アパートに侵入して女性を暴行したとして、富山県警高岡署は28日、強姦(ごうかん)容疑で石川県七尾市三島町、会社員中田和宏容疑者(31)を逮捕した。同署によると、「覚えがない」と容疑を否認しているという。この事件は、公訴時効(7年)が約半年後に迫っていた。
 逮捕容疑では、中田容疑者は2003年11月上旬、富山県高岡市のアパートの一室に侵入、寝ていた女性に刃物を突き付けて脅し、性的暴行を加えた疑い。
 同署によると、中田容疑者は当時、近所に住んでいたが、2人に面識はなかった。
 県警は今年に入り、当時近くに住んでいた数人から体液などの任意提出を受け鑑定。現場で採取された犯人のDNA型と、中田容疑者のものが一致したという。 

【関連ニュース】
被害女性腕時計が質店に=換金の男、別の窃盗容疑で逮捕
時効廃止を即日施行=殺人など、改正法成立
ホテルに3人組、400万円奪う=従業員縛り逃走
市営住宅母子は失血死=刃物傷20カ所以上
知人の28歳会社員逮捕=茨城女性刺殺の疑い

仙谷氏の同日選発言「タブーだ」「選挙知らぬ」 閣僚反発(産経新聞)
ギリシャ問題、日本への影響軽微=菅財務相(時事通信)
足利事件 栃木県警が検証結果を遺族に報告(産経新聞)
JR西強制起訴 抱える難問 同じ証拠で異なる立証 被害者多数、どう意見反映(産経新聞)
店舗兼住宅で朝火事、中1が死亡 大阪・城東区(産経新聞)
AD