秋英堂の筋トレ鍼灸師・金本です



昨日の筋トレで早速筋肉痛が出てきましたが

トレーニング翌日に痛みが出てきてくれているということは


まだまだ若い証拠!?(←ここ、笑うところですよ)



さて、痛みも慢性化すると、ちょっとやそっとでは取りにくくなります

今回ご紹介する患者様の声は先日、親指の痛みの治療に関して書かせていただいたかたと同じじかたのものですが(そのときのブログ←


親指の治療と同時に


今回の首や背中の症状に対しても治療をさせていただいてました


これまでもマッサージや他院での鍼治療もされていたようなのですが


このかたは鍼の響き(奥にズーンと響く感覚)が大丈夫なかたなので


やや太めの針を使い、強めの刺激をすることで


長年の凝りや痛みを軽減することができました




画像より転記↓

『症状 背中から首にかけての凝りと痛み

私は30代の頃から左の肩甲骨の辺りに
強い凝りを感じ、ひどくなると痛みが
背中から首筋、頭頂にまで至った。

ほんとうに辛いのでマッサージや鍼(秋英堂先生のものとは違ってとても浅い感じ)にも
通っていた。

治療していただくとその時は楽になるのだが
ズーンとした痛みや重くるしさは常に残っていた。

夫が腰の痛みで秋英堂の先生に治療していただき
「とてもいいから行くといいよ」と言ってくれたので
私もうかがうようになった。

先生は「まさにそこです!!」という箇所を
治療して下さり、生き返る思いで

治療後は息が大きく吸える感じで
何十年とかかえてきた背中の痛みを忘れるようになった。』

以上転記↑


背中や首の痛みがひどくなると

この患者様がおっしゃる通り

息を大きく吸いづらくなるので

カラダが疲れやすくなるんですね


逆に痛みや凝りが取れると

呼吸も楽になり

酸素を十分に取り入れることができるようになるので

カラダが疲れにくくなります


ここで大事なのは

単に症状だけを消失させるために

患部にだけ施術をするのではなく

その痛みを引き起こす原因となっている

患者様の体質をも改善していくことが

極めて重要になってきます


河川を浄化するには

単に汚れを取り除くのではなく

汚れの原因、例えば生活排水やごみを捨てる事など

これらを改善しなければ

一時的にきれいになっても

また汚れてしまいます


人の体も同じで

症状を引き起こす体質を同時に改善していくことで

同じ症状を引き起こさないようにすることができます


体質改善という視点は

鍼灸や漢方薬などの東洋医学が得意とするところです


充実した人生を送るために、健康な体は必要不可欠です


辛い症状がある方はもちろんの事

日常生活に支障のないような症状(冷え性や、風邪をひきやすいなど)であっても

大きな病気を起こさないために

日ごろからカラダのメンテナンスに努めていただきたいと思います


秋英堂治療院(電話 0466-65-1489)

ホームページ←


メールでのお問い合わせ←

フェイスブックもやってます←
(友達申請の際はひと言メッセージをお願いいたします)





AD