スピード違反の取り締まり中だった警察官をオートバイでひき、逃走したとして、京都府警右京署は10日、公務執行妨害などの疑いで京都市山科区厨子奥、定時制高校生の池田慎之介容疑者(22)を逮捕した。同容疑者は逃走後、府警本部に出頭した。
 同署によると、同日午後3時25分ごろ、同市右京区の府道で同署の巡査(28)がスピード違反の取り締まりをしていたところ、2人乗りの250CCバイクを運転していた池田容疑者が停止指示を無視、巡査をはね約10~12メートルひきずった後、逃走したという。巡査は右鎖骨を折るなど重傷を負った。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕警察対暴走族 果てしなき戦い
警官切り付けられ軽傷=包丁男逮捕、知人もけが
タクシー運転手が酒気帯び=乗務中、警察官に体当たり
自宅玄関に「爆発する」と張り紙=差し押さえを妨害、73歳男逮捕
同乗者3人、危険運転は不起訴=名古屋ひき逃げ死亡事故

馬が駆け上がるたびに歓声=三重県東員町〔地域〕(時事通信)
<名張毒ぶどう酒事件>差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)
<山崎直子飛行士>巨大コンテナ取り付け終了 定評通り順調(毎日新聞)
生徒自殺後すぐ原因調査を 対応マニュアル、小中高に配布 文科省(産経新聞)
核サミット「国際協力のため重要な会議」鳩山首相(産経新聞)
AD