げんちゃん

テーマ:
最近作業に追われています。日記の更新が滞っています。
気にしません。今まで滞り無さ過ぎだっただけです。
本来の僕はめんどくさがりで素直なお調子者です。一ヶ月ぐらいならザラに日記なんて休むキャラですから。

これげんちゃん。
げんちゃん
中学受験に成功したゲ-マー。いとこ。
AD

妹が来ていた

テーマ:
妹が16日の朝から僕の家に遊びにきてた。徳島からはバスで9時間ほど。
初日と次の日は用事で宇都宮に行ってた。18日は東京に戻り、ホームセンター行ったりなんやかやして家を軽くリフォームした。
19-20-21日が兎に角つかれた。
いろいろあって、2日続けてディズニーランドとシーの両方に行ってきました。
で、昨日、一昨日とええかんじのホテルに泊まってて、さっき秋葉原行って渋谷行ってから帰ってきました。
兎に角歩いた。この3日間で、大量に写真を撮りまくった。200枚以上。
テンション上げて日記書きたいところだけど、いかんせん疲れたので、今日はもう寝ます。
おやすみ、みなさん。
白
AD

みそ

テーマ:
最近、非常に充実してる。けど、二、三気がかりなことがある。
非常に重要なこと。
この日記は、当たり前だけど、誰かが読んでも大丈夫な部分しか書いてないので、あれなのよ。
自分の弱い部分は隠しつつ書いてるから、本当はもう少し色々あるんだ。隠せてるか微妙だけど。
気がかりなことが上手く運べばいいな。

今日は12時に起きた。寝た時間を考えれば少し早い。
久々にペインターで落書きしてたら時間がすぐにたつ。
バイトを少し調べて、食器を洗って米を炊いて。
腹が減ってるのか切ないのかわからない。 ?
僕って独り暮らしだなあ。
らくがきも
AD

日本があつい!

テーマ:
今日もかなり内容の濃い日だった。最近すげえ。今までで一番コンスタントに長文が続いてるシーズン。
あ、あと今日も☆サプライズ☆がありました。アクティブに動いていると、サプライズは向こうからやってくるね。

今日も野田凪のトークショーに行ったんです。銀座のトークショーでは満足しきらなかったのか。やっぱサインもらわないとね。最近はもっぱら野田凪にあてられてる。やばい。
ガールフレンドと行くはずだったんだけど、諸事情によりそれは叶わず、後輩と一緒に行くことに。せっかくだし、勿体ないからね。彼もグラフィックなのでちょうどいいし。
けど、二人で遊ぶのは初めてだったので始めは多少不安もあり、楽しみでもあった。
今回はしっかり待ち合わせ時間の1時30分からハチ公前よりスタート。ネゴシックスと遊ぶ時は彼女が100%遅れてくるので、久々に幸先が良い。
ネゴシックスは今日は試食のバイトで来れなかった。モモキもスーツと軍手が必要なバイトで来れなかった。シャンメイは何のバイトだろう。また「デザインの現場」のかな。羨ましいな。
最近バイトしてるツレが多い。みんなバイトしてる。僕はしてないんだけど、なんかやらなきゃいかんのかな。バイトするほどお金には困ってないので、今はいいか、とも思うけど映像系のソフトやデジタル一眼とかのヘビーコスト系デジモノが欲しい頃合いなので、そろそろやろうかな。

後輩のマーちゃんとマクドナルドで軽く腹ごなしした後、マストワンの展示に向かう途中、日本のアンダーグラウンドの文化に遭遇。ニュースにもなったんじゃないかな。
渋谷の街で右翼だか左翼だか知らないけど、過激派の人達が抗議行動を敢行していた。機動隊も出動していて、渋谷の街は一時騒然とした。
バトル
いくつもの巨大なスピーカーから鳴り響く抗議の声。制服に身を包んだ過激派の若い衆が機動隊との熱いバトルを繰り広げる中、アマチュアっぽい報道カメラマンがその人の群れの側で果敢にも脚立に立ち、高いアングルからの騒動のシーンを収めようとしていた。
ばとる3
とにかくうるさくて見てる人間はドンビキだった。抗議を聞く人間は今の世の中では殆どいないと思う。若い人間は特に。何となく切ない人達。熱いハートを持ってるけれど、その訴え方を誤ってる。
ばとる2

マストワンの展示を見にいく。2回目。正確には3回目。2回目行った時は閉まってた。今回は違う扉も開いていて、フレンディックの春夏っぽいのが沢山あった。ちらっと見ただけなので、本当にそうなのかは知らん。
その後、ABCこと青山ブックセンターに移動。まだ開場受付まで1時間あったので、マーちゃんと喫茶店で時間を潰す。
彼は才能もありそうだし環境もいい場所で生きてるので、うまくいきそう。多摩グラだし。そんなマーちゃんと約1時間アイスティーで粘りながらトーク。
おもしろい話が色々。後輩とみっちり話し込むことは今まで無かったのでフレッシュ。みっちりってほどでもないけど。おしゃべりは得意じゃないけど好き。

で、そのあとトークショー。野田凪さん達は遅刻して登場。銀座でのトークショーは彼女の生き方とか、生い立ちとかって話が中心だったけど、ABCでは仕事の話を中心に色々面白い話が聞けた。
パルチザンに所属することについてとか、今後の活動とか。野田凪最新情報が聞けました。
いや~。すげえ。スケールが全然違う。
嫉妬するよ、マジで。あ~、よかった。
で、ABCでは、トークショーが終わると抽選会があったんです。で、僕当たっちゃいました。
はいサプラーイズ、サプライズ☆★☆★☆チカチカ。
あのプードルのエクササイズの「タカハシ・マリコの「昔、太ってた女の子」になるためのフィットネスビデオ」(非売品)が当たりました!!ラッキー!僕ってこういう運はかなり強い気がする。PSXも当たったしさ。マジラッキー。神様ありがとう。感動。
で、GASBOOKにサインもゲット。嬉しいなあ。
あ、あかんわ。完全にあてられてる。くそ~。悔しい。けど、本当に住む世界がまだちょっと遠い。頑張ったらどうにかなるのかな。マジくそ~。
けどビデオはマジ嬉しいな。
うちビデオデッキ無いけど・・。

最近日本が熱い気がします、アート。ブームがこっちに来てる気がする。やっと人間が育ってきたんだ、きっと。
パリ→ニューヨーク→日本だ。まあ、今熱いのは日本だけじゃないけど、一番熱いのはなんたって日本な気がする。ロンドンも熱いけど、日本。ベルギーやドイツベルリン、フランス、あと香港や韓国も熱いけど、日本とは比べ物にならんよ。

と思わせる原因の1つが、今日オープンした表参道ヒルズ。
行ってきましたよ~。
完全に野田凪トークしか眼中に無く、表参道ヒルズが今日オープンだとは知らなかったんだけど、後輩のマーちゃんがオープンが今日だと教えてくれたので、特に予定もなかったので行くしかねえ!ということで行った訳です。
駅から降り立った時から何か様子が。未体験の人の多さに驚いた。妙な雰囲気だった。
トークショーが終わって、リュネット・ジュラさんとこにテオの新作を見に行った後、表参道ヒルズに行ったのだけど、もうマジでありえないですね、あれは。
文化人の殿堂。
ひるず2
人の多さもさることながら。
あそこは未来ですよ。タイクーンのロゴもいいかんじだし。
ヒルズ4
六本木ヒルズに行った時と同じような感動。六本木ヒルズと違うところは、来る人間がセレブばかりじゃないところ。いや、六本木ヒルズもセレブばっかじゃないだろうけど、表参道ヒルズの方が文化人が来る割合が多い気がする。場所が場所やけん。あらゆる流行の中心に表参道ヒルズ。てか、マジすげかった。文化人なセレブが来るのは間違いないね。
文化人なセレブって無敵な気がする。
ヒルズ3
アンドウさんの建築デザインは鬼。目が飛び出る。超かっこいい。死ぬまでに1回は行っとかないと。家族を連れて行きたい。
ひるず5
ここは世界の中心だ、と感じてしまう迫力。本当に凄かった。
ヒルズ
野田凪がディレクションしたビーズ屋?も入ってて、野田凪が今ひたすらに熱いアーティストってのを、至る所でも感じさせられたし、すぐ横にあるラルフローレンの白いビルもえげつないほどカッコいい。あのラルフローレンはマジやべえっすよ。あほになりそう。
表参道自体の雰囲気が完全に一変したような。大きなお金が動いていそう。
貧富の差は広がるばかり。救世主は現れないものか。

きょうはほんとうにたくさんいいものみれてよかったです。
多摩美の卒制に行こう。ということで、地元のツレの武蔵美のネゴシックスに似た女の子と行くことに。昼飯を食ったあと、さらに多摩美のモモキも一緒に行くことになった。
かつどん
上野毛という妙に辺鄙なところにある多摩美の前の校舎。遠い遠い。一時間弱かかる。
ネゴシックスは小学生時代に上野毛と二子玉川の周辺に住んでいたらしく、少し土地勘があり、二子玉川から散歩がてらに歩いて行こうということになった。
途中僕の判断ミスで軽く無駄に迷う。この時点で少し疲れる。
が、なんとか到着した徳島の三人組は初めての多摩美上野毛キャンパスでも迷った。
デザイン科の卒展がやってるはずなのだけど、まったくやってる気配が無いところから入ってしまって、始めはあまりの人気の無さに日を間違えたかとも思ったが、探検しているうちになんとか展示会場にたどり着く。
「デザインの披露宴」と題した展覧会のアートディレクションはよくできてる。ユニークでおもしろい。
パンフレットもかなりシッカリできてて。やたらお金がかかってるなあ、と思った。
展覧会内容もそこそこよかった。そんなに悪いものは無かった。ただ、ずば抜けて凄くかっこいいってのもあまりなかった。全体のレベルが平均的に悪くないから、突出するのが困難なのかも。
低反発のパイプ踏み踏み(?)は気持ちよかった。
フキダシのもすげえ。
装丁のグループの、「本の本」とか綺麗だったし。
基本的に見せ方がいいので、作品がよく見える。
まあ中にはこれが卒展?てのもあったけど、今回は少なかった。
だんだん表現の幅もクオリティも面白くなってる気が。
で、まあ卒展見終わった時には三人へとへと。けっこう真面目に見たので、凄く疲れた。
二子玉川でパスタを喰って帰った。
ネゴシックスとモモキは明日バイトなので辛そう。
僕は明日また野田凪のトークショーに行ってきます。
多摩グラの後輩と初めて2人で遊びます。そんなに面識無いけど、一緒に行く奴がいなかったので、このさい仲良くなって帰ってこようと思います。
さあ早く映画見て寝よう。

実は今回、僕のやりたいことをちょっと発見した気がした。ちょっとした作品がきっかけだったんだけど、僕ならさらに突き詰められると思った。
刺激を受けるには体力が必要だけど、若いうちは体力なんか篦棒にあるから今のうちに鬼のように吸収するべきだよね。武蔵美の原ケンヤさんが言うてたけど、感受性の高い学生の時期は特にあらゆる物事を見まくって感動しまくった方がよいらしいね。そらね。そらそうよね。

けっこうよかったデザインの披露宴。
卒展を見るたびに、自分の卒展のことを考えてハラハラドキドキするのは、好き。

レンタルビデオ屋の陰謀

テーマ:
今日はマルコヴィッチの穴を見た。
これもヒューマンネイチュアを見た余波。
スパイクジョーンズの初監督映画。チャーリーカウフマン脚本。こんな個性的な映画を今まで見ていなかったのはとても不思議だ。
あとバットマンファンなので、やっとビギンズも見た。まあまあ。こうゆうことなのね、てかんじ。

最近映画がとても見たくて京王線から帰ると必ず某大手レンタルビデオ屋による。
始めはスタジオ4℃の「マインドゲーム」が見たくて足を運びはじめたのだが、これが何度行っても100%借りられている。
おそらく、最後に借りた客が紛失したとかの原因でもうあの店には「マインドゲーム」は無いんじゃないか、そして「マインドゲーム」目当てで来る客(like me)へのエサとして空箱だけずっと置いているのでは、と思わせるほど毎回貸し出し中。
「マインドゲーム」に釣られて店に行くが、無いからといってせっかく足を運んだのに手ぶらで帰るのは勿体ない。ので、前から見たかった映画に手を伸ばしてしまう。これは、なかなか上手い作戦であるが、卑劣ではないか。
最後に「マインドゲーム」を借りた客が紛失したとしたら、弁償金が既に入っているはず。その金をどこに着服したのか知らないが、恐らくは誰かの懐に。まあ小さなもんだけど軽い陰謀だよ。
これが大きな陰謀だとしたら悪の手は「マインドゲーム」だけに及んでいるわけがない。1つや2つの作品ではすまされないだろう。僕の興味のない作品群に注目している客層でも別の作品をエサにされこのような現象が起こっているに違いない。
目当ての作品が毎回無いことを不思議に思い店に訪ねる客がいてもおかしくないのだが「お客様が毎回貸し出されているタイミングでお越しいただいているのでしょう。」と言われればそれまでだ。
もしかすると「マインドゲーム」がいつも無いことについては、まだ訪ねた客がいないのか。意外に訪ねればすぐに入荷されたりして。
そしてまた別の作品がエサになるんだ。しかも上手くメジャーな作品は避けるようにしてね。
「マインドゲーム」はメジャーじゃないこともないけど今のタイミングで見たい客なんて、毎回無いことを不思議に思ったりしても、訪ねるほどのアグレッシブさは無いようなやつらばかりのはず(?)。だからこんなにも長い間貸し出し中なんだ。きっと。
ずっと訪ねられないと、弁償代を着服してしまうのだ。あり得ない話ではないはず。出来るだけメジャーな作品を避けたとしたら、ひと作品2本のDVDがあるとして、1本4000円としたら8000円の弁償代が儲けとなり、あれだけの作品数なんだから20前後の作品に手が及んでいるだろうし、そんなのが1000店舗以上あれば闇に流れていく金はザッと計算したところ1億6千万円にものぼる。
興味のある映画は個人個人違うので、沢山の作品でこのような不祥事が起きていることには気づかないということが穴となり、発見される危険性は無いに等しい。
その大量の裏金はどこに消えるのか。ドラッグ、武器、生物兵器、ミュータント、秘密結社、世界征服・・・・等々。1億強を資本金に裏社会の錬金術を使って増やすんだろう。これほどの大組織だから容易いだろう。他の方法でも資本金になる金を捻出する術もあるはずだ。全国に点在するツ○ヤの地下には秘密基地があるに違いない。
知りすぎた俺はもう長くないな・・・。
にやにや。
こういう偏差値の低い意味の分からない妄想は好き。
ただ「マインドゲーム」がずっと無いことについてはそろそろ訪ねてみようと思う。
そこからまた思わぬ展開にドラマが発展していくことを祈って。

銀ブラ

テーマ:
結局7日は野田凪のトークを見に行った。
行っといて良かった~。
マジヤベエわ野田凪の頭の中。かなりクレイジー。ものすごくチャーミング。
野田凪って女性は、女のアーティストの一つの理想型だ、と思った。
参考になるようなこともあったけど、ならないようなこともあった。ああいう楽しいカンジのスタンスは、非常に特異性がある。
GASBOOKも買っちゃった。今もっとも熱いセンスをもつアーティストの一人だ、と再認識させられた。てか、見た目の印象が予想以上に可愛い人だったので、驚いた。すげえパワーのある仕事をする人だから、もっと声とか低いのかと勝手に想像していたが、全然。あれであれが出来るのか、と信じられない。すげえ特殊な人だと思う。
色々面白い話が聞けちゃった~。

で、野田凪のトークショーを見に行く前に、前から見たかった映画を見た。野田凪が最近所属することになったPARTIZAN の映画「HumanNature」 。あと「バタフライエフェクト」と「スーパーサイズミー」。
「HumanNature」は、ちょっと前の映画だけど、当時は話題になってたよね。今思うと、マジメンツがヤバすぎるスキル。ミシェル・ゴンドリーが監督で、スパイク・ジョーンズがプロデューサー、脅威の脚本家チャーリー・カウフマンまで。こんなメンツありえない。
まあ内容はまあまあだったけど、おもしろい映像が沢山。さすがミシェルとスパイク。カウフマンの脚本も、英語で聞けばさらに全然いいんだろうな。
デジタル技術を殆ど使ってないのが変な雰囲気になってて。
野田凪のYUKIのMVとかフィットネスプードルのPVでも、アナログ感が不思議な雰囲気になってる。PARTIZANは彼女の仕事と合ってそう。すげえな。まだ若いのに。すげえライフを楽しんでる。
ちくそ~。

野田凪のトークの後は父とスペイン料理を食べた。初めて食べた。フランスよりもイタリア寄りな味。でも、中間ぐらいかな。うまかった。食い過ぎて苦しくなった。
彼はなんかの理事になっちゃったらしく、数日間ドイツに行くらしいのでなんか買ってきてと頼んでおいた。けっこう今年は頻繁に海外に行くらしく、飛行機とかで死なないか少し心配。なんでそんなに海外に行くんだ。誇らしくもあるけど、大変そうで、なんか。がんばれ。

スペイン料理を食った後は父の母のうちに泊まった。ばあちゃんち。
父 寝ている父
パソコンが無いので、日記が書けない。ケータイで書こうとも思ったけど、長くなりそうな野田凪の話をケータイで書くのはダルいので、やめた。が、思ったより、たいして長くもならなかったな。

で、銀ブラをして帰ってきた。
紙のとこの新しいタントセレクトを使った装丁の小さな展示を見た後、伊藤屋で画材を買って、渋谷に移動してタワレコでGASBOOKを買った。久々に荷物が重くて少しだけまいった。
わこ
帰りの電車の中で三人ぐらいの女子中学生が「前の人のメガネ、超かっこいい」的なことを小さな声で話していたが、聞こえない振りをした。心の中は「シャー!ンナロー!」。 おわり

ちち

テーマ:
明日はGGGでやる野田凪のトークショーに行く。予定だったが、行けなくなるかもしれない。
う~ん。どうしよう。行かなかったら後悔するだろうなあ。

ガールフレンドのタミーと一緒に行くはずだったんだけど、彼女に予定が入ってしまって一人で行くことになりそう。せっかくだから行く権利をツレにあげようと連絡したら、これもまた予定があってダメ。
もったいねえから、やっぱ一人でもいいから行こうかな、と思っていたら、明日は父が仕事のために実家(日本橋)にやってくるらしいことが発覚。僕もせっか くだから会いにいこうと思うんだが、そうするとチチは夕方頃に到着予定らしいので完全に野田凪展のトークを諦めなくてはいけないか、もしくはチチと一緒に 行くか。
チチはクリエイターではなく、完全に商売人だからおもしろくないかなあ。超一流ADとはいえ、野田凪もチチよりカナリ年下だし。それは関係無いか。
まあ一応誘ってみよう。
行きたくないと言うたら諦めるか。
はあ。行きたいなあ。
上京してから、父さんはけっこうスゲエと思うようになった。かなり頭いい。
TKO家はかなりのくせ者揃いじゃ。どいつもこいつも主役。ワンピースみたい。?

今日は夕方の6時に目が覚めた。とても不思議なカンジだった。朝の6時だと思った。
二月下旬に一度実家に帰ろうかな。けど何をする訳でもないしな。今回はいいか。
サンタクロース
M-1GP2005レビュー(ネタバレ)

M-1の記事はスゲエ無駄に熱い。が、しっかりお笑い好きの奴以外が読んでもおもろくない記事ではある。
あと、浅葉克己さんのサイン貰たって記事も12月。けど、自慢はここで言う程度でよろしおま。リンクは別にええやろ。