高橋 丈のブログ

山を登るということ、辛い時の方が多いかも知れません。
でも、頂上で交わす握手や笑顔は代えがたいものが有ります。

日帰りハイキング、夏山縦走、雪の山、
色んな山について、ここで紹介したいと思っています。


テーマ:
群馬の100名山のひとつ、鳴神山へ行って来ました。

朝起きると、今日も寒そうな天気です。

車を桐生方面に走らせると、完全に赤城山は吹雪いるようです。

「今日も寒いんですかね?」
 「いや~・・・、赤城山が見えない!」

そんな会話をしながら登山口へ到着です。
私達は大滝登山口から登ります。

ストレッチをしていると沢筋の冷たい風が・・・
す~ッと吹いて来ました。

負けずに「頑張りましょう!」

この先は杉林の日影道です。

氷ったりしてないといいのですが・・・。

歩き始めはゆっくりと歩きたいですが、・・・つい寒いので速足に成りがちです。
大滝です。

これが有るので「大滝登山口」と言うのですね。
杉林の中は見ているだけで寒そうです。
幸い、路上の水が凍っていないので一安心!

こんな石がゴロゴロの道を登ります。

時々、早い人が下りて来ます。
「頂上はどうでしたか?」
「風が強かったですが、富士山も見えました。」
「嬉しい!今日は初富士で~す。」

途中で一度休憩しましたが、少しじっとしていると寒さがグッと染み渡るようでした。
頂上は寒そうです。
でも、やはり日向はこんな感じで暖かそうです。

「早く日向に出たい!」

「あと5分位で神社がある方の広場ですよ。」
「そう、そうするとあと15分ですね。」
完全に読まれたます。
「いや~、参った参った!」


肩の広場に着いたら、やはり谷からの風がもろに当って寒くてたまりません。
神社の片隅の風を避けて昼食です。
暖かいコーヒーも頂いて
御ちそう様でした。

「此処からは本当に5分足らずで頂上です。荷物はここにおいてピークハント行って来ましょう。」

小さな階段状の岩を乗り越えたら頂上です。




誰も居ませんでしたので・・・

「ヤッホー!」

男体山・皇海山・日光白根山、そして赤城山などは完全に吹雪の中でした。
富士山も雲に隠れて残念!

でも筑波山やスカイツリーなどが見えてました。

ここは360度の展望です。
周囲にはつつじが沢山あります。きっとアカヤシオもその前に咲くと思います。
今度はその時期に来たいです。

いつも山に来ると、季節を変えてまた来たくなります。
山は飽きないですね。

寒さで手がかじかんでいます。

ここ鳴神岳神社で初詣です。

2礼2拍してチャリン・・・とお賽銭も入れました。
登山の安全を祈願しました。

隣の仁田岳まで行って下山開始!

マフラーして良かったね!
軒先を借りた神社にお礼を言ってお別れです。

谷へ少し降りたら、風は当たらないので、またのんびりと落ち葉や小石に注意しながら下山してきました。


前回はHGさんは完璧なシャリバテ症状で苦労してましたが、今回は行動食を一口、また一口たべて完璧に克服です。

「シャリバテ対策バッチリですね。」
・・・・本人も嬉しそうに「何のこと?」・・・としらを切ってましたが・・・。

朝6時に朝ご飯食べて10時から登山開始では11時過ぎまで食べないで頑張ると殆んどの人がシャリバテ(エネルギー不足)に陥ります。その前にドーナツやビスケットなどポイポイ食べましょう。

また、低山とは言え厳冬期です。
寒いと体からエネルギーを出して体温維持するため、エネルギー消耗も普段より激しいと思います。そうすると更にポイポイ行動食を食べないといけないですよね。
エネルギー源の補給が必要ですよね!

今日も・・・・
あ~楽しかった!
厳冬期の低山ハイクも色々と勉強に成りますよね~。

時間について
コースタイムは神社がある方の広場まで1時間半とありますが・・・
着替えや小休止等を含めて2時間かかりました。
予想通りで歩くことが出来ました。


夏山に向けて・・・
          頑張りましょう!













AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

登山ガイド 高橋 丈さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。