめ、わたし。
輝け、わたし。



音楽の神様、


ありがとうーーーーーーーぅぅぅ!!!!!





それではさらばじゃっ。



MUSIC。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。