日本介護支援専門員協会は6月に、「第1回主任介護支援専門員フォローアップ研修会」を開催する。

 研修は、4日、5日、20日の3日間。4日、5日は横浜市港南区の「福祉保健研修交流センターウィリング横浜」、20日は未定だが東京都内の会場で開催する。対象者は、主任介護支援専門員の研修修了者(2006年―09年度都道府県実施)、主任介護支援専門員研修講師予定者、主任介護支援専門員と同等の実務経験者。

 立正大の國光登志子教授を講師に、事業所やチームのリーダーとしてのスキル、グループごとによる事例検討などを学ぶ。

 定員は100人。受講料は同協会会員が1万5000円、非会員が2万5000円。テキスト代は2000円。5月10日までに所定の書式に記入の上、ファクスで申し込む。


【関連記事】
認知症加算、独居高齢者加算の請求割合高く―都内ケアマネ事業所
ケアマネ資質向上事業の予算維持を―日本介護支援専門員協会
介護の研修事業、「自治体へ」「予算半額に」―事業仕分け
居宅介護支援事業所、経営は苦しいまま-東社協研修会
「福祉用具、利用者の生活見て選んで」-専門相談員協会シンポ

「3年でデフレ脱却」=自民公約骨子(時事通信)
ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン(産経新聞)
コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
自民・舛添氏が新党検討=荒井氏らに参加呼び掛け(時事通信)
自由だけど寂しい「おひとりさま」(産経新聞)
AD