ハワイ ロサンゼルス TLC for Kids バイリンガル教育 幼児教室 英語塾 日本語 塾 海外駐在 国際結婚 フォニックス サイトワーズ

ハワイとロサンゼルスのTLC for Kids塾長 船津徹の英語ブログです。日米で25年に渡り英語を指導してきた経験をベースに、効果的な英語習得法、賢い子に育てる秘訣、グローバル時代の教育など、幅広い教育情報を発信しています。

NEW !
テーマ:

こんにちは。

ハワイとロサンゼルスのTLC for Kids塾長、船津です。

 

「しつけ」を重視する日本人は「ダメ!」「いけません!」と、子どもの行動を言葉で押さえつけようとする傾向があります。

 

命令・否定言葉は子どもの心に欲求不満と反抗心を植えつけるので要注意です!

 

大人だって「ああしろ」「こうしろ」「ダメねー」と口うるさく言われ続ければ、フラストレーションが溜まりますよね。

 

子どもだって同じです。溜まりに溜まった欲求不満がある時に爆発して「キレル」行動へと発展することがあります。

 

ストレスの多い現代社会ではありますが、親のイライラを子どもにぶつけないように注意してください。

 

「ああしろ」「こうしろ」と子どもへの命令が多い親は、険しく、怒った表情をしています。

 

親がいつも不機嫌でいると、それが子どもに伝染します。そして子どももイライラ、不機嫌になるのです。

 

イライラしがちな人は「鏡を見る習慣」をつけてください。

 

自分の表情を見れば、自分の心の状態が分かります。

 

イライラしているな、怒ってるな、不安そうだな、そんな時はニコッと大きな笑顔を作ってみましょう。

 

そして笑顔で子どもに「◯◯ちゃんおはよう!」と声をかけてあげてください。

 

親がニコニコ接していると子どもの問題行動が減り「ああせい」「こうせい」と口うるさく言わなくて済むようになります。

 

親の上機嫌は子どもを上機嫌にするのです。機嫌がよい時は、しつけもスムーズに受け入れてくれます。

 

 

母親はそんなつもりでなくても「ダメ、ダメ」と言われると、子どもは自分が否定されているような気分になるのです。

 

頭ごなしに「ダメ!」「いけません!」と言われても、子どもは理解できません。

 

何がダメなのかをきちんと説明してあげてください。

 

病院の待合室で子どもが走り回っています。

 

「ダメでしょ!静かにして!」と言っても、子どもは「なにがダメなのか」分かりません。

 

病院で騒いでいることがダメなのですが、子どもは「自分がダメ」と言われているように感じるのです。

 

そんな時は、子どもと目線を合わせて「ここは具合の悪い人がお医者さんに診てもらう場所だよ。◯◯ちゃんがお腹が痛くて苦しい時に周りで誰かが騒いでいたらどう思う?」とやさしく質問してください。

 

相手が二歳児でもしっかりと言葉で説明してあげることが大切です。

 

子どもは暗示にかかりやすいのです。

 

険しい顔で「ダメダメ」言っていると、子どもはそうなってしまいます。

 

反対に良い言葉はどれだけ繰り返しても問題ありません。

 

ニコニコ顔で「いい子だね」「かわいいね」「おりこうさんね」「やさしいね」と、もっともっと言ってあげてください。

 

 

 

 

■ 船津塾長のバイリンガルセミナーINトーランス ■
場所:TLC for Kidsトーランス校
内容:優秀なバイリンガルに育てる方法
日程:11月9日(水)10日(木)12日(土)
時間:午前9時30分~11時30分
料金:無料
申込み:(310)375-0202までお電話、または     info@tlcforkidsusa.comまでお名前、電話番号を     明記の上、Eメールにて
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。