学校教材として新聞を活用するNIE(エヌ・アイ・イー=教育に新聞を)の実践例を紹介する第75回「新聞活用実践教室」(毎日新聞社など主催)が15日、横浜市中区の日本新聞博物館で開かれ、小中高教諭ら約80人が参加した。

 日本NIE研究会の妹尾彰会長が「いま、なぜ新聞活用か」と題して特別講演。「新聞を読むことで、子供たちの社会への関心が飛躍的に広がったり、読解力や文章力が身に着く」と述べた。神奈川県逗子市立逗子小の鈴木雅史教諭は実践報告で、「記者派遣など外部機関の活用を推進したい」と話した。

 記者報告では、毎日小学生新聞イラストレーターの内山大助さんが普段の仕事ぶりについて作品を交えて紹介した。次回は6月12日午後2時、東京都千代田区の毎日ホールで。

【関連ニュース】
朝鮮戦争60年写真展:兵士や民衆の姿200点--きょうから /神奈川

「東国原知事殺す」ツイッターに殺害予告(読売新聞)
首相、小沢氏政倫審公開「本人の意向踏まえて」(産経新聞)
<東京医大>第三者委員会を設置 不祥事相次ぎ(毎日新聞)
教員免許制を再検討、養成課程延長も…文科省(読売新聞)
体力テスト結果、大阪府は市町村別のみ公開(産経新聞)
AD