曽我武史 Official Blog

持っている力を最大限引き出せるように。。。

からだの状態をコントロール(治療)すれば

驚くほど、ugokiが変わります。

動きが変われば、世界が変わります。

やりたいことが続けられるように身体と向き合っていきましょう。

    

                         




トップアスリートと共に競技スポーツで活動してきた経験を活かして日々治療院で奮闘しています。関わる方がHAPPYになるように。どんな人でも日常生活のちょっとした動きから改善していけばと必ず良い身体に戻ってきます。まずは気づかれること。そこから自分のカラダを見直して元気なカラダを取り戻していきましょう





TKC BODY DESIGN  http://www.tkc-bodydesign.com



目黒区 都立大学


テーマ:
日本一を決める日本選手権(陸上競技)
今年は、4年に一度のオリンピックイヤーなのでこの大会は、リオオリンピックの出場枠を争うことにもなっていました。
大会は、初日から雨模様。2日目まで続きました。
会場となった名古屋市にあるパロマ瑞穂スタジアム
大会初日で13,800人の入場者だったようで、
今大会の注目度は、すごかった!ようです。


個人的には、久しぶりに試合出場を決めた元チームメイト(ミズノトラッククラブ)ハンマー投げの室伏広治選手の仕上がりが気になっていました。どこまでいけるのか?すごく興味がありました。結果的には、競技選手としての区切りをつける大会となったようでが、これまでの室伏選手の功績は本当に素晴らしいものでした。

次に注目していたのは、男子100mでの記録と順位!
注目選手は3名。桐生選手、山県選手、ケンブリッジ選手
結果からみるとケンブリッジ飛鳥選手が向かい風0.3mの条件下で優勝!

記録は10秒16で初の五輪代表選手になり、2着は、わずかの差(0秒01差)で山県選手でした。注目の桐生選手は、10秒31での3位。但し、すでに派遣設定記録(10秒01)を突破しているので初五輪代表になりました。

今回の大会では、誰が勝つか!?もありましたが、誰が10秒00(日本記録:1998年伊東浩司)の記録を破って日本人初の9秒台へ突入するか!との期待がかかっていました。

私もこの領域(限りなく10秒00に近い記録を持つ)スプリンター達と関わったことがあるのですごく身近に大会をみていました。

自己記録を更新すれば!
更新しなくては、世界のファイナリストになれないという思いがある選手たち

どこまでやれば!
何をすれば!
という確実な法則はない世界で自分と戦っている選手たち。

各選手がしのぎを削って試合に臨んでいました。

あえて簡単にスプリンターの特徴を言うならば
ただひたすらに、ひとつひとつの動きを極める!ことをしているというのが判りやすいのかもしれません。

春先の練習後のケアで選手に様子を聴くと
初めの一歩目(スタートブロックからの一歩目!?)まではなんとかいい感じになってきてます!でも、その後の2歩目以降はまだですね!?
ようやく3歩目まではいい感じになってきた!
30mまでは。。。
など、とにかく一歩一歩の意味(明確な感覚)があり、それぞれのこだわりが凝縮している印象が強い。

しかし、このこだわりがコンマ01秒を争うスプリンターには必要なんだといつも感じています。

その中で、練習を積み上げ、試合にもチャレンジしていく彼らは、精密機械のようなイメージと急激なパワーを発揮するモンスターのような印象があります。

リオデジャネイロオリンピック日本代表(陸上競技)は、総勢44名
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160627/k10010573631000.html

心技体がうまくリンクして心の思うまま世界の猛者たちと戦って欲しいです。


TKC BODY DESIGN
曽我武史 
03-5726-8437
目黒区平町2-16-21ーB1
http://www.tkc-bodydesign.com
info@tkc-bodydesign.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
からだが疲れているとマッサージしてもらおう!

これは、ほぐれて楽になった経験がある方は、そう思います。

もちろんスポーツ選手たちもそのイメージをもっていると思います。

今回お話するのは、揉めば動けるか?という判りやすようで奥が深いお話です。

私は、アスリートの身体を触る時に注意していることがある。

それは、今はどのタイミングなのか!?

明日が試合の場合の治療

明日は休みの場合の治療

今日までの練習で追い込んできた段階で思いっきり張っている状態の治療

明日からは少し強度を落として疲労回復させるリカバリーの段階の治療

数日後にピークにもっていく場合の治療

疲労が抜けたあと数日後に試合(レース)がある場合の治療

練習は軽めで本番に向けて調整してる段階の治療
 調子が良いケース
 調子が悪いケース
 痛みがある、気になるケース
 違和感。不安感があるケース

などなど

治療後の状況に応じてほぐし方も仕上げ方も変えています。

変えているというのは、変えないといけないからです。

ほとんどの方は、

張っているから。
ちょっと気になっているから
ちょっとほぐして欲しい


この『ちょっと』という言葉が一番大事なさじ加減となります。

ちょっとと言ってもどの程度ほぐすかは、受ける側は調整できません。

治療する担当者に全ての委ねてしまうしかないのがほとんどです。

しかし、実際には、ほぐれすぎて力が入らなくなることもあるということを知っておいて欲しいと思います。

長い期間をかけて試合(レース)まで持ってきた身体を良くも悪くもたった一回の治療で変えてしまうことができるからです。

何も変わらないならノーリスクです。

しかし、何も変わらないのもどうかと思いますよね。

選手自身がイメージしている筋肉の張り感や動きやすさが必ずあります。

この時の『動きやす』というは、瞬時に反応する感覚や力が入る感覚というと判りやすいでしょうか。

ほぐれているのに力が入りにくい・・・

これはほぐれすぎかもしれません。

回復する時間を予想(準備)されている方には何も不安はありません。
しかし、大事な試合(レース)が明日、明後日という場合。

要注意です。

ちなみに強い刺激のマッサージも力が入りにくくなることがあります。
鍼も同様で、刺激次第でも超良い感じ仕上げられるのと数日影響はあるが回復できる場合と変化はいろいろです。

痛みをとるだけでなく。
その後の予定も一緒に伝えて調整できる方
信頼できるあなたの味方を身近に



TKC BODY DESIGN
曽我武史 
03-5726-8437
目黒区平町2-16-21ーB1
http://www.tkc-bodydesign.com
info@tkc-bodydesign.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

足は、地面と接地する大事な部分です。

そして、歩く!走る!時にはとても重要な役割となります。

足が捻じれると聞くと一般的には、足首をひねる(捻挫)を想像すると思います。

確かに足首が捻じれてしまうことで起きやすい怪我は捻挫(靭帯損傷や骨折など)があります。


しかし、今回のはその話しではなく、足そのものが捻じれていることを中心お話します。

一般の方々をたくさん診るようになってから、足の見方も変わってきました。


それは、怪我による捻じれや後遺症という2次的な現象ではなく。

使い方による退化現象(後天的?)なのかと思う足を良く見かけることから始まりました。


多くは踵から捻じれいますが、それだけでありません。
前足部~中足部の捻じれが強いもの。
そもそも踵から捻じれているもの。
足先が内側を向いているもの(内またのような足の着き方をするひとに多い)

などなど色々あります。

もちろん先天的な内反足や外反足もあります。
それはあくまでも先天性のもの。

そうではなく、本当は正常な足なのに今現在捻じれてしまっている足。

当然膝下も捻じれが強くなっていることが多いです。(本人はそれほど気にしていない事が多いようですが。。。。)



足の骨は前足部、中足部、後足部の3つの部分に分けられます。

『前足部』つま先を始めとする5個の中足骨と14個の趾骨で構成されています。
地面に足を付くと、これらの骨が広がって体重を支え、全身のバランスを取ってくれます。中足骨、これは甲にあたる部分の一部で、親指側が足の母趾球を形成しています。

これらの骨は足の柔軟性を高めると同時に、足下面をしっかりと捉えて感じる働きをしてくれます。

『中足部』
足根骨と呼ばれる
5個の小さな四角いがっしりとした骨で構成されています。
足を踏み出すたびに衝撃などの負担に耐えるようにこれらの骨は密接に配置されています。

『後足部』
距骨と踵骨の2個骨で構成されています。
踵骨は足にある骨の中で最も大きい骨で、衝撃の吸収と足のバランス維持の2つの役割を果たしてくれています。

ちなみに足のアーチ(縦アーチ;土踏まず)は、内側を指し。
バネの役割をしてくれます。


その働きは、指先を上げた時にできるアーチ機能(ウンドラス機能)がありますが、現代人は、この機能が効いていない事が多く、人によっては扁平足に繋がっているケースもあります。

それ以外にも足の捻じれはあります。

しかし、本人は気がついていない事がほとんどでが捻じれが強いと色々なトラブルになる事があります。

では、この捻じれた足。
直せるのか治せないのか?

これは、私にとって長年の課題でもあり疑問でもありました。

今言える事は、治せる足もあるということ。

実際、膝が痛い方や腰痛をお持ちの方々の足を見ると足元から捻じれている事はよくあります。
腰の痛みや違和感を解消するのに足元も調整することで立ったときの感覚が変わってきます。

しかも、トップアスリートだけでなく一般(70代)の方でも変化にご自身が驚く事があります。治療は症状のある患部だけではなく全身から診なくてはいけない。

そんなお話しでした。

足はとっても大事な機能をもっているのです。





TKC BODY DESIGN
曽我武史 
03-5726-8437
目黒区平町2-16-21ーB1
http://www.tkc-bodydesign.com
info@tkc-bodydesign.com






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
トレーナーという立場で陸上のアスリートと伴に多くの時間を過ごさせてもらいました。 今年は、リオオリンピックもあるが、日本人で初めて100mを9秒台で走れるか!ということも話題になっている。 現在の日本記録は、1998年のバンコクアジア大会で10秒00という記録を出した伊東浩司選手。 当時、私も日本代表チームトレーナーとして現地でサポートしていたので記憶に残っている。 目の前で行われる伊東選手らのウォーミングアップを見ながら選手達をサポートしていました。 その後、2001年には、世界陸上で初めてスプリント種目のメダリストとなったエドモントン大会にも帯同。 この大会で400mハードルで為末選手が銅メダルを獲得。その後も2007年ヘルシンキ世界陸上で再び銅メダルと獲得と素晴らしい記録を残しました。

そんな為末選手とは、私が2007年に独立した時から引退(2012年)までパーソナルサポートという形でパーソナルトレーナーをさせてもらいました。
コーチをつけないスタイルで競技を続けていたので、自分の感覚とは別に客観的な指標(からだの状態)が必要だったようです。 なぜならば、自分でからだを常に把握していなくては、練習内容も計画も作ることができない。どんなに素晴らしい能力をもっていても自分の感覚だけに頼ると思い込みと期待が入り混じってしまい客観的判断がしづらくなると言っていました。 一般的には、その役割はコーチが客観的にみて疲労回復を意識したメニューや追い込みなどを決めている。 私に託されたものは、筋肉の張り、関節の動き、筋肉のボリューム、以前との違い(変化、異変)など事細かく情報を伝えるようにしていた。 そして、その状態を把握した上で、自分の戦略に落とし込んでいっていました。ここまでストイックに。。ここまで緻密な計画と戦略があった選手はものすごく少ないと今でも思う。

時には、本人が訴えるふくらはぎの違和感などは、医学的には証明ができないこともあり、何が症状の原因なのか?なにがどうなってその症状となっているのか?試行錯誤の連続でした。 動きと一言でいってもこちらが動かしてみる『動き』もあれば、本人が何かを意識して動く『動き』もあれば無意識に動く『動き』もある。 これらすべてを突き詰めていくことも良くあった。 感覚が良い! 調子がいい! 本当に良いのか? 絶好調なのか? 80%くらいでも良いと表現しているのか? 本人が訴える感覚とこちらが手で触れるからだの状態とを照らし合わせることをいつもしていた。その意識と感覚を今も消えない。。。。
TKC BODY DESIGN
曽我武史 
03-5726-8437
目黒区平町2-16-21ーB1
http://www.tkc-bodydesign.com
info@tkc-bodydesign.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が関わっているチームに社会人アメリカンフットボールチーム

富士ゼロックスミネルヴァAFC(X2所属)
 
現在、X1昇格を目標にチーム一丸となって戦っています。



実業団所属(プロ)ではないアスリートのほとんどは日常は一般的な社会人として仕事をしています。

チームのほとんどが週末に練習をしています。

その分、平日に選手自身がトレーニングやメンテナンスを行うのが一般的です。

我々トレーナーは、怪我人が出た場合には、医療関係のサポートもしなくてはいけないので選手、ドクター、チームスタッフと連携をとります。
もちろん治療系の資格を持っている私の場合は、怪我からの回復期や怪我直後の評価、対応も含めて治療的なサポートも行います。


試合前は、いろんなことを短時間間に行います。

・テーピング(痛みをコントロールする目的、怪我予防)
・痛みを持つ選手には、試合出場が可能かの状態確認と治療
・ウォーミングアップでは、各選手の状態確認
・試合に向けてのドリンク準備などなど
やることは沢山あるのでこれを手分けして準備(対応)しています。



怪我している選手(痛みを抱えている選手)は、実際に動いてみて、どこまでプレーができるかも判断しなくてはいけません。これによって戦力も戦術も変わってしまうので重要な役割です。


基本的には、登録選手全員がフィールドで戦えるようにしなくてはいけないので、出れない選手は明確な判断基準がなくてはいけません。当然、選手自身、コーチスタッフにも明確な理由を説明する必要があります。


フィジカル&ストレングス担当の古川トレーナー

アメフトを知り尽くしたアスレティックトレーナーのひとり!!
細かい動きのレクチャーもしていて、これまで試合では発揮できなかったパフォーマンスが実現し初めています。動きのコツを的確に伝え無意識に動けるように指導しています。まさにプロフェッッショナルトレーナーの仕事ぶり


試合にはベンチを守るトレーナーも必要です。



インターントレーナーも数名活動しています。





そして、メディカルの最後の砦はドクター!
激しいコンタクトのあるアメフトの場合、脳震盪から骨折、脱臼、捻挫、打撲、切り傷、擦り傷など日常的にアクシデントが起きます。
これからの時期は熱中症にも注意が必要です。
医療分野のスペシャリスト中山ドクター!にもサポートしてもらっています。



ドリンクサポートからハーフタイムの栄養補給など
チームマネージャーと連携しながらチームをサポート

団体競技のトレーナーサポートは人手も必要。
現場経験を積みたいトレーナー(インターン)も募集しています。



トレーナーは、個人個人のスキルも大事ですがチームとして機能するトレーナーチームの場合は、それぞれの役割を理解して連携できるチームワークが一番大切です。

トレーナーとしてできること。
しっかりやっていきます。


TKC BODY DESIGN
曽我武史 
03-5726-8437
目黒区平町2-16-21ーB1
http://www.tkc-bodydesign.com
info@tkc-bodydesign.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。