一級建築士 学科

テーマ:

順序が逆になりましたが、


ho


じゃーん、”基本建築基準法関係法令集”



法令集って、IT的に言うとリンク貼りすぎです。



リンクを全部たどらないと、答えが出てこない。



試験には、持ち込みが許されているのですが



ぜーんぶ、暗記するくらいでないと、



時間が足りません。



例えば



(防火壁)

第二十六条 延べ面積が千平方メートルを超える建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ千平方メートル以内としなければならない。ただし、次の各号の一に該当する建築物については、この限りでない。


一 耐火建築物又は簡易耐火建築物

二 ・・・・・・・・・・・・・・・



この各号に、書いてあることを理解するために



他のページに飛ばないと分からない。



で、どこのページに飛ぶかまで親切じゃない。



キーワードはで、ただしはで、矢印引っ張って・・・・。



試験を受ける頃には、”発掘された古文書”みたいに



なるんです。



最初から”親切な法令集”作ってくれればいいのに



だから、解釈の違いや間違いが起きるんですよ。



なんちゃって。



(・・・続く)

AD

一級建築士試験

テーマ:

今年の一級建築士試験



設計製図の課題は



「防災学習のできるコミュニティ施設」



時代を反映してるようで



ちなみにバブル経済絶頂時は



「リゾートホテル」なんてのもありました。



私が受験した平成5年は



「メゾネット住戸のある集合住宅」



ik

(当時練習してた図面)



大規模系(公共施設等)の場合は



敷地に余裕があるので、プランがたてやすい。



一方、住居系はその逆で



「このプランしか建たないよ」という感じ。



設計製図の試験は五時間三十分。



長~いように思えて、実は足りないくらい。



最初の一時間半でプランを考え



後の四時間で機械のように製図。



二時間考えても、何も出てこないと



あせりますよね。



半分、諦めてタバコを吸いにいったんです。

(本当はいけないんですけど)


湧いてくるもんなんですね。



よく、散歩をしてて、ひらめいた



そんな感じです。



そこからは、まさに一心不乱



あれほどの集中力は、今後



火事でもないかぎり、発揮しないでしょう。

AD