新潟県佐渡島で2008年に野生復帰を目指し放鳥された国の特別天然記念物のトキ10羽(1羽死亡)のうち、雌2羽が本州と佐渡を行き来していることが23日、分かった。環境省によると、本州に渡ったトキが再び佐渡に渡ったのが確認されたのは4例目。同省は「繁殖期で行動範囲が広がり、雄を探した結果ではないか」と分析している。
 1羽は4歳の雌で、08年11月に本州側に飛来。長野、山形、福島、宮城、富山各県を経て、22日朝まで佐渡にいるのが確認され、同日午後には、新潟県糸魚川市の田んぼで餌を探しているのを市民が見つけた。
 もう1羽は2歳の雌で、21日まで同県長岡市で確認された後、22日午前、佐渡の田んぼで2羽の雄と餌を探しているのが確認された。 

<日本ファッション・ウィーク>東京ミッドタウン中心に開幕(毎日新聞)
桂宮さま、微熱でご入院(産経新聞)
【揺らぐ沖縄】「少数の反対意見、独り歩き」(産経新聞)
<日米密約>「破棄」文書、外務省が調査へ(毎日新聞)
たまゆら 「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
AD