ハワイ ロサンゼルス 学習塾 幼児教室 TLC for Kids 英語学習 バイリンガル教育 海外駐在 海外転勤 国際結婚 海外子育て

ハワイとロサンゼルスのTLC for Kids塾長 船津徹の英語ブログです。日米で25年に渡り英語を指導してきた経験をベースに、効果的な英語習得法、賢い子に育てる秘訣、グローバル時代の教育など、幅広い教育情報を発信しています。


テーマ:
こんにちは。
ハワイとロサンゼルスのTLC for Kids塾長、船津です。

ハワイでは夏休みが終わるとお受験シーズンが始まります。

ハワイの難関校といえばプナホウとイオラニ。

両校とも長い歴史と伝統がある幼稚園~高校までの一貫教育私立校です。

ハワイに限らず、世界中の幼稚園受験で合格を勝ち取るポイントは2つ。

言語能力(学力)と社会性(人と関わる力)を高度に発達させることです。


言語能力はコミュニケーション、思考、問題解決など、知的活動の基盤です。

幼稚園受験では言語能力の発達度が詳細にチェックされます。

言語発達は子どもの将来の学力を判断する目安と考えられているのです。

バイリンガル環境で育つ子どもは、言語発達が同年代の子どもに比べて遅れるのが一般的です。

幼稚園受験を予定している家庭では、子どもの言語発達には細心の注意を払ってください。

言語発達(日本語・英語を問わず)について不安がある方は、お気軽にTLCまでご連絡ください。

お子さんの言語発達状況や家庭でのサポート方法についてアドバイスいたします。



もう一つ幼児期に育てておくものが「社会性/ソーシャルスキル」です。

社会性はコミュニケーションスキルの延長と考えてもらって構いません。

具体的には、人の話を聞く力、分からないことを質問する力、周囲と協力し合う力、相手を気遣う力、感情や行動をコントロールする力、リーダーシップや問題解決力なども含まれます。

日本で言う「しつけ」とはちょっとニュアンスが異なりますから注意してください。

子どもが最初に出会う「社会」は家庭です。

子どもの社会性の土台は家庭で育てられます。

ですから、毎日の生活の中で両親が「社会性」を意識して子育てに当たることが大切です。

子どもの社会性を育てる「見本」は両親ですから、まずは両親が以下を実行してください。

朝起きたら笑顔で元気に挨拶。身だしなみを整える。家を整理整頓する。子どもにお手伝い頻繁に頼む。(してくれたら感謝の気持ちを伝える)毎日絵本の読み聞かせをする。食事の時は楽しい話をする。子どもにたくさん質問する。指示命令指図を減らす。感情的にならないようにする、、。

親という仕事は本当に大変です。

でも子どもは両親の姿を見て、自分の行動基準にすることを心に留めておいてください。

社会性を育てるコツは「お手伝い」

子どもの社会性を育てる効果的な方法が「お手伝い」です。

子どもに簡単なお手伝いを頼み、できたら「助かったわ、ありがとう」と言って抱きしめて感謝をするのです。

これだけで子どもの社会性全体が良い方向へと育っていきます。

子育て上手なお母さんは頻繁にお手伝いを頼み、子どもの自信と社会性を育てる方法をよくご存知です。

人に頼りにされる歓び、人から感謝される快感をたくさん経験して育った子どもは、人と関わることが好きで、友だちもすぐに作ることができます。

「お手伝い」の注意ですが、命令や指図で子どもを動かしてはいけません。

ささいなお手伝いでも必ず「頼むこと」から始めましょう。

「○○ちゃん悪いけど、ママを助けてね」。そして、子どもがしてくれたら「ありがとう、手伝ってくれて助かったわ」とギュッと抱きしめて感謝します。

これで子どもは自分の働きがママに必要だ、自分は役に立つ人間だ、という実感を持つことができます。

■船津塾長の英語習得法セミナーINトーランス■
場所:TLC for Kidsトーランス校
内容:学習英語力と生活英語力の習得
   子どもの現地校適応を促す秘訣を教えます!
日時:8月12日(水)14日(金)午前10時~12時
料金:無料
申込み:(310)375-0202までお電話、または
    info@tlcforkidsusa.comaまでお名前、電話番号を
    明記の上、Eメールにて
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇