なかのひとβ

テーマ:

あじと

今までこれといったアクセス解析ツールを使用したことはなかったけど
最近変わったアクセス解析ツールが話題のようなので、実験的に設置。
「なかのひと(β)」
これは、この日記をみている人が、どこからアクセスしているかわかる。という次世代系アクセス解析。

アメブロにデフォルトでついているアクセス解析ツールの場合、
ヒット数、時系別アクセス数、リンク元URL、検索ワード、そして訪問者属性で、OS、ブラウザだとかまでわかってしまう。
ただし、訪問者属性を解析する部分は殆どあてにならない。何故か鬼のように精度が悪く、全体の30%ぐらいの訪問者についてしかわからない。
Windows20%、Macintosh10%、Linux0.5%、他約70%は不明、といった具合。OSも同じ様子。
僕自身がMacintoshを使っているのが原因なんだろうか。

これまでのアクセス解析ツールとはちょっと違う「なかのひと(β)」を導入。
どの場所からのアクセスかわかるてのはすげえ。そんなの出来るんだな。
昨今のテクノロジーの進化、及び新たなビジネスモデルの誕生(?)をこっそり見てみようとしているわけ。

とにかく、どこまで詳細に出るのか。
「なかのひと(β)」は、公共機関や会社、学校などの組織からのアクセスに特化しているとのことなので、個人からのアクセスを特定できるわけでは無いみたい。

しかし、これがどんどん発展していって個人レベルでの詳細なアクセス解析が可能になれば、浮気調査にも使えるかもしれない。
(夫婦の電話での会話↓)
夫「いやあ、ごめんごめん。上司命令で出張が2、3日伸びそうなんだ。日曜までには帰るよ。」
妻「本当に出張?アタシのブログにアクセスしてみてくれる?アナタの場所調べるから。」
夫「……え…?」
妻「新しいアクセス解析ツールを試してみようかと思って。」
夫「死ね!!」
という具合に。

ほなけど、これ絶対気持ち悪い思う人もおるんちゃうんかな。
将来的には、この日記を見た人の家に実際に会いに行ったりすることも出来るようなレベルになるのか?

匿名が売りのネット世界に一石を投じる新たな動きの1つではなかろうか。
リアルとバーチャルを繋ぐテクノロジーの先駆けになったりとかか。
おそろしや、にんげん。
AD

ビリビリ

テーマ:

手と紙
なんか左手の親指が変。骨が変型してる。それ以外は普通なのに、もったいない。

ピンチピンチ!
あ~!も~!!めんど~い!!
最近、ストレスが原因なのか、よく食べる。けど、すぐにお腹がいっぱいになる。

精神的にもっさ気怠い。逃げたい!うつぶせのままずっと目と口を閉じていたい。
トイレに行くのも面倒臭い僕は、我が家がフローリングなのをいいことに(以下略)

そんな僕もやっとこさ作業し始める。
ああ。後悔はつのるよ。

だけどほれが僕なんよ。ほれも売りのひとつなんよ。
ほういう怠惰なとこも引っ括めて愛してもらわな困るんよ。
むりか。努力しなきゃ。
最近はもっぱらウルフルズの「ええねん」とか「笑えれば」とかを聞いて、グッときてしまっている。

デッサン、思ってたよりも全然上手く描けているものが無くて、超焦る。実家に置いてあったとっておきもアクシデントで消失してしまい、残されたものの中から選抜しなければいけない。どれを選べってンだよ。ああもう。
自分、マジでもっと上手いと思ってた。今になって冷静に過去の絵を見てみると、恐ろしく標準的な美大受験生レベルだった気がするぜ。負けるか~ぼけ~!死ね~!!!

夏好きの僕は当然寒さに弱いので、まだ地味に寒いのがとても嫌。たまらん。
しかし、テンション上げて行かないとまずい。
うおおおお。おお。おおぉぉ…。ぉぉ…ぉ…ぉ………ぉ……………………がくっ。
しゃ=ーー!頑張る。
応援たのむ。
AD

アルキメDS

テーマ:
???

アルキメDS というゲームが気になる。
ジャンルは「お笑いトレーニング」
ようは、大喜利ゲーム。
誰かがお題を出して、みんなで答えて、みんなで採点する。
DSのゲームにする必要は無いけど、ちょっとこれは気になるやろ。

毬藻とか、大喜利得意そう。

追記:関係無いけど、中村俊輔がマジでヤバい。
セルティックを優勝に導き、ヨーロッパリーグで初めて日本人選手がMVPを取る快挙。完全にスコットランドの英雄になった。いやマジヤバズよ。かっこよすぎ。
ラストのフリーキック、あの場面でよくぞあんなタマが蹴れる。鬼のような曲がり方。
感動した。
サポーター達が喜んでたぞよ。うれしいなあ。
AD

ナディッフ閉店!

テーマ:

????
ハンガーで出来たトンネル。

mewe橋本からヴィレッジヴァンガードが無くなった時以来の衝撃。?

なんと、表参道のアートショップNADiff が来月にも閉店する。(via. シブヤ経済新聞)
急でビックリしたけど、入居しているビルの解体に伴うもので、年内にも都内に新店舗をオープンする予定らしい。
無くなる訳ではないから良かったけど、あ~あ、だ。良い場所にあったのにな。
表参道に行く大きな楽しみが一個減ったよ。ワタリウムまで歩くのダルいよ。

どこにどんな新店舗ができるか気になります。

アダルトなミスドこと「andonand 」に行ってみたい。
ピンク色のドーナッツ、ミックスベリーが食べたい。

たけしとうろつく

テーマ:

MY MII

2歳年上のタケしゃんと、相原橋本周辺をうろうろした。
カレーを食べたり、テレビゲームをしたり、ラーメン屋を探したり、MUJIでシャツを買ったりした。

途中でゲーム屋によったらば、僕が今まで経験したパズルゲームの中でも5本の指に入るほどおもろい、セガの「チューチューロケット」を見つけたので購入した。これでチューチューロケットを購入したのは3回目だ。980円だった。

テトリス武闘外伝
チューチューロケット

この2つは今後も変動無し。
のこり3つは知らん。

うんこサブリーダー

テーマ:

男子便所

小学校のころ、学校の帰り道にうんこをもらしたことがある。
5、6年生のころだったか。

今思うと我ながらニヤニヤしてしまうが、それはもう情け無い経験というか、情け容赦ない経験だった。
給食の何かがまずかったのか。

帰り際に、同じ小学校に通う弟と出会い、一緒に帰っている途中の出来事。
学校出てすぐに出た。出て出たわけやな。
たしか急にきた気がする。
突発的な事故。
「オオォ…」
とか言うてたかもわからんな。

当時愛用していた忍者タートルズのブリーフパンツが、ムーディーなセピア色に染まりその風情に深みを増していたころ、僕は瞬発的に繰り出したガニマタでその騒ぎを水際で防ぎ止めた。
…かに思えたのも束の間、予想を遥かに上回る量のフーリガンは、小さな子供用ブリーフのサイドギャザー(?)などはまったく問題ではないといった様子で、今にも決壊せん勢い。

びっくりするほどたっぷり出た。

追撃とばかりに本部へ「何やら若干ユルい」といった項の知らせが届き、これはいよいよアカンと思った刹那、第二波の予兆が僕にさらなる追い打ちをかけた。

心配する弟をよそに、僕は、この世のものとは思えないほど面白い顔をしながら、出来るだけ腹部への衝撃を避けつつゆっくりと家路につく。
しかし、僕の家は学校から歩いて20分ほどの道のりがあり、キッズ達にはとても近いとは言えなかった。
確実に第二波の餌食になることは目に見えていたが、出来るかぎり被害が広がらないうち帰ろうと必死にあがいた。

見事なガニマタで、反乱軍の内股への攻撃をかわしつつ、これまた世にも奇妙な歩き方で少しづつ前進する俺。
不意に、仲間だと思っていた1人から残酷な質問が投げかけられる。
「まだ出ない?もうちょっと我慢出来る?」
意識を肛門に戻してしまった僕は、弟の愚問が終わるより前に
「今出てる」
と答えていた。
えも言えぬ笑みをうっすらと浮かべて。
第二波は容赦なく忍者タートルズを襲う。今や彼等に忍者の面影はまったく無い。
ただの茶色い陸亀に過ぎなかった。

家に帰り着いた時には完全にゾンビと化した僕と、今朝とは完全に兄を見る目が変わった弟。
6階の部屋に向かうエレベーターの中は、妙に静まり返り、絶望や安堵等様々な感情が入り交じり、暗澹として、とても言い表せない。

すぐにトイレに向かうものの、帰り道で全ての収穫を終えていたので、あとは年貢を便器に納めるのみ。
初めて自分でパンツを洗い、シャワーを浴び、着替えてソファーに座り、牛乳を飲む。

清々しい笑顔で明日に思いを馳せる、大きく成長した少年がそこにいた。
少年よ、大志を抱け!

うんこケーキ

そんな僕も大人になり、いまや秋田ゼミの副頭。めんどくさいけど、がんばろうと思う。
副頭っておいしいよな。正直ねらっとってんか。

カーテン

テーマ:

オサゲの女の子

死ぬのか?
と懸念されていたインフルエンザも、大学の新学期スタートまでには完治して、なんとかまずまずの滑り出しを見せる俺。以外とみんな第一声に身体のことを気遣ってくれるのが嬉しいよなあもう。宣伝しといてよかった。

やっと最高学年である4年生になって、これはたるんどったらアカンので、新たに新生活じゃボケと気い引き締めて頑張っていかなアカンないうてやってるんですけども~
僕ね、とりあえず形からや言うことで、掃除しまして、軽く模様替えしまして、新たに真っ白なカーテンを買いましてん。
僕は遮光カーテンより、遮光やないカーテンの方が好き。遮光カーテンは健康にも悪い気がする。
光を感じるカーテンの方が宇宙と一緒に生きてるネ。

イチコー

単位とかの話なんやけど、
僕はどちらかといえば、今まで真面目に大学行ってない方だと思う。
我が欲望のままに身を任せ、面倒なことには一切関わらずに、快楽を求めて夜な夜な彷徨い歩き、惰性を絵に描いたような有様で、喰っては寝てを繰り返し、両親が身を粉にして働いて貯めたお金を湯水の如くの勢いで使い倒し、「金を!もっと金をよこせ!」と仕送り請求の電話をすることだけは毎日欠かさへん。そんな生活が3年間続いたニャン。
ほしたら大変なことに、まわりのアホどもと比べて明らかに単位が取れてへん。全然ちゃうねん。考えられへん。
僕のこの1年間の取得単位ノルマ、一般的な水準の4倍以上。下手したら10倍とかやねん。
自分が世の中の寄生獣だと知った瞬間これ。どっちがアホやったんか、ついに悟ったわ。遅すぎた受胎告知や~!つって。

ほんで、心を入れ替えて今年も沢山授業履修しよ~言うて、4年生にはあるまじき本数のレギュラーを抱えることに。ほなのに同級生の糞どもとほっとんど会わへん。どないな。寂しすぎるわボケ。
謎に英会話初級とかってんねん。7割1年やんけボケ~。つって。
どうせ暇なんやから、もっと俺にからみに恋や、今年最後なんやからさあさあさあ。
最近絵めっきり描いてなかって、描きたなったからアニメの授業とかも取ってみたけど、これなんかいよいよ4年俺だけ。
さびしいもんやで。ほんま考えられへん。
…!
嗚呼…これがあれですか。罰当たったネ。

いや冗談。この日記、カーテンかえたこと以外全部冗談。うん。そういうことにしとこな。

ここからやっと真面目に日記を書きます。ちょっと落ち着こう。
単位がヤバいのはホンマで、今日は講義系の授業4つあった。
映像学、アニメ論、英会話、西洋建築史。
しょっぱなの授業の映像学は寝坊して行けず、アニメ論のターン。
行きしなのバスで、横浜ヨーコと巡り逢う。アニメ論も一緒。2人で仲良く教室へ向かうと、なんと横浜リョウもアニメ論ひょっこり。
授業がカブらない4年で、横浜兄妹と一緒になるとは運がいい。良かった。

英会話は、完全にネイティブの気のエエおばはんが来て終始ワケの分からんことを述べくっとった。仲良くなれそうな気がした。
知り合いが2人いた。
地元の先輩のセクシーヨネちゃんと、一度だけヨネチャんちで一緒に遊んだことのあるナナセだ。どっちも素敵なフィーメイルや。
知り合いが回りにいると頑張れる性分の僕には、英会話の授業においてホンマに心強い味方。
知り合いが回りにおる、ということは、カメラがまわってることとほぼ一緒や。

西洋建築史は退屈。眠い。イカス建築の歴史を学べるのはええんやけど、暇。そんな興味無いのかな、とか思う。
嬉しかったんは、またナナセ同じクラスだったこと。
知り合いほんまにものごっつ少ないので、ありがたい存在。
タメやけど、一年生のナナセ。いかにもおもんなさそうなラインナップの火曜日に、ほんの少しだけ楽しみが増えた。

マミー号
オカンの車。車もさることながらナンバーもいかつい。

ナナセとは、今日が2回目の顔合わせだが、まったくそんなカンジはせず、かなりの仲良しだ。
2年ぐらい続いたこの無駄日記を、昔からストーカーの如くに注意深く見ていれば、僕とナナセの初顔合わせの日の日記もあるなり。モモキと吉祥寺だったかわっせたけど、その辺に行ったんよな。

そうそう。もしかしたら前の日記でも書いたかもしれないのですが、
「ナナセ」という名前だけでピンと来た人は偉いねんけど、この名前、筒井康隆の七瀬シリーズから取ってるんだって。
素敵やん?
筒井 康隆
家族八景
筒井 康隆
七瀬ふたたび
筒井 康隆
エディプスの恋人

ホンマにええから読むべき作品だと思う。

久々の日記は無駄に長め。
と思ったけど基本長めみたい。
読みにくさが3割増ぐらい。

mi3 ヘルボーイ

テーマ:
MI3見ました。はまあまあ。★★★
なかなか。ハリウッド映画らしく、なかなか普通に楽しませてくれる。カポーティの俳優が良い味出してる。名前ぱっと出て来ん。
まさかそんな結末とは。「無理だろ」と思ってしまうほどハッピーエンドなのがアメリカン。多少無理が合る気がした。
あらすじを要約すると「ちびのトム・クルーズがこそこそ頑張るお話」。
ヒロインがでかいので、いつにも益して相当ちびだった。


ヘルボーイ。★★★
それほど良い評判を聞かない映画だけど、僕にはまずまずだった。
けど無駄に長い。作者の意向を取り入れるあまり、130分越えの無駄に長い上映時間になってしまってはいるけど、アメコミ特有の変なキャラクターへのこだわりを理解した上で見れば我慢出来る。
ヘルボーイのキャスティングは奇跡。原作そっくり。クロエネンの完成度も鬼高くて、かなりかっこ良かった。というかもともとヘルボーイはキャラクターデザインが超良いわ。
敵のCGにもちゃんとお金を賭けているから見れた。
スタッフロールでビックリしたけど、監督がギレルモ・デル・トロだったのが意外でびつくり!
パンズラビリンスの人でしょ。アカデミー賞3つ取った。特殊メイク系のとか。SFとかファンタジーとかがお好きな方。


ヘルボーイ2の制作も決定したようなので、見て良かった。長かったけど。これも3部作かな。
期待値は☆☆☆☆!

ムカッパラ バリカン

テーマ:

近鉄の車両の中
この写真は近鉄の電車の中。
東京の電車とはちょっとちゃうな。鉄棒手すりが少ない分なんとなく開放感があるよな。

今日は早く起きたから、リハビリがてら自転車に乗りたくなって出かけた。ショートパンツは動き易くていいが、まだ少し寒い。
で、咳が出始めたからすぐに戻った。プリンを3個買って帰った。朝11:30。

とろ~りクリームプリンのCMのメロディーが耳に残って美味しそうだったから食うてみたけど、いまひとつどうでもエエカンジのレベルやんけこらボケー!

腹立つ。
プリンが思っていたほどでなかっただけで、こんなにムカムカしません。
なんだか無性にイライラする。
時々衝動的にイライラする。1人のとき。だれかと喋ると治まるのに。
むかっぱらー。

明日は健康診断やけど、今のインフルエンザやっと治りかけレベルやとなんか確実に問題有りな気がするやんけボケ。
喉の調子も「弱」ぐらいやし、ぜんぜんいけてないわ。
自暴自棄やわホンマ。
あかんわ。

むかっぱらー。

これ、大分昔から流行らせようとしてるのに、いっこうに流行らない。
腹が立った時に叫ぶ。ムカッパラー!!スーパーミルクちゃんの台詞。

今は「どんだけー!」がブームっぽいけど、あんなん使てたらモロにテレビッコやんけ。恥ずかしわ。
リンカーンでフジモンがおかまちゃんたちと流行らせた功績をちゃんと讃えつつ使わなあかんわ。恥ずかしいわ。
だってIKKOとか言うててんよ。もう、どんだけー。
…きっつ。

ほんまイライラするので、エロDVD10本ぐらい借りてきた。
プラテネス1~5巻、MI3、マイアミ・バイス、パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズ・チェスト、アンビリーバブル、ヘルボーイ。
期待は「アンビリーバブル」。全然知らん映画。なのに、ホアキン・フェニックスとかショーン・ペンとか出てんの。SFだって。いったい…。
「閉ざされた森」以来の掘り出し物か?!はたまた、腹が立つほどの駄作か?!
駄作と言えば、スターシップトゥルーパーズ2のうんこさを超える映画は無いんじゃないぞ。救い様が無いってあれのこと。

ヘルボーイにはこれっぽっちも期待してないけど、ミニョーラファンとしては一応。ヘルボーイの再現性は高いし。

本命はMI3か、マイアミ・バイス。今回はまた本当に微妙なのばっか借りてきた。おもしろい映画見たいよ~。
なんか無いの。良い映画。

どんでん返し系の良い映画さがしてるんだけど、ないかな。
SFものの良い映画ないかな。
ドキュメントのおもしろいやつ無いかな。
映画監督になるのも面白そうだな。

今からなんか見て、寝て、明日の健康診断に備える。

最近バリカン買ってマジで髪を刈りたい。
面度臭いねんもうしがらみが。しらがみたくないねん色々に。
バリカン欲しいぞ~!!!


追記:アンビリーバブルは糞でした。★いっこ。