QLOOKアクセス解析
2013-07-06 07:47:11

吉野家の値下げ戦略が上手くいかない?

テーマ:・・つぶやき、日記

牛丼の吉野家が苦戦している。


吉野家と言えば、牛丼の並盛を380円から280円に値下げして、

集客を3割伸ばし利益を増やす戦略だった。


使用するアメリカ産牛肉の規制緩和により、、吉野家は

「脂ののり具合の良い20カ月前後の牛肉が安定的に入ってくれば、

よりおいしい牛丼が提供できる」と話していた。


昔の吉野家の味が戻ったと言うテレビ宣伝を、目にした人も

多かったのではないでしょうか。


7月5日に発表した吉野家の第一四半期(2013年3月~5月)決算は、

前期の第3四半期(2012年9月~11月)以来、3四半期連続の最終

赤字だった。


売上高が425億円(前年同期比6.6%増)、営業利益が7.5億円の赤字

(前年同期は3億円の黒字)、純利益も4.9億円の赤字(同1.2億円の赤字)。


東洋経済オンラインによれば、


『吉野家ホールディングスが同時に発表した6月の既存店売上高は、

前年同月比で111%。3カ月連続での2ケタ成長は維持したものの、

通年の会社計画113%には届かず、値下げ効果は期待したほど

には出ていない。』

吉野家が値下げを発表した時に、私が書いた記事は


『吉野家の値下げで3割集客が増えるのか!』


吉野家が牛丼の価格を100円下げて並盛280円にする。


会社の予想では、集客が3割増えるそうだ。


でも、私の予想では思ったように増えないと思う。


コンビニ、大手スーパーなどの弁当類などの価格が

下り、牛丼の価格が前みたいに魅力がないからだ。


時代とともに状況は変わる。


前みたいに牛丼業界の値下げの効果がないのは

そのせい。


コンビニの過当競争は、他の業界にも影響が及ぶ。


インフレどころか、日常商品ではデフレが進行している。


先日もビールなどの飲み物100円の居酒屋に行ったが、

期間限定のはずが100円を止められない。


そのお店は、お父さんたちで賑わっていた。


お父さんたちのお小遣いが増えないのだから、当然と

いえば当然のこと。


消費者心理をどのように読むのか。


やはり、中小企業は勉強あるのみ。


皆様の健闘をお祈りいたします。



ここまでが書いた記事です。



努力は人を裏切らない。


やはり、私たちは勉強、勉強ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

豊島区池袋の経営にこだわる税理士森大志さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿