曽我武史 Official Blog

持っている力を最大限引き出せるように。。。

からだの状態をコントロール(治療)すれば

驚くほど、ugokiが変わります。

動きが変われば、世界が変わります。

やりたいことが続けられるように身体と向き合っていきましょう。

    

                         




トップアスリートと共に競技スポーツで活動してきた経験を活かして日々治療院で奮闘しています。関わる方がHAPPYになるように。どんな人でも日常生活のちょっとした動きから改善していけばと必ず良い身体に戻ってきます。まずは気づかれること。そこから自分のカラダを見直して元気なカラダを取り戻していきましょう





TKC BODY DESIGN  http://www.tkc-bodydesign.com



目黒区 都立大学


テーマ:

トレーナーは、スポーツ現場で何をしている。

http://www.tkc-bodydesign.com/?p=249

 

TKC BODY DESIGN
曽我武史 
03-5726-8437
目黒区平町2-16-21ーB1
http://www.tkc-bodydesign.com
info@tkc-bodydesign.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

足についてのブログ

http://www.tkc-bodydesign.com/?p=223

 

TKC BODY DESIGN
曽我武史 
03-5726-8437
目黒区平町2-16-21ーB1
http://www.tkc-bodydesign.com
info@tkc-bodydesign.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん

こんにちは。

TKC BODY DESIGNのトレーナー曽我です。

 

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

 

これまでのブログ(アメブロ)から引っ越しすることになりましたのでお知らせ致します。長い期間アメブロを通して色々な情報発信をしてきましたが今後はホームページ内のブログへと移行していきますが引き続き宜しくお願い致します。

 

 

TKC BODY DESIGN

新しいホームページ

 

facebook

ホームページにフェイスブックもみれるようになっています。

いいね!を押していただけると

今後はブログがアップした時にお知らせがいくようになります。

 

新しいブログ

アメブロの読者登録はありませんのでフェイスブック登録をお願い致します。

 

 

東京都目黒区平町2−16−21−B1

曽我武史

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リオで戦った日本選手団が本日帰国するそうです。

大会が終われば、必然的に次の大会へと引き継がれる。

 

次の大会は、2020年東京オリンピック

 

開催国としても奮起したいのでいろんなことでメダル獲得をしていくことになると思われる。そもそも開催国として運営や建設(施設)準備など課題が山盛りだと言われているが、選手の強化にも課題がでてくる。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000065-spnannex-spo

 

今回大活躍をした日本選手団。海外での五輪としては史上2番目に多い338人が参加したそうです。

結果的には、金メダル12個をはじめ41個のメダルを獲得しました。
陸上競技では、リレーで銀メダル!!


金7個のロンドン大会と比べすごいことだが、4年後の目標はなんと!世界3位のメダル数。

しかも、その数は金メダル30個と見込まれている。

メダル獲得だけでもすごい偉業なのに金メダルを今の倍以上となると関係者(特に連盟や協会)には相当なプレッシャーがかかると思われる。

 

当然、運営面だけでなく選手の育成や強化費にももっとお金を投じなくては強化も難しくなっていくと想像できる。

 

もちろんお金をかけるにも何処にかけるかもあるだろう。

 

海外選手に混ざって強化することも必要だし、海外の競技会に出て行くことも必要になってくるだろう。どれもお金がかかる。

 

そして、選手を強化する一方でメディカル(メンタル含む)的なサポートももっと充実しなくてはいけないと思う。

 

東京五輪の開催時には自国だけに個人的なサポートを東京を拠点に実施されることは予想できるが、それは当日(開催期間中)の話。

大事なことは、今日から始まる強化サポートの仕組みや実務(指導者やトレーナーなど)の確保も必要になる。

 

代表レベル(選ばれた代表選手)は、ある程度形ができているが選ばれるまでの段階での個々にはまだ対応ができていない。

 

選手は、怪我した時だけでなく、日頃の疲労や強化時のいい状態の維持の為にもトレーナーは必要となる。

 

これだけ、トレーナーの存在が明確になってきた昨今。

能力の高いトレーナーは、どんどん強化サポートに関わっていけることを期待しています。ボランティアではなく。プロのトレーナーとして活動できる様に。。。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4年に一度しか開催されない大会

これは、オリンピックに限らずサッカーのワールドカップなど各競技ごとに開催されることもあるが多くの競技が世界中から一堂に一箇所に集まるのはオリンピックしかない。

全世界から参加し、多くの競技が同時期に世界一を決める!

そんな大会だからこそ!
目指すものは、金メダル(世界一)なのである。

実際、世界記録が更新されることもあるが、それよりも狙いは金メダル!
この大会での一等賞が欲しいと狙っています。

予選から準決勝、決勝へと駒を進めていける選手とそうでない選手。

実力の差がある場合もあるが、あの場で自分の持っている実力を最大限発揮することが一番の課題なんだと思います。

トレーナーという立場では、直前までのコンディショニングに大きく関わりますが、厳しいトレーニングを積み重ね、質の高い練習を重ねていくことで実現できることがあります。これを私は何度も見てきました。

国内の調整でうまくいっていても世界の猛者たちを目の前にして戦うと平常心ではいられない心理と行動が生まれてしまうことは良くあります。

今回の陸上競技でもそのようなことは起きていたと思います。
北京オリンピック 4×100mリレーで銅メダルをとった朝原氏が以下のように解説しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000027-dal-spo

これは、海外選手と一緒に高速スピードで戦う感覚(経験)を作ることが狙った大会でも実力を発揮することができるようになると解説しています。

もちろんそれぞれの能力をどう発揮するかはタイプもあるかもしれません。

しかし、オリンピックや世界選手権(2年に一度開催)という特殊な大会で結果を残すとなるといろんな経験を積むことは必要なんだと改めて感じました。

トレーナーも理屈や理論が成立していても現場で通用しないことは良くあります。
やはり経験(場数)を踏んで安定した活動ができる人とそうでない人には違いは歴然としている。

経験を生かした活動

そこには、安心と信頼
そして結果に近づく近道であることは間違いない。

TKC BODY DESIGN
曽我武史 
03-5726-8437
目黒区平町2-16-21ーB1
http://www.tkc-bodydesign.com
info@tkc-bodydesign.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。