既存住宅流通活性化等事業

テーマ:
$建築士の日記-既存住宅流通活性化等事業

既存住宅流通活性化等事業の登録が完了しました。

「既存住宅流通活性化等事業」は、住宅ストックの品質向上及び既存住宅の流通の活性化を図ることを目的として、設けられた平成22年度国庫補助事業です。
対象となる住宅は、昭和56年6月1日以降に建設された住宅であって、平成12年3月31日以前に竣工したものです。
補助金の額は、リフォーム工事タイプで、工事費の1/4で、戸当り100万円が限度です。

あまり知られてない補助金です。
構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分の工事を行うときに(耐震補強や屋根の葺替等)リフォーム瑕疵保険の加入と住宅履歴情報の登録を行う事を条件に補助金が出ます。



詳しくは、お問い合わせください。
株式会社 武野テッケン
045-832-1155
info@tkntkn.com

AD