音楽王国 Turntable Connection

あれも聴きたい!これも聴きたい!もっと聴きたい!!もっともっと聴きたい!!!


テーマ:
フレンズといっても、各世代により思い浮かべる対象作品(番組・楽曲等)が様々あるとは思う。我々世代だと多分1番に懐かしくも胸キュンなイギリス映画

フレンズ~ポールとミシェル

from movie ”Friends”(1971)

私の場合、これに尽きる(笑)。何度も繰り返しTV放送されてたので、覚えていらっしゃる方も多いことだろう。ま、内容は上記動画で即復習出来てしまうアイドル映画なので、ミシェルがかわいーポールがかーいいというスタンスで良いと思う。で、忘れてならないのが・・・

英ロック・シンガー兼ピアニストのエルトン・ジョンの’71年リリースのサントラ・アルバム ”Friends”(フレンズ~オリジナル・サウンドトラック

これよーコレコレ!という忘れられてるというか 、残念なことに単独CD化されてない可哀相なアルバム。なのだが、70年代初めを象徴するようなストレートな音の感触と情緒溢れるメロディ・ラインが堪らない作品(と勝手に思う)

01. "Friends"(フレンズ)  Elton John  with Lyrics  1971

from his soundtrack album ”Friends”(1971)*試聴(2tracks), ”Friends”(JP 1977), ”Friends”(US Remaster 1978), ”Friends”(JP 1979) & compilation album ”Rare Masters”(2CD 1992)*試聴
single "Friends / Honey Roll"(1971), "Friends / Honey Roll"(France 1971) & EP "Friends"(7" 4tracks 1971)
歌詞  歌詞・コード①  歌詞・コード②

この映画をTVで初めて観たのは中2の頃だった。エルトン楽曲が使われているという点でサントラ盤が気になり、入会したばかりのファンクラブに問い合わせたところ、「歌詞カード・訳詞にも問題があるので、安価な輸入盤を買ったほうがお得」とアドバイスされた。当時通販で注文するも在庫なしだったりもした。だいぶ後になって米盤LPを入手したのだが、これが重量感があって非常に良質であった。やはり先進国は違うなぁと思ったものだ(笑)

サントラ制作に際して曲が足りないので泣く泣く提供する羽目になった、オリジナル・アルバム用に取って置きたかったという2曲・・・

02. "Honey Roll"(ハニー・ロール)  with Lyrics

from his single "Friends / Honey Roll"(1971), "Friends / Honey Roll"(France 1971) & EP "Friends"(7" 4tracks 1971)
歌詞  歌詞・コード

06. "Can I Put You On"(キャン・アイ・プット・ユー・オン)  with Lyrics

歌詞  歌詞・コード①  歌詞・コード②

脚本に目を通す前に、早々とバーニー・トーピンが作詞したという・・・

07. "Michelle's Song"(ミッシェルの歌)  with Lyrics

from his EP "Friends"(7" 4tracks 1971)
歌詞  歌詞・コード①  歌詞・コード②

09. "Four Moods"(フォー・ムーズス)~ (11:01)
10. "Seasons Reprise"(四季はめぐり来る)

"Seasons Reprise" from his EP "Friends"(7" 4tracks 1971)
歌詞  歌詞・コード

オリジナル・アルバム全曲(プレイリスト再生)↓

Friends”(フレンズ~オリジナル・サウンドトラック)  1971

Side A
Friends (フレンズ)  歌詞  歌詞・コード①  歌詞・コード②
Honey Roll (ハニー・ロール)  歌詞  歌詞・コード
Variation On Friends (フレンズのテーマのバリエーション)
Seasons (四季のテーマ)
Variation On Michelle's Song (A Day In The Country)
  (ミッシェルの歌のバリエーション)
Can I Put You On (キャン・アイ・プット・ユー・オン)
  歌詞  歌詞・コード①  歌詞・コード②
Side B
Michelle's Song (ミッシェルの歌)
  歌詞  歌詞・コード①  歌詞・コード②
I Meant To Do My Work Today (A Day In The Country)
  (田園の一日)  歌詞
Four Moods (フォー・ムーズス)
~ Seasons Reprise (四季はめぐり来る)  歌詞  歌詞・コード

’92年リリースのコンピレーション・アルバム ”Rare Masters”(イエス・イッツ・ミー~レア・トラックス)収録順で全曲(プレイリスト再生)↓

”Friends”(フレンズ~オリジナル・サウンドトラック)
from his compilation album ”Rare Masters”(2CD 1992)*試聴

Friends (フレンズ)
Michelle's Song (ミッシェルの歌)
Seasons (四季のテーマ)
Variation On Michelle's Song (A Day In The Country)
  (ミッシェルの歌のバリエーション)
Can I Put You On (キャン・アイ・プット・ユー・オン)
Honey Roll (ハニー・ロール)
Variation On Friends (フレンズのテーマのバリエーション)
I Meant To Do My Work Today (A Day In The Country)
  (田園の一日)
Four Moods (フォー・ムーズス)
~ Seasons Reprise (四季はめぐり来る)


【エルトン・ジョン 関連記事】
エルトン・ジョン(ブログ・テーマ)

【エルトン・ジョン(ソロ) 関連記事】
In Concert At Edinburgh / Elton John 2014-03-28
The Madman Session Demos / Elton John 2010-03-25
Final Melodist in Millenium / Elton John(2000) 2009-10-18
Another Rock of the Westies / Elton John(Piano+Vo 75) 2009-09-03
Lestat (Demo)/Elton John 2009-05-04

【エルトン・ジョン(ソロ+レイ・クーパー共演ライヴ) 関連記事】
Le Galaxie - Sep,26, 2009① / Elton John(前編) 2009-11-24
Le Galaxie - Sep,26, 2009② / Elton John(後編) 2009-11-24
Live in Zenith,France-Sep,24,2009①/Elton John(前編) 2010-01-15
Live in Zenith,France-Sep,24,2009①/Elton John(後編) 2010-01-15
Rainbow Rock 1977① / Elton John 2009-10-04
Rainbow Rock 1977② / Elton John 2009-10-04
an evening with Elton John and Ray Cooper 1994 2009-09-29

【エルトン・ジョン(バンド他ライヴ) 関連記事】
Bonnaroo Music Festival 2014 / Elton John 2014-08-23
Rio de Janeiro 1995 / Elton John 2014-10-06
The Boras show(21-6-09)①/ Elton John(前編) 2009-08-26
The Boras show(21-6-09)②/ Elton John(後編) 2009-08-26
Rainforest Benefit Concert 2002 / Elton John 2009-10-14
Honky Indiana Chateau / Elton John(1972) 2009-09-10
Royal Festival Hall 1972 / Elton John 2009-10-28
A&R Studios,NYC 17-11-70 / Elton John 2009-09-04

【エルトン・ジョン(単品) 関連記事】
Elton John : Say Goodbye To Norma Jean 2014-04-13
I Don't Wanna Go on / Elton John 2013-10-31
Boogie Pilgrim / Elton John 2010-08-02
Donner Pour Donner / Elton John & France Gall 2010-04-03
Funeral for a Friend / Elton John 2010-01-01
Take me to the Pilot / Elton John 2009-08-03
Free Man in Paris / Elton John 2009-07-18
The Rosie O' Donnell Show / Elton John 2009-05-31
I Guess that's why they Call it the Blues 2009-05-06
Come Down in Time / Sting & Elton John 2009-04-21
Let me be your Car / Elton John 2009-04-19
Tiny Dancer/Ironik feat. Chipmunk & Elton John 2009-04-03
Mr.Bloe feat. Elton John 2009-03-21

【エルトン・ジョン(その他) 関連記事】
The Rumour / Olivia Newton-John 14-07-03
Pinball Wizard / The Who 2010-04-17
Live in Japan 1988/Eric Clapton feat. Elton John 2010-04-15 
Timeless / Bobby Charles 2010-03-31
Sing Children Sing / Lesley Duncan 2010-03-15
Sand and Water / Beth Nielsen Chapman 2009-10-11
Give Up the Ghost / Brandi Carlile 2009-10-08
Black Gives Way to Blue / Alice in Chains 2009-09-30
China / China 2009-09-27
I Heard it Through the Grapevine / Marvin Gaye 2009-09-04
Love Song / Lani Hall 2009-07-17
Procol Harum / Procol Harum 2009-06-05
Only One Woman / Nigel Olsson 2009-06-01
Stan / Eminem 2009-03-29

【バーニー・トーピン 関連記事】
These Dreams / Nancy Wilson 2010-09-23
Pinball Wizard / The Who 2010-04-17
Timeless / Bobby Charles 2010-03-31
China / China 2009-09-27
Procol Harum / Procol Harum 2009-06-05

original up date : 2015-03-25 18:30:00 (今回動画最新化&加筆あり)

テーマ:
ドラマティックな展開のイントロにゾクゾクしてくる・・・

アイルランド出身のロックバンド、U2の’87年リリースの名盤 ”The Joshua Tree”(ヨシュア・トゥリー)のオープニングを飾る、大ヒット曲 "Where the Streets Have No Name"(ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地))

この曲を名曲たらしめる要因のひとつは、歌詞の意味性重視の「歌」としての共感だろう。多くに支持される「歌」から発散されるストレートなメッセージ性(ロックな姿勢と言い換えてもよい)だとは思う・・・のだが、それは言葉にして位置付けた場合に限られるのではないだろうか

(私個人としては)例えそういうアツさに距離感・違和感を感じたとしても、圧倒的に塊りとして感覚に響いてくる音楽こそが最大の魅力ではないかと思う。この曲を構成する音のなにもかもが有機的に結びついている、U2スタイルの最も完成された楽曲

変人ブライアン・イーノと職人ダニエル・ラノワによる空間を活かしたプロデュースも、それはそれは素晴らしい

"Where the Streets Have No Name"
(ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地))
  U2  with Lyrics  1987

from their hit single "Where the Streets Have No Name"(7" 1987), "Where the Streets Have No Name"(12" 1987), 5th album ”The Joshua Tree”(1987)*試聴, ”The Joshua Tree - 20th Anniversary Edition”(2CD+DVD 2007)*試聴
the greatest hits compilation album ”The Best of 1980–1990”(1998)*試聴, iTunes download box set ”The Complete U2”(2004), hits compilation album ”U218 Singles”(2006)*試聴
歌詞  歌詞・コード  TAB譜①  TAB譜②  TAB譜③(ライヴ版)  ベース譜①  ベース譜②  ドラム譜①  ドラム譜②  Power Tab①(DL)  Power Tab②(DL)  Guitar Pro(DL)

ミュージック・ビデオ↓

"Where the Streets Have No Name"  PV  directed by Meiert Avis

intro(1:40) ~ vocal(2:43)
from music videos compilation ”The Best of 1980–1990”(1999) & hits compilation DVD ”U218 Videos”(2006)

’03年リリースのライヴ映像作品 ”U2 Go Home: Live from Slane Castle, Ireland”(ゴー・ホーム ~ライヴ・フロム・スレイン・キャッスル)から・・・

"Where the Streets Have No Name"
Live at Slane Castle 2001-09-01  directed by Hamish Hamilton

from their live DVD ”U2 Go Home: Live from Slane Castle”(2003)

おまけに、英エレクトリックポップ・ディオ、ペット・ショップ・ボーイズの’91年リリースのシングル "Where the Streets Have No Name(I Can't Take My Eyes off You)"(君の瞳に恋してる(平成ヴァージョン))↓

"Where the Streets Have No Name(I Can't Take My Eyes off You)"
 君の瞳に恋してる(平成ヴァージョン)  Pet Shop Boys

originally version released on their hits compilation album ”Discography: The Complete Singles Collection”(1991)*試聴 & ”PopArt: Pet Shop Boys – The Hits”(2003)*試聴
歌詞

ペット・ショップのヴァージョンを初めて耳にしたのは、リリース直前の来日公演。アイドルとして大変人気の高かった頃だったので、客席の95%は女性であった。これ程女ばかりのライヴも珍しいなと驚いたのだが、もっと驚いたのがコンサートが始まってからだ。なんと彼女達は、出てくる曲出てくる曲、片っ端から皆で大合唱するのだ。あのヒネくれた歌詞をちゃんと歌えるまで読み込んで理解している・・・ということだろうか。これは凄いなと

その中で唯一大合唱が止まったのが、この曲でだった。リリース前なので当然ではあるのだが。U2とは犬猿の仲のペット・ショップなので、私もヒネくれたカヴァー演るなとは思ったが、新曲としてリリースするとは全く思わなかった(笑)

【ブライアン・イーノ 関連記事】
Apollo/ Brian Eno with Daniel Lanois & Roger Eno 2010-08-09
Q: Are We Not Men? A: We Are Devo! / Devo 2010-05-04
Little Red Record / Matching Mole 2010-04-26
Sky Saw / Brian Eno 2009-12-20
Fear is a Man's Best Friend / John Cale 2009-11-23
Musikladen,German TV 1973 / Roxy Music 2009-08-16

【ダニエル・ラノワ 関連記事】
Apollo/ Brian Eno with Daniel Lanois & Roger Eno 2010-08-09

【ペット・ショップ・ボーイズ 関連記事】
Being Boring / Pet Shop Boys 2010-05-07
Very Best of Dusty Springfield (Pet Shop Boys) 2009-05-23
Zbigniew Rybczyński 2009-04-11

original up date : 2010-05-12 15:00:00 (今回動画最新化&加筆あり)

テーマ:
大ヒット曲たっぷりなストライサンドさんはキュートなミュージカル・スターなイメージなのだが、その私を見て見てミュージカルな要素ゆえイマイチ、ピンとこない(笑)。当然イマニ・イマサンいつもよく聴いていますとは断言しにくい、ショージキ。それでも良い曲は手元に置いておきたい、ソージキ。結局今だにベスト盤を含め5タイトルくらいしか持ってない、ショーカキ。つまるところ、彼女の熱心な聴き手とは言いがたいのだが・・・

米シンガー兼アクトレス、バーブラ・ストライサンドの’80年リリースの傑作アルバム ”Guilty”(ギルティ

私が中学高校の頃、彼女はヒットチャートの常連でTVの映画番組でも結構目にしていた。ロック・ポップス大好きな子供(ガキ)の私にとって、ミュージカル全開に歌い上げる彼女はどうしても宇宙人的存在。手軽にレコードを買ったり出来る対象ではない・・・と常々思っていたところ、今作に出会った。当時の偏った私には同じくらい異質感たっぷりナウなヤングがディスコでフィーバーな大スター、ビージーズバリー・ギブ)とタッグを組んで作り上げた超強力なポップ作品

ストライサンドにしろビージーズにしろ、それまで発表してきた曲だって十分ポップで名曲いっぱいじゃないか?と冷静にツッコまれたら全くその通りですと素直にゴメンナサイな私にとって、今までのヒット曲は時期尚早だったということだろうか。そういう部外者さえ惹きつけてしまう魅力が今作にはあると思う

アダルト・コンテンポラリーな雰囲気の中、ビージーズ・スタイルのメランコリック且つロマンティックで達者なメロディ・音作りが、過剰なまでに堪能出来る。歌上手いぞ!が迫るショッカーな逸品

"Woman in Love"(ウーマン・イン・ラブ )  Barbra Streisand  1980

from her 22nd studio album ”Guilty”(1980)*試聴, ”Guilty”(CD JP 1982), ”Guilty”(EU 1984), ”Guilty”(2000) & ”Guilty”(CD+DVD Remaster 2005)
compilation album ” Collection: Greatest Hits... and More”(1989)*試聴, ”The Essential Barbra Streisand”(2002)*試聴, ”The Ultimate Collection”(EU 2003) & ”Barbra: The Ultimate Collection”(2010)*試聴   歌詞動画
歌詞  歌詞・コード(capo 1)  イントロ・TAB譜①  イントロ・TAB譜②  Guitar Pro(DL)

"Guilty"(ギルティ )  Live  Barbra Streisand & Barry Gibb

歌詞

"What Kind of Fool"(別離(わかれ))  Barbra Streisand & Barry Gibb

歌詞

アルバム全曲(プレイリスト再生)↓

"Guilty"(ギルティ )  Full Album  1980

Side 1
Guilty (ギルティ ) Duet with Barry Gibb  歌詞
Woman in Love (ウーマン・イン・ラブ )
  歌詞  歌詞・コード(capo 1)
③ Run Wild (ラン・ワイルド)  歌詞
④ Promises (恋のプロミス)  歌詞
⑤ The Love Inside (ラブ・インサイド)  歌詞
Side 2
What Kind of Fool (別離(わかれ)) Duet with Barry Gibb  歌詞
⑦ Life Story (ライフ・ストーリー)  歌詞
⑧ Never Give Up (ネバー・ギブ・アップ)  歌詞
⑨ Make It Like A Memory (想い出のように)  歌詞

バックを固める有名スタジオ・ミュージシャン達、リチャード・ティー(key)、スティーヴ・ガッド(ds)、コーネル・デュプリー(g)(以上スタッフ)とリー・リトナー(g)のツボを押さえたプレイ、特に殆ど全編を通して登場するティーのエレピの音色は最高に心地良い


【ビージーズ 関連記事】
(Love Is) Thicker Than Water / Andy Gibb 2013-12-04
Greatest(Ballads Side) / Bee Gees 2009-11-13
Emotion / Samantha Sang  2009-10-02
Only One Woman / Nigel Olsson  2009-06-01

【コーネル・デュプリー 関連記事】
Live at the Harlem Square Club, 1963 / Sam Cooke 2013-11-29
Greatest(Ballads Side) / Bee Gees 2009-11-13

【リチャード・ティー 関連記事】
Just the Way You Are / Billy Joel  2016-02-14
Guilty / Barbra Streisand 2013-11-12
Just the Two of Us / Grover Washington Jr. 2010-01-15
Salt Song/Stanley Turrentine 2009-04-18

original up date : 2013-11-12 20:20:20 (今回動画最新化&リンク先変更あり)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。