身体の動きが繋がったとか繋がってないとか、なんか頭位が起きてきたとか、ニュートラルとか、軸の伸長とか。歩行であれば、リズミカル、滑らか、蹴り出しがある、PRIでいう相反性交互運動、とか。

 

一見感覚的な要素に思えることもbodyworkを学ぶことで自らの身体に落とし込める様になります。

 

ファンクショナルローラーピラティス(FRP)ではピラティスの【原理原則】を学びニュートラルの感覚や軸の伸長の感覚、歩行の機能について学ぶことができます。

 

よくピラティス初心者でも受講できますか?そんなご質問を受けます。

 

答えは、、、

 

 

 

問題ありません!

 

 

 


早く受講すればよかった!

受講生から有難い感想をよくいただきます。

【初心者だから心配】なんて言われますがむしろ受講生はピラティス初心者の方が多く、だからこそ伸び代があり身体の変化を純粋に楽しめます。そして試験までの3ヶ月間、集中して練習して行けば必ず良い変化があります(当然課題やフォローアップあり)。

 

逆にすでにピラティスインストラクターとしてご活躍されている方の場合、動きの癖、団体によるコンセプトの違いに驚かれる方が多い様に思います。

 

同じピラティスでも見た目上は同じ様なエクササイズをしていてもスタートポジションの作り方や動き方には必ず違いがあります。

 

 

何をしたいのか?

 

 

各団体で比重を置く部分が異なる様です。コア、スクープ、インプリントしか言わない団体もあります(これはその団体の哲学や教育システムによる事情もあるからいくら指導者が知識が豊富であっても仕方ないのかも知れません)。

 

ちなみにFRPのフォーカスする部分はピラティスの印象で最も強いであろうコアではなく、多くは【原理原則】。

 

つまりは軸の伸長を促すための動き方がメインとなるので各パーツのkeyとなる使い方をお伝えしていきます。

 

FRPは基本的にはどの様な姿勢であっても軸の伸長を促すことにより全身をどうやって繋げるのか?というところに哲学を感じます。

 

先日もアップしたブログ(こちら)内容の様にFRPでは常にブラッシュアップを重ね良いものをどんどん取り入れて動いているでの疑問に対するレスポンスは海外の本部が主体の団体に比べかなり早いです。

 

常に新しいもの、良いものを。

 

Made in japan.の良さでもあります。

 

新しいものにチャレンジしたい方、実際に体験してみたい方、養成校について気になる方。

 

遠慮なくご相談下さい!

 

ちなみに5月の養成はPTの方から既にお申し込みもあり中々熱い期になりそうですよ◎楽しみ!

 

 

 

image

 

 

image

 

 

image

 

 

 

【FRP養成コース、WS情報】

 

【神奈川5月20~21日  歩きが変わる!ファンクショナルローラーピラティス®︎のベーシック養成コース6期開催】

http://p3takt8.shop-pro.jp/?pid=111391765

 

【千葉スタジオサンスカーラ5月28日 動いて感じる!ヨガが10倍楽しくなる解剖学vol.3~股関節の機能を上げる~】

http://ameblo.jp/tmhr0720/entry-12259725659.html

 

【シークエンスの組み方上達法  ~肩こり編~】

http://ameblo.jp/tmhr0720/entry-12264758018.html

 

【神奈川7月1~2日  歩きが変わる!ファンクショナルローラーピラティス®︎のベーシック養成コース7期開催】

http://p3takt8.shop-pro.jp/?pid=116357493

 

 

 

 

 

『physio minerva(フィジオ・ミネルヴァ)』

 

保坂 知宏

・理学療法士

・ファンクショナルローラーピラティス®マスタートレーナー

・予防運動アドバイザー

・エボリューションウォーキング®インストラクター

・全米ヨガアライアンス200時間修了

 

 

レッスン・講師依頼はこちらから

HP(http://tmhr720.wix.com/physio-minerva

 

AD