久しぶりのブログです。

 

WBC世界バンタム級タイトルマッチ

山中vsカールソン

 

チャンピオン12度目の防衛戦。

 

ボクシングの魅力って何でしょう。

テクニック、タフネス、いろいろありますが、

一番は、ノックアウトでしょう。

 

野蛮かもしれないけど、ボクシングの魅力は、打ち倒すことですよね。

 

何ラウンドでしょうか、山中の強烈な左が、カールソンの顔面を捕らえ、

左目の下をカットし、みるみる腫れあがっていきました。

 

これ、眼窩底骨折?

 

意を決した挑戦者は、捨て身の攻撃で反撃します。

 

KO決着間近!と思った刹那、挑戦者の左がチャンピオンの顔面を打ち抜きました。

かつての、長谷川を捕らえたモンティエルの左を彷彿とさせるそれでした。

 

山中、一転してピンチ。

 

これを凌いだチャンプは、もう一度ボクシングを組立てなおし、

試合を終わらせるべく、”詰み”の状態を作り上げる。。。

 

抵抗を試みる挑戦者に対し、チャンピオンは、非情な強打を打ち続ける。。。

 

抵抗むなしく、7ラウンド、山中の”神の左”が改めて炸裂し、レフェリーが試合をストップ。

 

・・・20年くらい前でしょうか、強打の日本のボクサーが世界戦を戦う時、

”当たればチャンス有り”という空気感がありました、

当たれば・・・。

当たればではなく、如何にして当てるか、がボクシング。

 

WBC世界バンタム級チャンピオン、山中慎介は、

如何にして当てるか、を実践しているボクサーだと思います。

 

当てられてしまうこともありますが、

最終的に、当てれば、そして打ち倒せば、、、チャンピオンです。

 

究極は、”打たせずに打つ”ですが、”打たれても打ち倒す”のが山中チャンプでしょう。

 

スリリングな激闘、有難う!!!!! 

 

AD

長谷川穂積様が、引退を表明し、すぐにブログ書きたかったのですが、

仕事が忙しすぎて怠けていた間に、

年末のボクシングラッシュが始まりました。

 

長谷川様、長い間、ボクシングファンを熱く牽引していただき有難うございました。

ウィラポンとのリマッチでの、右フックは、今でも思い出されます。

 

さて本日の、井上vs河野のWBOスーパーフライ級タイトルマッチ。

・・・

プロボクシングとは、

まず第一に、勝つことが求められます。

しかし、それと同等に、魅せることが要求されます。

 

本日の、怪物・井上vs雑草・河野の一戦は、

お互いの”魅せる”心が感じられた、短いながらも凝縮された一戦と感じました。

 

普通の予想は、井上チャンプの圧勝でしたが、

そこに河野選手が、どう意地を見せるかが焦点でした。

 

ボクシングファンの予想の通り、河野選手は前へ前へ出て、

井上チャンプは、それを受けて立ちました。

 

結果は、皆様のご存じの通りです。

 

河野様、有難うございました。

明日の励みにさせていただきます。

 

 

AD

拝啓 長谷川穂積様

テーマ:

明日、

平成28年9月16日(金)

 

不世出のバンタム、

長谷川穂積選手の最後の世界挑戦です。

 

日本テレビ

 

2時間枠で、山中チャンプとの2試合を中継(ディレイ中継)と思いきや、

長谷川選手の試合は、関東・関西ローカルで深夜放送。。。

 

日テレ!

同局のボクシングカテゴリーに貢献し続けた長谷川さんの、

最後になるかもしれない試合をゴールデンで流さないとは。

 

さて、

ボクシングファンは、どんな気持ちで長谷川選手の試合を迎えるのか。

 

先輩方は、輪島功一さんのキャリア終盤と同じ気持ちでしょうか。

同世代は、辰吉さんvsシリモンコンの奇跡の奪還劇を期待するのでしょうか。

現世代は、長谷川選手はリアルタイムじゃないけど、ネットで観たことある昔凄かったボクサーだよね。。。かな!?

 

長谷川選手に期待するのは、

”過去”の幻影にとらわれず、”今”の戦力を自覚して、”今”の最善を体現することです。

 

つい先日、妻と話したことです。

25年ほど購入を続けているボクシングマガジン、

もし長谷川が最後の試合になったら、買うのやめようかな。

 

残念ながら、ここ数年は、義務!で購入を続けていました。

自分はボクシングマニアだ!と言いきかせるために購入を続けていました。

KinkikidsやB'sのファンは、新曲が出れば買わなければなりません。

 

月刊誌は、欲しい情報のタイミングがマッチしません。

最新の情報はネットで充分で、海外の試合はWOWOWのディレイ放送の影響で、

映像の前に本がきてしまいます。

 

単身赴任の私には、マイブームが訪れてきます。

物理、数学、将棋、近現代史、政治、経済・・・

根底にあるのは格闘技。

とりわけボクシングは別格です。

 

話は逸れましたが。。。

 

さて、明日は、長谷川穂積選手の最後の挑戦です。

どんなボクシングを魅せてくれるか。

 

 

 

 

AD