大みそか~

テーマ:
良いお年を!
AD

M-1GP2005レビュー(ネタバレ)

テーマ:
今年のM-1はヤバかった。
鬼のようにレベルが高かった。

チュートリアルが早々と最終決戦枠から外れてしまったのが悔しいけど、最後の笑い飯とブラックマヨネーズはホンマに鬼やな。ごっさオモロかった。この戦いは間違いなく過去最高やな。

個人的には笑い飯の方が好きやったけど、後で考えるとやっぱ奴らはちょっとずっこいな。あの路線はずるい。オモロすぎる。彼らのスタンスはホンマに漫才の革命ですね。アホすぎる。

ブラマヨはホンマに良かった。2回とも凄くおもしろかった。バリくそ真剣にアホなことをしゃべくられて完全に持っていかれた。笑い飯のあとのえげつない空気をすぐに変えた。もっさ感動した。アホすぎる。相撲のくだりもヤバかったけど、熊のくだりでも完全に落ちれた。シャケでバーン逝ったな。めっちゃ笑った。ズボリを押し始めたころから好きやったけど、こんなにオモロいことになるとは思ってなかった。普通に関西でずっとやるんか思た。
昔とやり方が変わってないんがすげえ。
もっと注目されてても良かったのに、マジであのブツブツがテレビの仕事減らしとんねやな笑。
いや~オモロかった。
麒麟だって悪かった訳じゃないけど、残りの二組がホンマにオモロかったから。

個人的にはチュートリアルがもう一回見たかった。メッチャオモロかったのに。順番がアカンかったな。そこでホームページ出すかと。天才やな。麒麟よりもチュートリアルやったんちゃうかな。と思いました。麒麟もホンマよかったんやけど。
麒麟はやっぱ流石に1番M-1に慣れてるなあという印象。年々楽しんでやってる度が上がってる気がする。
笑い飯、ブラマヨ、チュートリアル、麒麟、品庄の順番でおもろかった。
TOP2と3~4は全然差が無い。いや、123の差が無いかな。まあけっこう上は激戦。とにかくチュートリアルのがもう一個見たかった。
敗復からの千鳥がイマイチ振るわなかったのが心残り。キャラは嫌いじゃないけど、毎回やたら妙な芝居モノを押してくるのはよくわからん。オモロくない事は無いねんけど、何となく抜けきらない。伸び悩んでんなあというカンジ。
あと10年目の品庄がめっちゃ頑張ってたのにも感動やね。普段テレビでよく見かける割には彼らの漫才見た事あるって人は少ないから、なんかそのギャップが足を引っ張ってたりもした気もする。
タイムマシーン3号は、若干早かったかなという印象だった。品庄とは逆に、まだテレビに出なさすぎのイメージがあれや。オンエアバトルではやたら強いし、あっちの方がまだ光ってた。
こんな大舞台には早すぎた。まして、今回やし。レベルが高すぎる。
けど、M-1決勝の経験が今後の彼らにどれだけの影響を与えるかがおもしろいところ。
紳介さんも言うてたけど、ここは来年に期待です。

まあなんとなく分かってた人多いっぽいけど、南海キャンディーズは辛かったな。あんなに注目されてたのにグダグダのアジアンにも負けて最下位やねんから。
てか、もっと辛いんは笑い飯。今回優勝せんかったらイツ優勝すんねん!てネタやもんな。
いや~笑った。笑う限界まで笑った。マリリンモンローはないで。マリリンモンローはないわ。ホンマにおもろかった。
ほなから、普通に考えて彼らのやり方でこれ以上は厳しい気がする。ベストを持ってきた。今回のネタで負けるんや、本人達が一番信じられへんはず。
完全に取りにきてたもんな、今までで一番。当たり前やけど。
ほなから来年が心配。奴らならやってくれるか、否か。
だってどう考えても今回以上のは無理やろ。ってぐらいオモロかったから。普通に喋ってるだけでオモロいあの2人がマリリンモンローやで。

やっぱ俺は笑い飯。いや、今回はマジでどっちが行ってもおかしくなかったな。ブラマヨがスタンダードなスタンスで鬼のようにオモロく作ってたのは事実。凄かった。
漫才に感謝。いや~。笑った。なんか俺健康やな。
マジで。ホンマに感動した。ヤバすぎるスキル。M-1スゲエ。漫才の進化を体感できました。
やっぱ笑い飯は辛いけど今回はブラマヨでよかったな。ほなってハゲとブツブツやねんから。
い~や~、ほんま。なあ。
ホンマ。
マジでめっちゃ笑た。

(※重要※一文一文の間に「オマエ何様やねん」をはさみつつ読んでね※)

追記:なんか意外に今回の笑い飯はアカンかった言うやつがチラホラおる気がしてきた。
いやいやいやいや。ちょっとちょっと。
全っ然オモロかったって。あいつらハイったらぬけんから。
けどスタンダードな漫才よりも、見る者に高い読解力が必要なんかもわからんな。実際にあの現場の空気に触れた方がわかりやすそう。ドカーンドカンいっとったやん。後半の哲夫のソロなんかまさに鬼やで。きっと一生に一度見れるか見れんかの大技や。まあ、紳介さんも松本さんもブラマヨやから今回は完敗だったんかな。次回が心配や。
てか、よう聞いたら声が2人ともエラいおもろい。
AD

ナイスなプレゼント

テーマ:
まあとにかく。ええ。成功でしたね。今回も。
来年がまたプレッシャーですが、まあ心配いらんでしょう。過去の自分は超えられなかった事がありませんから、ええ。(今ええん言うた)
自称クリスマスの魔術師ですから。サンタの生まれ変わりですから。
ということは凄いですよ。ええ。

キリストで思い出したけど、最近あれですね。街で謎の宗教団体的ピーポーがやたら頻繁に演説してますね。新宿にも銀座にもいました。ほぼ同じ時間帯に。黄色い看板に筆文字で熱いメッセージを嗜み、それを持つのはバイト風な人物。渋谷では黒人のおっさんが持ってた。彼らもメンバーなのか。

同じ時間帯にそんな中心地をウロウロしたのはやはり、Xmasプレゼントを買うためですよ。
いくらサンタの生まれ変わりでも、当日まで何も考えていないと焦ります。
暢気にばあちゃんちで江戸の粋なムードに浸っている場合ではございません。
さあさあ、目覚めるやイナや顔を洗って飯を食ってだらだら。ええ。まあ起きたばっかりは動けません。超低血圧です。
昼頃にばあちゃんじいちゃんに辞令的な挨拶「良いお年を」繰り出してからそこを後にして、とりあえず銀ブラを敢行。ばあちゃんちは銀座まで5駅とかなので超便利。
父に以前行ったモノショップの場所を聞いてから、松坂屋に移動。階下にありました。
で、モノショップの側にあるセンス抜群のセレクトが光るインテリアショップで目当てのものを発見。
ラッキーでした。もう。びっくり。
ばあちゃんちに泊まりに行こうと思わなければ、コイツには巡り会わなかった。
いいものを見つけました。きっとタミーには最適のプレゼント。運命。僕はディスティニーズチャイルド。
あと、モノショップでメガネのヒモも買いました。

で、疲れたので和光の名物ディスプレイがクリスマス仕様になっている前に腰掛けて休憩。以前は毎回マネキンがでてくるデザインだったのに今回はマネキンいなかった。マネキンの人は何かの雑誌で紹介されてたんだけど、デザイナーが変わったのかな。

次に新宿に行って服屋をみたり聞いたり歌ったり。欲しい服はみんな高い。ハイクラス。
伊勢丹の地下にも行ってみた。さすがクリスマスイブということで、ケーキ売り場にはえげつない長さの行列が。こんなんテレビでしか見た事無かったけど、マジであるんやな~とびっくり。
服も見よ思たけど、エアマックスとか履いとった僕には伊勢丹の服屋はあまりにハイクラスすぎて行けなかった。頑張ろ。

で、家に帰って、キャベツとアンチョビのパスタを作って食べたり、旨いケーキを食うたり、ハーゲンダッツ食うたりして、貧しいながらも精一杯イブを満喫して、幸せに暮らしましたとさ。
はいおわり。

下町にて一泊

テーマ:
父方のばあちゃんちに泊まってます。

本当に江戸っ子って粋ですよ。
実際にリアルな江戸の人と親密な関係にあると、本当に彼らの生態は粋そのものだということがヨク分かります。
日本古来の世界に誇れるワビサビの文化が最早絶滅寸前にあるのではないだろうかというナカ、運の良いことに身内にそんなおばあちゃんが1人。
可愛いしかっこいい。粋。
粋ってヨーロッパとかのお洒落とはまた全然違うお洒落。お洒落ではなく、粋。
そのマインドがやべえ
マジ他にはいねえよコイツ。負ける気がしねえ。最強ってこういうことよ。
(?)

昔はよかっただろうな~。
ばあちゃんち、日本橋やからホンマにド真ん中OF江戸っ子の町なんです。
祭りとか、マジ熱かったやろなあ。関西のそれとはまた違った格好良さ。
似てるけどな。
まあ祭りは阿波踊りが最強やけどな。

今年の正月頃だったかにもお邪魔したとき、町内会的なイベントが催されていて、キュートにハンテンを着こなしたじいちゃん(僕はこの人に似てる)と遊びに行ったんだけど、見事なまでに下町でびっくり。
おばあちゃんやおっちゃんやねえちゃんやガキや犬(柴)まで、下町だってすぐわかる。
メインは餅つき。おっちゃん達がついて、水差しはやたら年季の入ったおばあちゃん。できたら奥さま達が慣れた手つきでちぎって丸めてトレイに乗せる。
まだ熱々のまま突きたてを味噌か砂糖醤油か大根おろしポン酢で頂く。
格別。しかも安い。旨い。正月最高。
少し変わったメガネをしているTKOT1は浮いてたかも。

当時の有名な建築家の手による古き良きモダンな仕事場兼家にじいちゃんと2人で住まうばあちゃん(70代後半)は、地下鉄に乗る人間が最近どっと増えたと言う。
巨大なマンションやビルが次々と作られている昨今、都内の人口が順調に増加していて、なんとなく寂しい。

世界中の文化が混ざりに混ざって混沌としている日本文化は、良いところでもあるし寂しいとこでもあるなあ。と、ばあちゃんのウチに来る度に感慨深い想いを噛み締めるワシなのであった。

外人とタイマン

テーマ:
三回目です。
今回は二人でした。(タイマンちゃう)

オカンのツレの娘さん。英語人なので日本語があんまりダメ。で、僕はその逆。やから、一緒に勉強したら、お互いにバイリンガルになれるんとちゃうか?!ということで始まったこの企画。
三回目の今回は、なぜか姉さんもツレてきた。
「アーユーハングリー?」ときて
「スコシ」。・・・。

はなまるうどんで夕食。黒人とのハーフの姉妹もはなまるうどん食うんか~と。
セルフのシステムにも慣れたカンジだったのだが、エビ天が一本しか無く、姉妹は2人ともそれが好物らしかったので、僕にエビ天のストックがもっと無いか聞けと英語で要求してきたっぽかったので、聞いてみた。既におもしろい空気だが、かしこまりましたと言ったはずの店員は何のリアクションもせず、エビ天にありつけなかった妹は苦笑いそして俺も変にかっこわるいカンジ。
大体「エビ天もう無いんですか?」に「かしこまりました」では会話の様子が何かおかしい。
今から日本語の勉強をする彼女らも混乱は必至。なんて店員だプンプン。
どこのはなまるうどんかは書かないけど、味はいつものごとく旨かった。(フォロー)

仕方なくエビ天を姉とシェアーする妹まだ苦笑いそして俺はまだ馴染めない。
姉は姉でカレーとのセットを注文。やたら食う。「アイムハングリートゥデイ」らしい。
妹は目測を誤り、わかめうどんの中を半分ぐらい残していた。
レッスンが始まっていないのに、既にボケ倒し。突っ込み所満載劇場。

何となく話しに詰まると、僕はケータイに入ってる僕のアートワークの数々を見せて繋ぐことを思いたった。
見せると「オ~」「アメイジング」「ビッグアップス」などと嬉しいリアクション。
すると妹が「姉のアートは簡単だけど、深いわ」的なことをつぶやく。
マジか。アーティスト間では攻撃とも取れる思わぬ反応に驚きを隠せない僕に、姉は「マインドイズディープ」・・・。とかなんとか。ニューヨーカーの彼女らはアートにも精通しているようだ。

で、場所を移し、休憩した後勉強。
まあとにかく大変。前回妹と新宿の紀伊国屋で買ったやたらムズイテキストを使ってるのだけど、僕の分からない事をどうにか説明したい彼女も、ソレを説明するために駆使しなくてはならない日本語が見つからず、右往左往。楽しいんだけど、なかなか進まない。
思ったより発音がいいわね、と褒められて嬉しかった。ハハハ当然さ。
ただ、最後に「次回、始めにもうちょっと簡単なテキストを探しに行きましょう」と提案され、なんとなく情け無かった。
頑張らなくちゃ。彼女に早くまともに日本語を教えて上げられるようになりたい!!
英語人と、こんなラッキーな環境にあるんだから、マジ頑張らなくちゃ。
なんかいい方法ないかな。マジで。

メガネマニア

テーマ:
ついに冬休みに到来して、最近はリラックスできている日々が続く。
年末の気になる特番は自慢のPSXに貯めて、空いた時間に本格ハンバーグに挑戦してみたり、洗濯したり、掃除したり。
ここ最近の「松紳」はやたら面白いので、11月初めからずっと録り貯めてDVDにしたり。ガキの使いはやたらとスポーツの延長やらなんやらのお陰で予約録画だと時間帯がずれてしまうので、うまいこと毎週録れない。
今欲しいものは強いて言えば金。強いて言わなければ、食器棚が欲しい。
あと、アンダーアーマーをもう一着。僕はエクストリームババシャツと呼んでる。かなりいいよ。値段が高いんだけど。
今日は今年2度目の寒波だったからね。マジで寒い。

今日はグラフィックデザイン科の忘年会で、近所の飲み屋で宴会でした。
楽しかった。もっとみんなと話したかったけど、僕らの座った大きな机の真ん中に、謎の植え込み(?)があって、向かい側の人間と話せなかった。なんじゃあのふざけた席は。
結構毎回行く2次会、今回は行かなかった。のですぐ帰ってきた。

お酒の席でする話はオモロいですよね。エロ話だとか、エッチっぽい話とか、下ネタとか、スケベトークとか。
お酒が飲めるようになったのも比較的最近の若手どもですから、まだまだトークのネタもフレッシュエロ。いつ初めて付き合った?とか初キスはいつ?だとか、初体験はいつ?だとか。もうそんなんオモロいね。
まあ中にはウブウブちゃんもいて、イッツソウワンダホーなわけだけど。
下ネタって何故かタブーなイメージがあるから、その話をしてること自体に面白い空気が付加。ニヤニヤ。ええですよ。下ネタ。
外人とコミュニケーションするときもヒトトオリの下ネタさえ押さえておけばどの国の人間とも爆笑トーク確実なんちゃうかな。下ネタが嫌いな人ってあんまいないでしょ。きっと。嫌いな人いても、好きにさせるでしょ。空気が。?
昨日タミーと「チームアメリカワールドポリス」を見たんだけど、制作者のマット・ストーンとトレイ・パーカーは下ネタをガンガン押してくる。マジオモロいっすよ。
サウスパークでもやたらに誇張して表現してるし。嫉妬するよ、やつらの傲慢なまでの面白さに。あんなバカバカしい脚本でスゲエ一流のスタッフがついてくるんだからね。
パペット同士の濃厚なファックシーンは必見やね。超おもろいだす。

メガネマニアになろうと最近決めました。目標100個。将来はメガネデザイン史の生き字引じゃ。

妹がランボルギーニのイカした自転車を買った。羨ましい。

ナメタケスパゲティ

テーマ:
あまりにハラがすいたので、家にあるものだけで何かを作ろう。
おお。パスタがあるやないの。
え~と。ホカには。
おお。たまねぎ。・・・ちょっと単品では使えん。
お。キムチ、めちゃめちゃ賞味期限切れとるやんけ。あかんわ。
う~ん。やたら調味料は多いねんけど食材が全く無い。
玉葱とパスタだけや。
と思ったらナメタケ。これかけたらいけるんちゃうか。と。
よし、ゆでて。
ナメタケかけて、そのままやったらナメタケ冷たいからチンして。
いざ食うマズぃ・・・・。
いや、やっぱうまいマズいぞこれは。あかんあかん。
食えるけど、きつい。
粗挽きコショウで一口二口はごまかせたけど、きつい。
もったいないし腹減ってるから食うけどやな。
しゃあないから食うけど、いや、なんでやねん。
これは食われへんぞ。なんで食わなあかんねや。
むっかつくわ~。理不尽やわ。
コマーシャルをコマーシャルする猿、だから、コマーサルぐらいムカつくわ~。
むかつくわ~。
最近の香取慎吾ぐらいムカつくわ~。
むかつくわ~。
外人と付き合ってるという事だけで何となく得意気な女ぐらいむかつくわ~。
むかつくわ~。
ウエンツが男前なのに面白いのぐらいむかつくわ~。
むかつくわ~。
流れなくなった洗面台ぐらいむかつくわ~。
むかつくわ~。
福原愛がブサイクやのに中国でアイドル面なのぐらいむかつくわ~。
むかつくわ~。
最近の寒さぐらいむかつくわ~。
むかつくわ~。
このネタっぽいのの中途半端さが一番むかつくわ~。
むかつくわ~、むかつくわ~、むかつくわ~。

ディープインパクト敗れる

テーマ:
あらゆるものが震撼した。
途轍も無い衝撃。
信じられん。
あの無敵のディープが。
まあ、一生勝ち続ける馬なんていないんだからね。それもロマンですよ。
とか、あんま競馬興味無い奴が言うてるけども。
好きな人は好きよね~、競馬って。
画塾時代にも先輩がやたらに熱く語ってた。まだ17才とかやのに。そんなに若いうちから・・・。
だいたい彼ら若手競馬愛好家はダビスタとかやっとった奴やねん多分。
ダビスタは多分めっさおもろいと思うねん。けど、ソレ故にやろうとは思わん。タバコと一緒。めちゃめちゃ中毒になってしまってからでは遅い。と思って。
ダビスタ的な競馬モチーフのゲームは進化を繰り返しつつ、一生リリースされるはずやから、ゲーム大好き人間の僕には危ない存在。デンジャラスビューティーやねん。
ダビスタハマってしまったら、きっとリアルでも好きになるに違いないから恐いねん。
ギャンブルですから。競馬は。ええ。

酒とタバコとギャンブルには縁がない、僕。
もっとモテモテでもいいのになあ。
(バッチーン落ちた)