ボクシングマガジン 2016年7月号。


表紙は、不世出のボクサー、故モハメド・アリの特集でした。


パラパラとページを捲っていくと、井上チャンプの記事と、諸先輩方の拳のケアの記事が。


拳の鍛え方。

平仲明信さんの鍛え方も紹介してほしかったですね。

いつぞやテレビ?で観たのは、薄いパンチンググローブで、硬い柱(鉄骨?)を殴る映像です。

浜田さんの、鉄骨殴りは有名ですね。

まずは拳立てからですね。



さらにページを捲ると、村田選手の香港での試合の記事。

(写真お借りします)


murata1


murata2

この2枚の写真ですが・・・共通するところが・・・。


そう、左ジャブの写真です。

でも、私が気にするのは、右手です。


脇がガラ空きです。

しかも、普段の構えの位置から、かなり(弓を引くように)引いています。

この調子でワン・ツーも打ちますので、完全なテレフォン・パンチです。


以前も書きましたが、テレフォンだけでなく、パワーも半減です。


人間の構造上、脇を締めてこそ強いパンチが打てます。

皆さん(読んでくれる方がいれば)も、試しにワン・ツーやってみましょう!


両拳を顎に置き、脇を締めて構えましょう。

まずはワンのジャブです。ジャブの時、右脇を開けながら弓道のように右腕を引きましょう。

そのままツーの右ストレートです。


このやり方だと、少なくとも私は、右ストレートに力が入りません。

押すパンチになってしまいます。




今のところ、ミドル級トップ戦線とは絡んでいませんが、

スピードのある上位ランカーなら、村田のジャブをダッキングして、

ガラ空きの右脇腹に左ボディーブローを叩いてくるでしょう。


テレフォンパンチも見抜くでしょう。


右脇を締める改善は、必須と感じます。


持前のパワーにキレが加われば、世界チャンプも夢ではないと思います。

AD

小学校の何年生の時でしょうか、

算数の授業で、先生が生徒たちに問題を出しました。


A____B
格子

C____D

碁盤目状に道があって、左上の点Aから、右下の点Dへ移動する場合、

どれが一番近道でしょうか?


①A→B→D(A→C→D)

②1目下へ→1目右へ→・・・ジグザグに進む

③その他


勿論、小学校なので、AとかBとかいうは表現ではありません。




先生 「正解と思うものに手を上げて!!!」


①と②それぞれに半々くらいの人が手をあげました。


先生 「では、③だと思う人!」


私一人が③に手をあげました。


先生 「なんで、そう思うの?」


・・・

普通に考えれば、バックするような動きさえしなければ、

足し算すれば、どれも同じ距離ですよね。

③を選んだ人が1人だけだったのはちょっと不思議でしたが、

小学生には、面白い問題です。


・・・


最近、この問題をふと思い出し、改めて考えてみると、

なんだかモヤモヤが募ります。


この図では、升目としては5×5の格子です。


これが10×10だったら、

100000×100000だったら、

n×n

n→∞


算数的には、①も②も同じなはずなのに、

数学の微分的な感覚だと、②の方が近道に感じますね。


小学校の当時、一人だけ③を選び、正解して、

俺ってセンスあるのかなぁ、と喜んでましたが、


今思うと、②を選んだ人達の方がセンスあったのかもしれません。。。


もし、③が正解だ、と聞いて不満に思い、

「先生!もし升目が う~んと細かくなったら、どうなんですか?」

なんて質問する生徒が居たならば、天才かもしれません。












AD

猪木vsアリ

テーマ:

アリvs猪木


伝説の一戦が、本日、テレビ朝日でノーカット放送されました。


自称ボクシングマニアにして、元猪木信者の私にとって、非常に難しい試合です。


私は、格闘技全般が好きです。

プロレスは格闘技じゃないだろ、という意見もありますが、

私が子供のころの猪木プロレスは、格闘技でした。


猪木プロレスには、ロマンがありました。



アリvs猪木


この一戦は、まったく記憶にありません。

ものごごろついてから、本や雑誌で読んで、妄想にふけったものです。


何年前でしょうか、テレビ朝日でこの試合の特番がありましたね。

その時は、ダイジェストでプロレス寄りの作りでしたが、

今回は、アリ追悼ということで、出来る限り公平になるような気づかいが感じられました。


この一戦の論点は、ルールです。


色々な説が語られています。


情報の多くは、プロレス側から発信されています。

アリが猪木を恐れて、アリサイドが無理なルールを押し付けた・・・。


ボクシング側からの情報は少ないです。

ボクシング界にとって、あの試合は、ある意味汚点でもあるわけです。


最近、ネットではありますが、色々調べてみると、プロレス側の主張が100%ではないようです。

アリが怖がってルール変更したという風潮がありますが、

最後の最後は、アリもやる気だったようですね。

エキシビジョンのつもりで来日したのに、いざ来てみたら真剣勝負!

危険を察知したのは、スタッフですね。

猪木側が、当初はエキシビジョンだったのに土壇場で真剣勝負にした、という説もあるようです。

いずれにせよ、アリは、なにがなんでも、負けてはいけないのです。

日本の猪木に対し、アリは、世界のアリ、でしたから。


ルールはどうであれ、真剣勝負となれば、リスクはアリの方が大きいのは自明ですね。


今回の番組作りで、ボクシング側のコメントを入れて欲しいな、と思っていましたが、

ほとんど有りませんでした。


アンジェロ・ダンディさんのコメントが欲しい!と思いましたが、

もう他界していましたね。


遠山甲さんのコメントも欲しいな、と思いましたが、こちらも他界しました。


プロレス側ではありますが、カール・ゴッチさんもしかり。


時間は、刻一刻と過ぎていきます。



今でこそ、総合格闘技というジャンルが確立されて、観客の目が肥えていますが、

当時は全てが空想・妄想の世界。


今観ると、とてもスリリングで、とても面白い試合です。


当時、ボクシング世界ヘビー級チャンピオンの4オンスグローブなんて、脅威そのものだったでしょう。


時代を先取りしすぎた、”世紀の凡戦”ですが、今観れば、”世紀の名勝負”ですね。


モハメド・アリ様

ご冥福をお祈りいたします。

AD